植物」カテゴリーアーカイブ

オオバコ科の写真整理

 オオバコ科(Plantaginaceae)は、分子生物学的手法による解析により、旧オオバコ科に旧ゴマノハグサ科(Scrophulariaceae)の種を加えられて、大きく構成が変更された科です。再編成により、92属約2000種になっていて、キンギョソウ属(Antirrhinum)、ウンラン属(Linaria)、クワガタソウ属(Veronica)などもこの科の所属になっています>(Albach et al.,2016)
  APG-IV体系による植物の目一覧 


【オオバコ科(Plantaginaceae)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
アンゲロニア連 Angelonieae アンゲロニア属 Angelonia
アンゲロニア・セレナ アンゲロニア・セレナ
Angelonia serena Narrowleaf Angelon
キンギョソウ連 Antirrhineae キンギョソウ属 Antirrhinum
キンギョソウ キンギョソウ
Antirrhinum majus Snapdragon
キンギョソウ連 Antirrhineae ウンラン属 Linaria
ホソバウンラン ホソバウンラン
Linaria vulgaris Common Toadflax
リナリア・マロッカナ リナリア・マロッカナ
Linaria maroccana Moroccan Toadflax
ヒメキンギョソウ ヒメキンギョソウ
Linaria bipartita Clovenlip Toadflax
キンギョソウ連 Antirrhineae マツバウンラン属 Nuttallanthus
マツバウンラン マツバウンラン
Nuttallanthus canadensis Canada Toadflax
キンギョソウ連 Antirrhineae ツタバウンラン属 Cymbalaria
ツタバウンラン ツタバウンラン
Cymbalaria muralis Coliseum Ivy
シロバナツタバウンラン シロバナツタバウンラン
Cymbararia muralis f.alba White Coliseum Ivy
ジギタリス連 Digitalideae ジギタリス属 Digitalis
ジギタリス ジギタリス
Digitalis purpurea Foxglove
オオバコ連 Plantagineae オオバコ属 Plantago
オオバコ オオバコ
Plantago asiatica Asiatic Plantain
トウオオバコ トウオオバコ
Plantago japonica Tou-oobako
ツボミオオバコ ツボミオオバコ
Plantago virginica Virginia Plantain
ヘラオオバコ ヘラオオバコ
Plantago lanceolata Ribwort Plantain
クワガタソウ連 Veroniceae クワガタソウ属 Veronica
オオイヌノフグリ オオイヌノフグリ
Veronica persica Birdeye Speedwell
タチイヌノフグリ タチイヌノフグリ
Veronica arvensis Wall Speedwell
フラサバソウ フラサバソウ
Veronica hederifolia Ivy-leaved Speedwell
クワガタソウ連 Veroniceae クガイソウ属 Veronicastrum
クガイソウ クガイソウ
Veronicastrum axillare ver. japonicum Culver’s Physic

【文献】
Albach DC, Meudt HM and B. Oxelman N (2016) Piecing together the “New” Plantaginaceae, Am J Bot, 92(2), 297–315, DOI: 10.3732/ajb.92.2.297, Accessed: 2023-10-01.
The Angiosperm Phylogeny Group and others (2016) An update of the Angiosperm Phylogeny Group classification for the orders and families of flowering plants: APG IV, Botanical Journal of the Linnean Society, 181(1), 1–20, DOI: 10.1111/boj.12385, Accessed: 2023-07-11.

イワタバコ科の写真整理

 イワタバコ科(Gesneriaceae)は、3亜科160属3300種以上から構成される科で(Möller and Clark,2013)、以前はゴマノハグサ科の一部とされたこともありましたが、APG分類体系ではシソ目(Lamiales)に独立科として配置されています(APG-IV,2016) 。イワタバコ科は、熱帯を中心に分布するため、我が国での自生種は多くないのですが、アフリカに自生するグループには園芸的価値の高い種があり、園芸店ではアフリカスミレ(セントポーリア)やストレプトカーパスをの姿をしばしば見かけます。アフリカスミレはかつてセントポーリア属(Saintpaulia)として知られていましたが、DNA分析の結果、ストレプトカーパス属(Streptocarpus)内の入れ子として配置することが明らかとなっています(Nishii et al.,2015)。
  APG-IV体系による植物の目一覧 


