月別アーカイブ: 2023年8月

金沢旅行(2日目)-金沢城址、兼六園を尋ねて

 二日目は、金澤城址公園と、兼六園などを尋ねました。

金沢旅行(1日目)

今年の夏休みは、一泊の日程で家族旅行でした。


【参考】
車窓より
悠颺ゆうよう」蓮田修吾郎(市制百周年記念モニュメント)
郵太郎
「Corpus Minor #1」Janne kristian Virkkunen(金沢・まちなか彫刻作品・国際コンペティション2004 優秀賞)
「The Sundial」 Bartlomiej Struzik (金沢・まちなか彫刻作品・国際コンペティション2004 優秀賞)
近江町市場おうみちょういちば
村野さやか
シダレヤナギ Salix babylonica var. babylonica
浅野川
カルガモ Anas zonorhynch
あすなろ細工かみや
「やかん体、転倒する。」三枝一将
ひゃくまんさん


金沢・まちなか彫刻作品・国際コンペティション2004 優秀賞
「Corpus Minor #1」Janneヤンネ kristianクリスティアン Virkkunenヴィルック年
 この作品は、金沢の玄関口にふさわしく、はじけるようなダイナミックさわ持っています。素材は鋳鉄製でね錆による風合いの変化は、街の発展や時代の変化を象徴するものです。


解説
ひゃくまんさん
 石川の魅力が詰まった観光PRマスコットキャラクター
眉・胴体 金沢が全国一の生産量を誇る金箔を使用
ひげ 縁起のいい末広がりの八の字型
 下地を何層も塗り重ねた輪島塗
からだ 加賀友禅柄の菊や牡丹 色彩は、赤・黄・緑・紺青・紫の久谷五彩
顔。全身 航空機の機体にも活用される軽くて強い炭素繊維 先端企業の石川工場で製作
ひゃくまんさんのからだに描かれた観光地など
 ことじ灯籠、朝顔、加賀てまり、和菓子、紅葉、白山、加賀八万起上り、能登のキリコ、石川門

アブラナ科の写真整理

 アブラナ科(Brassicaceae)は、50~52連、372属、約4000種から構成されていて、その中には多数の有用種が含まれています。Nikolov et al.(2019)によれば、科内に6つのクレードが識別されているのですが、これを亜科とするかはまだ定まっていないようです。植物として全ゲノムの解読が最初に完了したシロイヌナズナ(Arabidopsis thaliana)もこの科の一種です(Arabidopsis Genome Initiative,2000))。
 APG-IV体系による植物の目一覧 


【アブラナ科(Brassicaceae)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
ナズナ連 Camelineae ナズナ属 Capsella
ナズナ ナズナ
Capsella bursa-pastoris Shepherd’s Purse
タネツケバナ連 Cardamineae タネツケバナ属 Cardamine
タネツケバナ タネツケバナ
Cardamine scutata Bitter Cress
タネツケバナ連 Cardamineae オランダガラシ属 Nasturtium
オランダガラシ オランダガラシ
Nasturtium officinale Watercress
マメグンバイナズナ連 Lepidieae マメグンバイナズナ属 Lepidium
マメグンバイナズナ マメグンバイナズナ
Lepidium virginicum Least Pepperwort
カラクサナズナ カラクサナズナ
Lepidium didymum Lesser Swine-cress
ミヤマナズナ連 Alysseae ニワナズナ属 Lobularia
ニワナズナ ニワナズナ
Lobularia maritima Sweet Alyssum
キバナハタザオ連 Sisymbrieae キバナハタザオ属 Sisymbrium
カキネガラシ カキネガラシ
Sisymbrium officinale Hedge Mustard
イヌカキネガラシ イヌカキネガラシ
Sisymbrium orientalis Indian Hedgemustard
ホソエガラシ ホソエガラシ
Sisymbrium irio London Rocket
アブラナ連 Brassiceae アブラナ属 Brassica
寒咲花菜 寒咲花菜
Brassica rapa var. amplexicaulis Rape
ハクサイ ハクサイ
Brassica rapa subsp. pekinensis Chinese Cabbage
セイヨウカラシナ セイヨウカラシナ
Brassica juncea Indian Mustard
キャベツ キャベツ
Brassica oleracea var. capitata Cabbage
カリフラワー カリフラワー
Brassica oleracea var. botrytis Cauliflower
ブロッコリー ブロッコリー
Brassica oleracea var. italica Broccoli
ロマネスコ ロマネスコ
Brassica oleracea var. botrytis ‘Romanesco’ Romanesco Broccoli
葉牡丹 葉牡丹
Brassica oleracea var. acephala f. tricolor Flowering Kale
アブラナ連 Brassiceae キバナスズシロ属 Eruca
ルッコラ ルッコラ
Eruca sativa Garden Rocket
アブラナ連 Brassiceae ダイコン属 Raphanus
ハマダイコン ハマダイコン
Raphanus sativus var. raphanistroides Japanese Radish
青首大根 青首大根 Raphanus sativus var. longipinnatus Aokubii Daikon
三浦大根 三浦大根 Raphanus sativus subsp. acanthiformis Miura Daikon
アブラナ連 Brassiceae オオアラセイトウ属 Orychophragmus
ショカッサイ ショカッサイ
Orychophragmus violaceus Chinese Violet Cress
ヤマハタザオ連 Arabideae イヌナズナ属 Draba
イヌナズナ イヌナズナ
Draba nemorosa Woodland Draba
マガリバナ連 Iberideae マガリバナ属 Iberis
イロマガリバナ イロマガリバナ
Iberis umbellata Candy Taft
トキワナズナ トキワナズナ
Iberis sempervirens Iberis
アンコニウム連 Anchonieae アラセイトウ属 Matthiola
アラセイトウ アラセイトウ
Matthiola incana Common Stock
【連の所属未定】 incertae sedis ゴウダソウ属 Lunaria
ルナリア ルナリア
Lunaria annua Annual Honesty

