オオアレチノギクとヒメムカシヨモギ、など

 オオアレチノギクとヒメムカシヨモギは、幼植物での区別が難しいことで知られています。花が咲けば一目瞭然ですが、蕾ができる頃までは殆ど同じに見えます。花期はオオアレチノギクの方が早く、立秋過ぎの今頃には果実の目立つ個体が多いのに対して、ヒメムカシヨモギはほぼ咲き始めといったところです。


 『葉に触った時にビロードの様な感じがするのがオオアレチノギク』という情報もありますが、そもそも本物のビロード(天鵞絨)は触ったことのない私には今一つな判断基準です。いずれの特徴も変異の幅内ではあるのですが、本日撮影した写真では葉の縁から出た毛の長さが一番わかりやすいかもしれません。

 金沢緑地では、少し変わったヒメジョオンが咲いていたので撮影しました。周囲のヒメジョオンとは、舌状花の色やサイズが異なりますし、光環境も暗めの場所に生えていましたので、別種の可能性もあります。
 海の公園では、アレチノギクが咲き残っていました。ここまでの4種はすべてErigeron属です。


【参考】
 オオアレチノギク Erigeron sumatrensis
 ヒメムカシヨモギ Erigeron canadensis
 アレチノギク Erigeron bonariensis
 ヒメジョオン Erigeron annuus (?)
 センニンソウ Clematis terniflora
 フヨウ Hibiscus mutabilis
 白百合 Lilium spp.
 ケイワタバコ Conandron ramondioides var. pilosus
 サルスベリ Lagerstroemia indica
 海の公園より
 ハマゴウ Vitex rotundifolia
 ハマボウ Hibiscus hamabo
 シロバナジンチョウゲ Daphne odra cv. Alba
 ハタケニラ Nothoscordum gracile
 キツネノカミソリ Lycoris sanguinea
 クゲヌマラン Cephalanthera longifolia
 アレチヌスビトハギ Desmodium paniculatum
 タンキリマメ Rhynchosia volubilis
 アブラゼミ Graptopsaltria nigrofuscata
 ヘクソカズラ Paederia scandens

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です