【イワタバコ科(Gesneriaceae)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
イワタバコ属Conandron
ケイワタバコ ケイワタバコ
Conandron ramondioides var. pilosus Iwatabako
ストレプトカーパス属Streptocarpus ストレプトカルペア亜属 Streptocarpella カルノシフォリィ節Carnosifolii
ストレプトカーパス・サクソルム ストレプトカーパス・サクソルム
Streptocarpus saxorum False African Violet
ストレプトカーパス属Streptocarpus ストレプトカルペア亜属 Streptocarpella セントボーリア節Saintpaulia
アフリカスミレ
(セントポーリア)
アフリカスミレ(セントポーリア)
Streptocarpus ionanthus African violet

【文献】
Nishii K, Hughes M, Briggs M, Haston E, Christie F, DeVilliers MJ, Hanekom T, Roos WG, Bellstedt DU and Möller M (2015) Streptocarpus redefined to include all Afro-Malagasy Gesneriaceae: Molecular phylogenies prove congruent with geographical distribution and basic chromosome numbers and uncover remarkable morphological homoplasies, Taxon , 64(6), 1243-1274, DOI: 10.12705/646.8, Accessed: 2023-10-01.
Möller M and Clark JL (2013) The State of Molecular Studies in the Family Gesneriaceae: A Review, Selbyana, 31(2)(Special Issue: Proceedings of the World Gesneriad Research Conference 2010), 95-125, URL: https://www.jstor.org/stable/24894284, Accessed: 2023-10-01.
The Angiosperm Phylogeny Group and others (2016) An update of the Angiosperm Phylogeny Group classification for the orders and families of flowering plants: APG IV, Botanical Journal of the Linnean Society, 181(1), 1–20, DOI: 10.1111/boj.12385, Accessed: 2023-07-11.

モクセイ科の写真整理

 モクセイ科(Oleaceae)は、5連28属約700種で構成される科で、多くは木本で食糧、有用材、また園芸用の有用種を多く含んでいます(Dupin et al.,2020)。
  APG-IV体系による植物の目一覧 


【モクセイ科(Oleaceae)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
レンギョウ連 Forsythieae レンギョウ属 Forsythia
レンギョウ レンギョウ
Forsythia suspensa Golden-bell
シナレンギョウ シナレンギョウ
Forsythia viridissima Chinese Golden Bell
チョウセンレンギョウ チョウセンレンギョウ
Forsythia ovata Korean Forsythia
ソケイ連 Jasmineae ソケイ属 Jasminum
マツリカ マツリカ
Jasminum sambac Arabian Jasmine
ケソケイ ケソケイ
Jasminum multiflorum Star Jasmine
キソケイ キソケイ
Jasminum humile Yellow Jasmine
ウンナンオウバイ ウンナンオウバイ
Jasminum mesnyi Primrose Jasmine
オウバイ オウバイ
Jasminum nudiflorum Winter Jasmine
ハゴロモジャスミン ハゴロモジャスミン
Jasminum polyanthum Pink Jasmine
オリーブ連 Oleeae ハシドイ属 Syringa
ハシドイ ハシドイ
Syringa reticulata Japanese Tree Lilac
ムラサキハシドイ ムラサキハシドイ
Syringa vulgaris Common Lilac
オリーブ連 Oleeae イボタノキ属 Ligustrum
イボタノキ イボタノキ
Ligustrum obtusifolium Border Privet
セイヨウイボタ セイヨウイボタ
Ligustrum vulgare Wild Privet
ネズミモチ ネズミモチ
Ligustrum japonicum Japanese Privet
トウネズミモチ トウネズミモチ
Ligustrum lucidum Chinese Privet
オリーブ連 Oleeae ヒトツバタゴ属 Chionanthus
ヒトツバタゴ ヒトツバタゴ
Chionanthus retusus Chinese Fringetree
オリーブ連 Oleeae オリーブ属 Olea
オリーブ オリーブ
Olea europaea European Olive
オリーブ連 Oleeae モクセイ属 Osmanthus
ギンモクセイ ギンモクセイ
Osmanthus fragrans Sweet Olive
キンモクセイ キンモクセイ
Osmanthus fragrans var. aurantiacus Fragrant Olive
ウスギモクセイ ウスギモクセイ
Osmanthus fragrans var. thunbergii Fortune Osmanthu
オリーブ連 Oleeae トネリコ属 Fraxinus
シマトネリコ シマトネリコ
Fraxinus griffithii Himalayan Ash
アオダモ アオダモ
Fraxinus lanuginosa Japanese Ash
ヤマトアオダモ ヤマトアオダモ
Fraxinus longicuspis Taper-tip Ash