【文献】
Nikolov LA, Shushkov P, Nevado B , Gan X, Al-Shehbaz IA,
Filatov D, C. Bailey D and Tsiantis M (2019) Resolving the backbone of the Brassicaceae phylogeny for investigating trait diversity, New Phytologist, 222, 1638–1651, DOI: 10.1111/nph.15732, Accessed: 2023-08-28.
Arabidopsis Genome Initiative (2000) Analysis of the Genome Sequence of the Flowering Plant Arabidopsis thaliana, Nature, 408, 796–815, 10.1038/35048692, Accessed: 2023-08-28.
The Angiosperm Phylogeny Group and others (2016) An update of the Angiosperm Phylogeny Group classification for the orders and families of flowering plants: APG IV, Botanical Journal of the Linnean Society, 181(1), 1–20, DOI: 10.1111/boj.12385, Accessed: 2023-07-11.

フウチョウソウ科の写真整理

 フウチョウソウ科(Cleomaceae)は、APG-IV(2016)でそれまでの旧ギョボク亜科(Capparidaceae)をフウチョウボク科(Capparaceae)として分離して以降、18属150-200種になっています。属間の入れ子が確認されており、属以下の所属の整理が進むと思われます。この科は熱帯を中心に分布していて、その中には高温地域に適応するC4光合成を行える種が含まれています(Patchell et al.,2014))。
 APG-IV体系による植物の目一覧 


【フウチョウソウ科(Cleomaceae)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
フウチョウソウ属 Cleome
セイヨウフウチョウソウ セイヨウフウチョウソウ
Cleome hassleriana Spider Flower

【文献】
Patchell MJ, Roalson EH and Hall JC (2014) Resolved Phylogeny of Cleomaceae Based on all Three Genomes, Taxon, 63(2), 315–328, 10.12705/632.17, Accessed: 2023-08-28.
The Angiosperm Phylogeny Group and others (2016) An update of the Angiosperm Phylogeny Group classification for the orders and families of flowering plants: APG IV, Botanical Journal of the Linnean Society, 181(1), 1–20, DOI: 10.1111/boj.12385, Accessed: 2023-07-11.