【文献】
Dupin J, Raimondeau P, Hong-Wa C, Manzi S,Gaudeul M and Besnard G (2020) Resolving the Phylogeny of the Olive Family (Oleaceae): Confronting Information from Organellar and Nuclear Genomes, Genes, 11, 1508, DOI: 10.3390/genes11121508, Accessed: 2023-09-29.
The Angiosperm Phylogeny Group and others (2016) An update of the Angiosperm Phylogeny Group classification for the orders and families of flowering plants: APG IV, Botanical Journal of the Linnean Society, 181(1), 1–20, DOI: 10.1111/boj.12385, Accessed: 2023-07-11.

ナス科の写真整理

 ナス科(Solanaceae)は、ナス目(Solanales)では最大のグループで、約100属2500種が記載されています。ジャガイモ(Solanum tuberosum)、トマト(Solanum lycopersicum)、ナス(Solanum melongena)、トウガラシ(Capsicum annuum)など食糧生産に欠かせない種、またタバコ(Nicotiana tabacum)、ペチュニア(Petunia x hybrida)などの園芸、工芸分野での重要種も多数含まれています(Olmstead et al, 2008)。ナス科の半分以上に相当する1250種から1700種はナス属(Solanum)に分類されており(Weese and Bohs,2007)、属以下の整理は今後とも進められると思われます、
 APG-IV体系による植物の目一覧 

【ナス科(Solanaceae)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
ナス亜科 Solanoideae ナス連 Solaneae ナス属 Solanum
ナス ナス
Solanum melongena Eggplant
ジャガイモ ジャガイモ
Solanum tuberosum Potato
トマト トマト
Solanum lycopersicum Tomato
フユサンゴ フユサンゴ
Solanum pseudocapsicum Jerusalem Cherry
ワルビナス ワルビナス
Solanum carolinense Carolina Horsenettle
ヒヨドリジョウゴ ヒヨドリジョウゴ
Solanum lyratum Lyreleaf Nightshade
イヌホウズキ イヌホウズキ
Solanum nigrum Back Nightshade
オオイヌホウズキ オオイヌホウズキ
Solanum nigrescens Divine Bightshade
テリミノイヌホウズキ テリミノイヌホウズキ
Solanum americanum American Black Nightshade
アメリカイヌホウズキ アメリカイヌホウズキ
Solanum ptychanthum West Indian Nightshade
ツルハナナス ツルハナナス
Solanum laxum Jasmine Nightshade
ルリイロツルナス ルリイロツルナス
Solanum seaforthianum Brazilian Nightshade
シホウカ シホウカ
Solanum rantonnetii Blue Potato Bush
カナリアナス カナリアナス
Solanum mammosum Fox Face
ソラナム・ウェンドランディー ソラナム・ウェンドランディー
Solanum wendlandii Giant Potato Creeper
ナス亜科 Solanoideae トウガラシ連 Capsiceae トウガラシ属 Capsicum
五色唐辛子 五色唐辛子
Capsicum annuum Cayenne Pepper
ナス科 Solanaceae ナス亜科 Solanoideae ホオズキ連 Physalinae ホオズキ属 Physalis
ホオズキ ホオズキ
Physalis alkekengi var. franchetii Chinese Lantern
センナリホオズキ センナリホオズキ
Physalis angulata Cut-leaved Ground-cherry
ナス亜科 Solanoideae チョウセンアサガオ連 Datureae チョウセンアサガオ属 Datura
チョウセンアサガオ チョウセンアサガオ
Datura metel Indian Thornapple
ヨウシュチョウセンアサガオ ヨウシュチョウセンアサガオ
Datura stramonium Thorn Apple
ナス亜科 Solanoideae チョウセンアサガオ連 Datureae キダチチョウセンアサガオ属 Brugmansia
キダチチョウセンアサガオ キダチチョウセンアサガオ
Brugmansia suaveolens Angel’s Trumpet
ナス亜科 Solanoideae クコ連 Lycieae クコ属 Lycium
クコ クコ
Lycium chinense Chinese Boxthorn
タバコ亜科 Nicotianoideae タバコ連 Nicotianeae タバコ属 Nicotiana
ニコチアナ・ラングスドルフィー ニコチアナ・ラングスドルフィー
Nicotiana langsdorffii Langsdorff’s Tobacco
ハナタバコ ‘ライムグリーン’ ハナタバコ 'ライムグリーン'
Nicotiana alata ‘Lime Green’ Jasmine Tobacco ‘Lime Green’
ペチュニア亜科 Petunioideae ペチュニア連 Petunieae ペチュニア属 Petunia
ペチュニア ペチュニア
Petunia X hybrida Petunia
サフィニア サフィニア
Petunia X hybrida ‘Surfinia’ Surfinia
ペチュニア亜科 Petunioideae ペチュニア連 Petunieae カリブラコア属 Calibrachoa
カリブラコア カリブラコア
Calibrachoa X hybrida Calibrachoa

【文献】
Olmstead RG, Bohs L, Migid HA, Santiago-Valentin E, Garcia VF and Collier SM (2008) A molecular phylogeny of the Solanaceae, TAXON 57(4), 1159-1181, URL: https://www.jstor.org/stable/27756771, Accessed: 2023-09-26.
Weese TL and Bohs L (2007) A Three-Gene Phylogeny of the Genus Solanum (Solanaceae) System Bot, 32(2), 445-463, URL: https://www.jstor.org/stable/25064255, Accessed: 2023-09-26.
The Angiosperm Phylogeny Group and others (2016) An update of the Angiosperm Phylogeny Group classification for the orders and families of flowering plants: APG IV, Botanical Journal of the Linnean Society, 181(1), 1–20, DOI: 10.1111/boj.12385, Accessed: 2023-07-11.

ヒルガオ科の写真整理

 ヒルガオ科(Convolvulaceae)は、58属約1800種から構成される大きな科で、熱帯亜熱帯を中心に世界中に分布しています。科内には12の連が識別されていますが、分岐年代の推定も含めて科内の分類には整理すべき事項が残されているようです(Felger et al., 2012)。食用のサツマイモ(Ipomoea batatas)、観賞用のアサガオ( Ipomoea nil)などを身近で見かける事が出来ます。
 APG-IV体系による植物の目一覧 