フウチョウボク科の写真整理

 フウチョウボク科(Capparaceae)は、かつてはフウチョウソウ科(Cleomaceae)に分類されていましたが、葉緑体の遺伝子配列解析の結果からフウチョウソウ科とアブラナ科(Brassicaceae)が分かれる以前に、既に分岐していたことが推定されたたため、APG-IV(2016)から独立科として設置されました(Iltis et al.,2011)。旧ギョボク亜科(Capparidaceae)の約250種で識別されていて、科内に6つクレードが認められているのですが、属間の入れ子が確認されており、属以下の所属の整理が進むと思われます。
 写真は、食用として販売されているケッパー(Capparis spinosa)の蕾の酢漬けで、原産国はスペインです。
 APG-IV体系による植物の目一覧 


【フウチョウボク科(Capparaceae)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
フウチョウボク属 Capparis
ケッパー ケッパー
Capparis spinosa Caper Bush

【文献】
Iltis HH, Hall JC, Cochrane TS, Sytsma KJ (2011) Studies in the Cleomaceae I. On the Separate Recognition of Capparaceae, Cleomaceae, and Brassicaceae, Ann Missouri Bot Garden, 98(1), 28-36, URL: https://www.jstor.org/stable/41238112, Accessed: 2023-08-28.
Tamboli AS, B. Yadav PB, Gothe AA, Yadav SR, Govindwar SP (2018) Molecular phylogeny and genetic diversity of genus Capparis (Capparaceae) based on plastid DNA sequences and ISSR, Plant Syst Evol, 304, 205–217, 10.1007/s00606-017-1466-z, Accessed: 2023-08-28.
The Angiosperm Phylogeny Group and others (2016) An update of the Angiosperm Phylogeny Group classification for the orders and families of flowering plants: APG IV, Botanical Journal of the Linnean Society, 181(1), 1–20, DOI: 10.1111/boj.12385, Accessed: 2023-07-11.

ノウゼンハレン科の写真整理

 ノウゼンハレン科(Tropaeolaceae)は、3属約90種からなる草本グループで、かつてはフウロソウ目(Geraniales)に置かれていましたが。現在ではアブラナ目(Brassicales)に移されています(Andersson and Andersson,2000)。観賞用の栽培をよく見かけるキンレンカ(Tropaeolum majus)は、食用とされることもあり、その際の辛味が似ていることから、クレソンの属名(Nasturtium)(ナスタチウム)が英名になっています。
 APG-IV体系による植物の目一覧 


【ノウゼンハレン科(Tropaeolaceae)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
ノウゼンハレン属 Tropaeolum
キンレンカ キンレンカ
Tropaeolum majus Nasturtium

【文献】
Andersson L and Andersson S (2000) A Molecular Phylogeny of Tropaeolaceae and Its Systematic Implications, taxon, 49, 721-736, DOI: 10.2307/1223973, Accessed: 2023-08-28.
The Angiosperm Phylogeny Group and others (2016) An update of the Angiosperm Phylogeny Group classification for the orders and families of flowering plants: APG IV, Botanical Journal of the Linnean Society, 181(1), 1–20, DOI: 10.1111/boj.12385, Accessed: 2023-07-11.

フタバガキ科の写真整理

 フタバガキ科(Dipterocarpaceae)は、東南アジアの熱帯域を中心にして分布する樹木(Dayanandan et al.,1999)で、ラワン、メランチなどの総称で知られる南洋材を供給する種(津村,2010)を多数含んでます。16属約700種から構成されていて、科内にフタバガキ亜科(Dipterocarpoideae)、モノーテス亜科(Monotoideae)の2亜科が識別されていますが、殆どはフタバガキ亜科の所属で高木です。熱帯雨林の特長である超高木層(emergent layer)を形成する種の多くがこの科に属しています。釈迦入滅を見守る事になった2本の木が、サラノキ(沙羅双樹)(Shorea robusta)だったとされています。
 APG-IV体系による植物の目一覧 


【フタバガキ科(Dipterocarpaceae)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
フタバガキ亜科 Dipterocarpoideae サラノキ属 Shorea
イエロー・メランチ イエロー・メランチ
Shorea acuminatissima Yellow Meranti

【文献】
津村義彦(2010)第6章フタバガキ科Shorea属の樹種識別のためのDNAデータベースの構築, In 南洋材の樹種識別及び産地特定の技術開発,森林総合研究所交付金プロジェクト研究成果集22, ISSN:1349-0605, URL: https://www.ffpri.affrc.go.jp/pubs/koufu-pro/documents/seikasyu22.pdf, Accessed: 2023-08-27.
Dayanandan S, Ashton PS, Williams SM and Primack RB (1999) Phylogeny of the tropical tree family Dipterocarpaceae based on nucleotide sequences of the chloroplast RBCL gene, Am J Bot. 86(8), 1182-90, DOI: https://doi.org/10.2307/2656982, Accessed: 2023-08-26.
The Angiosperm Phylogeny Group and others (2016) An update of the Angiosperm Phylogeny Group classification for the orders and families of flowering plants: APG IV, Botanical Journal of the Linnean Society, 181(1), 1–20, DOI: 10.1111/boj.12385, Accessed: 2023-07-11.