【ヒルガオ科(Convolvulaceae)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
セイヨウヒルガオ亜科 Convolvuloideae セイヨウヒルガオ連 Convolvuloinae ヒルガオ属 Calystegia
ヒルガオ ヒルガオ
Calystegia pubescens Japanese Bindweed
コヒルガオ コヒルガオ
Calystegia hederacea Japanese False Bindweed
ハマヒルガオ ハマヒルガオ
Calystegia soldanella Sea Bindweed
セイヨウヒルガオ亜科 Convolvuloideae セイヨウヒルガオ連 Convolvuloinae セイヨウヒルガオ属 Convolvulus
セイヨウヒルガオ セイヨウヒルガオ
Convolvulus arvensis Field Bindweed
コンボルブルス・サバティウス コンボルブルス・サバティウス
Convolvulus sabatius Ground Blue-Convolvulus
セイヨウヒルガオ亜科 Convolvuloideae アストリペモメア連 Astripomoeinae サツマイモ属 Ipomoea
サツマイモ サツマイモ
Ipomoea batatas Sweet Potato
アサガオ アサガオ
Ipomoea nil Japanese Morning Glory
ノアサガオ ノアサガオ
Ipomoea indica Blue Morning Glory
マルバアサガオ マルバアサガオ
Ipomoea purpurea Common Morning-glory
モミジバヒルガオ モミジバヒルガオ
Ipomoea cairica Messina Creeper
マメアサガオ マメアサガオ
Ipomoea lacunosa White Morning-glory
ソライロアサガオ ソライロアサガオ
Ipomoea tricolor Mexican Morning Glory
ルコウソウ ルコウソウ
Ipomoea quamoclit Cypress Vine
マルバルコウ マルバルコウ
Ipomoea coccinea Red Morning Glory
ディクラノスティラ亜科 Dicranostyloideae アオイゴケ連 Dichondrinae アオイゴケ属 Dichondra
アオイゴケ アオイゴケ
Dichondra micrantha Ponysfoots
ネナシカズラ亜科 Cuscutoideae ネナシカズラ連 Cuscutinae ネナシカズラ属 Cuscuta
ネナシカズラ ネナシカズラ
Cuscuta japonica japonica Japanese Dodder

【文献】
Felger RS, Austin DF, Devender TRv, Sánchez-Escalante JJ and Costea M (2012) Convolvulaceae of Sonora, Mexico. I. Convolvulus, Cressa, Dichondra, Evolvulus, Ipomoea, Jacquemontia, Merremia, and Operculina, J Bot Res InstTexas, 6(2), 459-527, URL: https://www.jstor.org/stable/41972435, Accessed: 2023-09-26.
Stefanović S, Austin DF and Olmstead RG (2003) Classification of Convolvulaceae: A Phylogenetic Approach, System Bot, 28(4), 791-806, URL: https://www.jstor.org/stable/25063924, Accessed: 2023-09-26.
The Angiosperm Phylogeny Group and others (2016) An update of the Angiosperm Phylogeny Group classification for the orders and families of flowering plants: APG IV, Botanical Journal of the Linnean Society, 181(1), 1–20, DOI: 10.1111/boj.12385, Accessed: 2023-07-11.

キョウチクトウ科の写真整理

 キョウチクトウ科(Apocynaceae)は、5亜科、25連、366種に整理された科で、旧ガガイモ科を含みます(Endress et al.,2014)。キョウチクトウ科植物はインドールアルカロイドを含むものが多い(Mohammed et al.,2021)のですが、キョウチクトウ(Nerium oleander var. indicum)は通常不稔で実をつけないこともあり、また植物体全体に毒のあることがよく知られていて、我が国での中毒例は大くないようです。
※セイヨウキョウチクトウ(Nerium oleander)は普通に結実するようで、イタリアのシエナで多数実っているのを見たことがあります。
 APG-IV体系による植物の目一覧 