ジンチョウゲ科の写真整理

 ジンチョウゲ科(Thymelaeaceae)は、2亜科、45属、800~900種で構成されていて、ジンチョウゲ連(Daphneae)が科内で最大のグループです。最近の遺伝子を利用した解析(Qian et al.,2021;Lee et al.,2022)によると、属間の入れ子が多数確認されていますので、属レベルでの再構成が予測されるグループでもあります。
 APG-IV体系による植物の目一覧 


【ジンチョウゲ科(Thymelaeaceae)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
ティメレア亜科 Thymelaeoideae ジンチョウゲ連 Daphneae ジンチョウゲ属 Daphne
ジンチョウゲ ジンチョウゲ
Daphne odora Winter Daphne
シロバナジンチョウゲ シロバナジンチョウゲ
Daphne odora f. alba White Winter Daphne
オニシバリ オニシバリ
Daphne pseudomezereum Spring Daphne
ティメレア亜科 Thymelaeoideae ジンチョウゲ連 Daphneae ミツマタ属 Edgeworthia
ミツマタ ミツマタ
Edgeworthia chrysantha Oriental Paperbush

【文献】
Lee SY, Xu K-W, Huang C-Y, Lee J-H, Liao W-B,Zhang Y-H and Fan Q (2022) Molecular phylogenetic analyses based on the complete plastid genomes and nuclear sequences reveal Daphne (Thymelaeaceae) to be non-monophyletic as current circumscription, Plant Diversity, 44, 279-289, 10.1016/j.pld.2021.11.001, Accessed: 2023-08-26.
Qian S, Zhang Y and Lee SY (2021) Comparative Analysis of Complete Chloroplast Genome Sequences in Edgeworthia (Thymelaeaceae) and New Insights Into Phylogenetic Relationships, Sec. Genom Plant Phytoecosystem, 12, 643552, 1-13, DOI: 10.3389/fgene.2021.643552, Accessed: 2023-08-26.
The Angiosperm Phylogeny Group and others (2016) An update of the Angiosperm Phylogeny Group classification for the orders and families of flowering plants: APG IV, Botanical Journal of the Linnean Society, 181(1), 1–20, DOI: 10.1111/boj.12385, Accessed: 2023-07-11.

アオイ科の写真整理

 アオイ科(Malvaceae)は、遺伝子解析の研究成果に基づいて、旧アオイ科(Malvaceae)、旧シナノキ科(Tiliaceae)、旧アオギリ科(Sterculiaceae)、旧パンヤ科(Bombacaceae)を統合して設置された科で、9亜科4000種以上が記載されています(Judd and Manchester,1997)。旧アオイ科に相当するアオイ亜科(Malvoideae)の各種に加えて、チョコレートの原料として欠かすことのできないカカオ(Theobroma cacao)、シナノキ(Tilia japonica)、バオバブ(Adansonia spp.)などもアオイ科に属しています。
 APG-IV体系による植物の目一覧 