【キョウチクトウ科(Apocynaceae)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
インドジャボク亜科 Rauvolfioideae ツルニチニチソウ連 Vinceae ツルニチニチソウ亜連 Vincinae ツルニチニチソウ属 Vinca
ツルニチニチソウ ツルニチニチソウ
Vinca major Bigleaf Periwinkle
ヒメツルニチニチソウ ヒメツルニチニチソウ
Vinca minor Lesser Periwinkle
ビンカ・ディフォルミス ビンカ・ディフォルミス
Vinca difformis Intermediate Periwinkle
インドジャボク亜科 Rauvolfioideae ツルニチニチソウ連 Vinceae ニチニチソウ亜連 Catharathinae ニチニチソウ属 Catharanthus
ニチニチソウ ニチニチソウ
Catharanthus roseus Bright Eyes
インドジャボク亜科 Rauvolfioideae ツルニチニチソウ連 Vinceae コプシア亜連 Kopsiinae コプシア属 Kopsia
コプシア・フラビダ コプシア・フラビダ
Kopsia flavida Penang Sloe
インドジャボク亜科 Rauvolfioideae インドソケイ連 Plumerieae アリアケカズラ亜連 Allamandinae アリアケカズラ属 Allamanda
アリアケカズラ ‘ヘンダーソニー’ アリアケカズラ 'ヘンダーソニー'
Allamanda cathartica ‘Hendersonii’ Golden Trumpet
ヒメアリアケカズラ ヒメアリアケカズラ
Allamanda neriifolia Bush Allamanda
インドジャボク亜科 Rauvolfioideae インドソケイ連 Plumerieae インドソケイ亜連 Plumeriinae インドソケイ属(プルメリア属) Plumeria
プルメリア プルメリア
Plumeria obtusa Singapore Graveyard Flower
インドジャボク亜科 Rauvolfioideae インドソケイ連 Plumerieae キバナキョウチクトウ亜連 Thevetiinae キバナキョウチクトウ属 Thevetia
キバナキョウチクトウ キバナキョウチクトウ
Thevetia peruviana Yellow Oleander
キョウチクトウ亜科 Apocynoideae チリソケイ連 Mesechiteae チリソケイ属(マンデヴィラ属) Mandevilla
マンデヴィラ マンデヴィラ
Mandevilla ‘Sun Parasol Giant’ Rocktrumpet
キョウチクトウ亜科 Apocynoideae バシクル連 Apocyneae コネモルファ亜連 Chonemorphinaeテイカカズラ属 Trachelospermum
テイカカズラ テイカカズラ
Trachelospermum asiaticum Asiatic Jasmine
ハツユキカズラ ハツユキカズラ
Trachelospermum asiaticum ‘Hatsuyukikazura’ Asiatic Jasmine
トウキョウチクトウ トウキョウチクトウ
Trachelospermum jasminoides Confederate Jasmine
ガガイモ亜科 Asclepiadoideae セロペギア連 Ceropegieae セタペリア亜連 Stapeliinae セロペギア属 Ceropegia
ハートカズラ ‘レディハート’ ハートカズラ 'レディハート'
Ceropegia woodii ‘Lady heart’ Chain of Hearts
ガガイモ亜科 Asclepiadoideae トウワタ連 Asclepiadeae トウワタ亜連 Asclepiadinae トウワタ属 Asclepias
トウワタ トウワタ
Asclepias curassavica Tropical Milkweed
ヤナギトウワタ ヤナギトウワタ
Asclepias tuberosa Butterfly Weed
ガガイモ亜科 Asclepiadoideae トウワタ連 Asclepiadeae トウワタ亜連 Asclepiadinae フウセントウワタ属 Gomphocarpus
フウセントウワタ フウセントウワタ
Gomphocarpus physocarpus Hairy Balls
ガガイモ亜科 Asclepiadoideae トウワタ連 Asclepiadeae イケマ亜連 Cynanchinae ガガイモ属 Gomphocarpus
ガガイモ ガガイモ
Metaplexis japonica Rough Potato

【文献】
Endress ME, Liede-Schumann S and Meve U (2014) An updated classification for Apocynaceae, Phytotaxa, 159(3), 175–194, 10.11646/phytotaxa.159.3.2, Accessed: 2023-09-24.
Mohammed AE, Abdul-Hameed ZH, Alotaibi MO, Bawakid NO, Sobahi TR, Abdel-Lateff A and Alari WM (2021) Chemical Diversity and Bioactivities of Monoterpene Indole Alkaloids (MIAs) from Six Apocynaceae Genera, Molecules, 26, 488. 10.3390/molecules26020488, Accessed: 2023-09-24.
The Angiosperm Phylogeny Group and others (2016) An update of the Angiosperm Phylogeny Group classification for the orders and families of flowering plants: APG IV, Botanical Journal of the Linnean Society, 181(1), 1–20, DOI: 10.1111/boj.12385, Accessed: 2023-07-11.

ゲルセミウム科の写真整理

 ゲルセミウム科(Gelsemiaceae)は、マチン科(Loganiaceae)から独立した科で、ゲルセミウム属(Gelsemium)、モスチュア属(Mostuea)に加えて、所属が永らく定まらなかったPteleocarpa属で構成されています(Jiao and Li,2007; Struwe et al.,2014)。リンドウ科やキョウチクトウ科に近いクループで、カロライナ・ジャスミン(Gelsemium sempervirens)は、庭木として栽培されているのをみかけます。キョウチクトウ科植物と同様にインドールアルカロイドによる中枢神経毒があるので要注意です。
 APG-IV体系による植物の目一覧 


【ゲルセミウム科(Gelsemiaceae)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
ゲルセミウム属 Gelsemium
カロライナ・ジャスミン カロライナ・ジャスミン
Gelsemium sempervirens Carolina Jessamine

【文献】
Jiao Z and Li J (2007) Phylogeny of Intercontinental Disjunct Gelsemiaceae Inferred from Chloroplast and Nuclear DNA Sequences, System Bot, 32(3), 617-627, URL: https://www.jstor.org/stable/25064272, Accessed: 2023-09-24.
Struwe L, Soza VL, Manickam S and Olmstead RG (2014) Gelsemiaceae (Gentianales) expanded to include the enigmatic Asian genus Pteleocarpa, Bot J Linnean Soc, 175, 482-496, DOI: 10.1111/boj.12182, Accessed: 2023-09-24.
The Angiosperm Phylogeny Group and others (2016) An update of the Angiosperm Phylogeny Group classification for the orders and families of flowering plants: APG IV, Botanical Journal of the Linnean Society, 181(1), 1–20, DOI: 10.1111/boj.12385, Accessed: 2023-07-11.

リンドウ科の写真整理

 リンドウ科(Gentianaceae)は、世界中に広く分布していて約100属1800種が記載されています。そのうち約360属はリンドウ属(Gentiana)で、薬用観賞用として利用されている種が多く含まれています(Rybczynński et al.,2014)。リンドウ科は最終氷期以降の遺残種(Relict)として分布する種が多いため、温暖化の進行に伴って絶滅が危惧される種が多く含まれています(Lukash et al.,2019など)。
 APG-IV体系による植物の目一覧 


【リンドウ科(Gentianaceae)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
リンドウ連 Gentianeae リンドウ属 Gentiana
ハルリンドウ ハルリンドウ
Gentiana thunbergii
フデリンドウ フデリンドウ
Gentiana zollingeri

【文献】
Rybczynński JJ, Davey MR and Mikuła A (2014) The Gentianaceae – Volume 1: Characterization and Ecology, 328pp., Springer-Verlag Berlin Heidelberg, DOI: 10.1007/978-3-642-54010-3, Accessed: 2023-09-24.
Lukash O, Miroshnyk I, Yakovenko O and Strilets S (2019) The vegetation of the cretaceous outcrops of Novhorod-Siverskyi Polesie loess “islands” (Ukraine) and the new locality of Gentiana cruciata L., Ecol Quest, 30, 1, 21-33, DOI: 10.12775/EQ.2019.005, Accessed: 2023-09-24.
The Angiosperm Phylogeny Group and others (2016) An update of the Angiosperm Phylogeny Group classification for the orders and families of flowering plants: APG IV, Botanical Journal of the Linnean Society, 181(1), 1–20, DOI: 10.1111/boj.12385, Accessed: 2023-07-11.