【アオイ科(Malvaceae)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
ビトネリア亜科 Byttnerioideae カカオ連 Theobromateae カカオ属 Theobroma
カカオ カカオ
Theobroma cacao Cacao
ステルクリア亜科 Sterculioideae ステルクリア連 Sterculieae アオギリ属 Firmiana
アオギリ アオギリ
Firmiana simplex Chinese parasol tree
シナノキ亜科 Tilioideae シナノキ連 Tilieae シナノキ属 Tilia
シナノキ シナノキ
Tilia japonica Japanese linden
ドンベヤ亜科 Dombeyoideae ドンベヤ連 Dombeyeae ドンベヤ属 Dombeya
ドンベヤ・ワリッキー ドンベヤ・ワリッキー
Dombeya wallichii Pink Ball Tree
アオイ亜科 Malvoideae ワタ連 Gossypieae ワタ属 Gossypium
ワタ ワタ
Gossypium herbaceum Levant Cotton
アオイ亜科 Malvoideae フヨウ連 Hibisceae フヨウ属 Hibiscus
フヨウ フヨウ
Hibiscus mutabilis Confederate Rose
スイフヨウ スイフヨウ
Hibiscus mutabilis f. Versicolor Cotton Rosemallow
ムクゲ ムクゲ
Hibiscus syriacus Rose of Sharon
ハマボウ ハマボウ
Hibiscus hamabo Hardy Yellow Hibiscus
モミジアオイ モミジアオイ
Hibiscus coccineus Scarlet Rosemallow
サキシマフヨウ サキシマフヨウ
Hibiscus makinoi Makino’s Mallow
ブッソウゲ ブッソウゲ
Hibiscus rosa-sinensis Hawaiian Hibiscus
ヒビスクス・ワイメアエ ヒビスクス・ワイメアエ
Hibiscus waimeae White Kauai Rosemallow
ヒビスクス・アーノッティアヌス ヒビスクス・アーノッティアヌス
Hibiscus arnottianus Hawaiian White Hibiscus
アオイ亜科 Malvoideae ゼニアオイ連 Malveae ゼニアオイ属 Malva
ウスベニアオイ ウスベニアオイ
Malva sylvestris Common Mallow
ゼニアオイ ゼニアオイ
Malva sylvestris var. mauritiana
ウサギアオイ ウサギアオイ
Malva parviflora Cheeseweed Mallow
ハイアオイ ハイアオイ
Malva rotundifolia Low Mallow
アオイ亜科 Malvoideae ゼニアオイ連 Malveae イチビ属 Abutilon
アブチロン・チロリアンランプ アブチロン・チロリアンランプ
Abutilon megapotamicum Chinese Lantern
ショウジョウカ ショウジョウカ
Abutilon striatum Red Vein Indian Mallow
アオイ亜科 Malvoideae ゼニアオイ連 Malveae タチアオイ属 Althaea
タチアオイ タチアオイ
Althaea rosea Common Hollyhock
アオイ亜科 Malvoideae ゼニアオイ連 Malveae ハナアオイ属 Lavatera
ハナアオイの一種 ハナアオイの一種
Lavatera sp. Lavatera
アオイ亜科 Malvoideae ゼニアオイ連 Malveae エノキアオイ属 Malvastrum
マルバストラム・ラテリティウム マルバストラム・ラテリティウム
Malvastrum lateritium Creeping Mallow
アオイ亜科 Malvoideae ゼニアオイ連 Malveae ヤノネアオイ属 Anoda
アノダ・クリスタータ アノダ・クリスタータ
Anoda cristata Spurred Anoda
アオイ亜科 Malvoideae ヒメフヨウ連 Malvavisceae ヒメフヨウ属 Malvaviscus
ウナヅキヒメフヨウ ウナヅキヒメフヨウ
Malvaviscus arboreus ver. mexicanus ‘Pink Flower’ Arboreus
タイリンヒメフヨウ タイリンヒメフヨウ
Malvaviscus penduliflorus Turk’s Cap Mallow
アオイ亜科 Malvoideae ヒメフヨウ連 Malvavisceae ヤノネボンテンカ属 Pavonia
ヤノネボンテンカ ヤノネボンテンカ
Pavonia hastata Spearleaf Swampmallow
パンヤ亜科 Bombacoideae パキラ属 Pachira
パキラ パキラ
Pachira glabra Guinea Peanut
パンヤ亜科 Bombacoideae バオバブ属 Adansonia
アフリカバオバブ No Image Adansonia digitata African Baobab

【文献】
Judd WS and Manchester SR (1997) Circumscription of Malvaceae (Malvales) as
determined by a preliminary cladistic analysis of morphological, anatomical, palynological, and chemical characters, Brittonia, 49(3), 384-405, URL: https://www.jstor.org/stable/2807839, Accessed: 2023-08-24.
The Angiosperm Phylogeny Group and others (2016) An update of the Angiosperm Phylogeny Group classification for the orders and families of flowering plants: APG IV, Botanical Journal of the Linnean Society, 181(1), 1–20, DOI: 10.1111/boj.12385, Accessed: 2023-07-11.