トチュウ科の写真整理

 トチュウ科(Eucommiaceae)は、トチュウ(Eucommia ulmoides)一種のみから構成される科で、アオキ(Aucuba japonice)を含むガリア科の姉妹群と考えられています。トチュウは天然ゴム原料(Gutta-percha)や食用だけでなく、漢方薬の素材として重要なため、原産地中国では広く栽培されています(Wang et al.,2019)。トチュウ属の化石は、アメリカ大陸の古第三紀層から多数報告されている(Call and Dilcher,1997)他、ドイツ、ハンガリーの新第三紀鮮新統でも発見されている(Hujioka, 1961)ため、絶滅の危機にある遺残種と思われます。Mabberley (1989)によれば、トチュウの野生個体は既に20世紀の内に絶滅したと考えられています(Call and Dilcher,1997)。既絶滅種の扱いであるためか、ワシントン条約の付属書(レッドリスト)には記載されていません。
 APG-IV体系による植物の目一覧 


【トチュウ科(Eucommiaceae)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
トチュウ属 Eucommia
トチュウ トチュウ
Eucommia ulmoides Chinese Rubber Tree

【文献】
Wang C-W, Tang L, He J, Li J and Wang Y-Z (2019) Ethnobotany, Phytochemistry and Pharmacological Properties of Eucommia ulmoides: A Review, Am J Chin Medicine, 47(2), 259–300, DOI: 10.1142/S0192415X19500137, Accessed: 2023-09-23.
Call VB and Dilcher DL (1997) The Fossil of Eucommia (Eucommiaceae) in North America, Am J Bot, 84(6), 798-814, DOI: 10.2307/2445816, Accessed: 2023-09-23.
Hujioka K (1961) A New Palaeocene Species of the Genus Eucommia form Hokkaido Japam, Trans Proc Palaeont Soc Japan, 41, 9/12, URL: https://www.jstage.jst.go.jp/article/prpsj1951/1961/41/1961_41_9/_pdf, Accessed: 2023-09-24.
The Angiosperm Phylogeny Group and others (2016) An update of the Angiosperm Phylogeny Group classification for the orders and families of flowering plants: APG IV, Botanical Journal of the Linnean Society, 181(1), 1–20, DOI: 10.1111/boj.12385, Accessed: 2023-07-11.

ガリア科の写真整理

 ガリア科(Garryaceae)は、ガリア属(Garrya、アオキ属Aucubaの2属からなる科で、かつてはミズキ目(Cornales)に置かれたこともありましたが、現在では、トチュウ科(Eucommiaceae)と共にガリア目(Garryales)を構成しています(Chen et al..,2021, Burge,2011)。ガリア属は北米中米に、アオキ属は東アジアに自生していて、アオキ属は最大で10種が記載されていますが、今後整理が進むかもしれません。
 Huang et al.,(2022)によれば、ガリア科は古第三紀にトチュウ科から分岐し、新第三紀鮮新世になって、アオキ属とガリア属を分岐したと推定されています。このことにより、新第三紀の中新世から鮮新世にかけて陸橋となっいた北の回廊ベーリンジアが失われたことにより、この2属が地理的に分離されたと解釈できます。

 APG-IV体系による植物の目一覧 


【ガリア科(Garryaceae)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
アオキ属 Aucuba
アオキ アオキ
Aucuba japonica Japanese Laurel

【文献】
Chen X, Fan L, Huang J, Zhou G and Huang Y (2021) Comparative and Phylogenetic Analyses of Complete Plastomes of Aucuba (Garryaceae), Unpublished(?), DOI: 10.21203/rs.3.rs-403712/v1, Accessed: 2023-09-23.
Burge DO (2011) Molecular Phylogenetics of Garrya (Garryaceae), Madroño, 58(4), 249-255, URL: https://www.jstor.org/stable/41702385, Accessed: 2023-09-23.
Huang Y, Fan L, Huang J, Zhou G, Chen X and Chen J (2022) Plastome Phylogenomics of Aucuba (Garryaceae), Front Genet, 13, 753719(1-7), DOI: 10.3389/fgene.2022.753719, Accessed: 2023-09-23.
The Angiosperm Phylogeny Group and others (2016) An update of the Angiosperm Phylogeny Group classification for the orders and families of flowering plants: APG IV, Botanical Journal of the Linnean Society, 181(1), 1–20, DOI: 10.1111/boj.12385, Accessed: 2023-07-11.