晩夏のフラワーセンター

 暑い暑いと言われながらも、季節は着実に遷っていきます。フラワーセンターでは、サルスベリが見頃です。


サルスベリ Lagerstroemia indica の品種

【参考】
東京湾方面
円海山方面
ヒョウタン Lagenaria siceraria
トラフヒメバショウ Calathea zebrina
ブラック・バットフラワー Tacca chantrieri
イランイランノキ Cananga odorata
ベンジャミン ‘スターライト’ Ficus benjamina ‘Star light’
ハイビスカス Hibiscus X hybridus
 ’ウォーターフォールピンク’ ‘Waterfall Pink’
 ’チェリー’ ‘Cherie’
 ’花恋’ ‘Karen’
 ’クリスタルピンク’ ‘Crystal Pink’
 ’オードリー’ ‘Audrey’
フウリンブッソウゲ Hibiscus schizopetalus
ゴレンシ(五歛子) Averrhoa carambola
アガベ・デスメティアーナ ‘バリエガータ’(ベネズエラ) Agave desmettiana ‘Variegata’
キバナキョウチクトウ Thevetia peruviana
アメリカハマグルマ Wedelia trilobata
アカバナハカマノキ Bauhinia blakeana
テイキンザクラ ‘ホコバヤトロファ’ Jatropha integerrima
カエンボク Spathodea campanulata
シクシン(ベニサンゴバナ) Combretum indicum
コプシア・フラヴィダ Kopsia flavida
ジャワセンナ Cassia javanica
カシワバゴムノキ Ficus lyrata
ゲッキツ Murraya paniculata
パキラ Pachira glabra
レンブ Syzygium samarangense
アリストロキア・トリアングラシスマスコギー Aristolochia triangularis
プルメリア Plumeria obtusa
ササゲ (紫豇豆(むらさきささげ)) Vigna unguiculata
キバナコスモス Cosmos sulphureus
ウンリュウグワ Morus alba cv. Unryuu
カンレンボク Camptothズニeca acuminata
サルスベリ Lagerstroemia indica
 ハーディピンク ’Hardy Pink’
 ドワーフラベンダー ‘Dwarf Lavender’
 ペティトレッド ‘Petty Tread’
 花畑6
 花畑5
 シニュー ‘Sinew’
 セミノール ‘Seminole’
 マスコギー ‘Muscogee’
 スノーベイビー ‘Snow Baby’
 ポトマック ‘Potomac’
 紫雲
 花畑7
 ペティオーキッド ‘Petty Orchid’
 ペイフェートン ‘Pei Phaeton’
 花畑4
 ズニ ‘Zuni’
 ナチェ ‘Natchez’
 コマンチェ ‘Comanche’
 カントリーレッド ‘Country Red’
 アコマ ‘Acoma’
 ハーディパープル ‘Hardy Purple’
 ルブラ ‘Rubra’
 ユマ ‘Yuma’
 ディアパープル ‘Dear Purple’
 見本園東2
 ファイアーバード ‘Fire Bird’
 コネストガ ‘Conestoga’
 ディアウィーピング ‘Dear Weeping’
 春日山
 カロライナビューティー ‘Carolina Beauty’
 花畑2
 ドワーフライラック ‘Dwarf Lilac’
 ロゼア ‘Rosea’
 花畑3
 ダラスパープル ‘Dallas Purple’
 ホピ ‘Hopi’
 ダラスレッド ‘Dallas Red’
ナツズイセン Lycoris squamigera
モミジバフウ Liquidambar styraciflua
フウ Liquidambar formosana
リョウブ Clethra barbinervis
ハシバミ Corylus heterophylla var. thunbergii
クマシデ Carpinus japonica
ハリギリ Kalopanax septemlobus
ヤクシマオナガカエデ Acer capillipes var. morifolium
ミンミンゼミ Hyalessa maculaticollis
ギョリュウ Tamarix chinens
トチュウ Eucommia ulmoides
ムラサキナツフジ Callerya reticulata
シナヤマボウシ ‘ミルキーウェイ’ Cornus kousa Subsp. chinensis ‘Milky Way’
オミナエシ Patrinia scabiosifolia
タカサプロウ Eclipta thermalis
ハス Nelumbo nucifera
ガマ Typha latifolia
オオセンナリ Nicandra physalodes
ワタ Gossypium hirsutum
ウキクサ Spirodela polyrhiza
モミジバフウ Liquidambar styraciflua
トウカエデ Acer buergerianum
ゴマ Sesamum indicum
ヒョウタン Lagenaria siceraria
テイキンザクラ Jatropha integerrima