文献調査」カテゴリーアーカイブ

後生動物(Matazoa)の系統概要

 後生動物(Matazoa)は殆どの多細胞化した動物を含む分類群で、かつてのホイッタッカーの五界説での動物界(Animalia)に相当します。国立科学博物館では『海生無脊椎動物の世界』と称する企画展を令和6年3月12日から6月16日の期間で開催しているのですが、そこでは実際の標本や拡大模型も含めて大変わかりやすく解説していますので、この展示内容を基にもう一度系統図を作ってみました。
  この系統図(並河ら,2024)を、岡田(1957)、内田(1979)、Campbell(1987)などと比較すると、鉤頭動物門が扁形動物門へ、またユムシ動物門、星口動物門、有鬚動物門が環形動物門へ、舌形動物門が甲殻亜門へそれぞれ統合されたほか、触角動物門は解体され、甲殻動物、鋏角動物は亜門に格下げされています。この間、新しく加わったのは平板動物門、珍無腸動物門、有輪動物門、顎口動物門、微顎動物門、胴甲動物門の7門の様です。
 【動物界(Animalia)の系統概要】【真核生物(Eukaryota)の系統概要
 【シダ類】【裸子植物】【被子植物】【哺乳類】【鳥類】【昆虫類】 【節足動物】 【軟体動物


 Dunn et al.(2014)と比較すると、有頭動物(Craniata)を採用していない、冠輪動物内部の位置関係が異なる等の違いはあるものの、後生動物を34門としている点では同じです。
【後生動物(Metazoa)の系統概要】並河ら(2024)
 ┌──────────海綿動物門(Porifera)8659種:カイメン類
┌┴──────────有櫛動物門(Ctenophora)187種:ウリクラゲ
┤┌┬─────────平板動物門(Placozoa)4種:センモウヒラムシ
└┤└─────────刺胞動物門(Cnidaria)12628種:サンゴ、クラゲ、イソギンチャク
 └左右相称動物(Bilateria)
  │┌────────珍無腸動物門(Xenacoelomorpha)430種:チンウズムシ類、無腸動物
  └┤┌後口動物(Deuterostomia)
   └┤│ ┌────半索動物門(Hemichordata)103種:ギボシムシ類、筆石類(†)
    ││┌┴────棘皮動物門(Echinodermata)7550種:ウニ、ヒトデ、ナマコ
    │└┤┌────頭索動物門(Cephalochordata)33種:ナメクジウオ
    │ └┴┬───尾索動物門(Urochordata)2804種:ホヤ、サルパ
    │   └───脊椎動物門(Vertbrate)65458種
    └前口動物(Protostomia)
     │┌─────有輪動物門(Cycliophora)2種:シンビオン
     └┼─────二胚動物門(Dicyemida)107種:ニハイチュウ     ┬中世動物
      ├─────直泳動物門(Orthonectida)29種:ロパルラ      ┘(Mesozoa)
      ├─────毛顎動物門(Chaetognatha):170種ヤムシ
      ├冠輪動物上門(Spiralia)
      ││  ┌─顎口動物門(Gnathostomulida)97種:ナソストムラ  ┐
      ││ ┌┴┬微顎動物門(Micrognathozoa)1種:リムノグナシア  ├担顎動物
      ││┌┤ └輪形動物門(Rotifera)3246種:ワムシ        ┘(Gnathifera)
      │││└┬─腹毛動物門(Gastrotricha)794種:イタチムシ
      │└┤ └─扁形動物門(Platyhelminthes)29487種:プラナリア
      │ │┌──環形動物門(Annelida)17733種:ゴカイ、ミミズ、ヒル┐
      │ └┼──軟体動物門(Mollusca)84977種          │
      │  ├──紐形動物門(Nemertea)1358種:ヒモムシ       ├担輪動物
      │  ├──腕足動物門(Brachiopoda)392種:シャミセンガイ   │(Trochozoa)
      │  ├──箒虫動物門(Phoronida)16種:ホウキムシ      ┘
      │  ├──苔虫動物門(Bryozoa)6008種:コケムシ
      │  └──内肛動物門(Endoprocta)171種:スズコケムシ
      └脱皮動物上門(Ecdysozoa)
       │ ┌緩歩動物門(Tardigrada)1167種:クマムシ        ┐
       │┌┴┬有爪動物門(Onychophora)183種:カギムシ       ├汎節足動物
       └┤ └節足動物門(Arthropoda)1257040種         ┘(Panarthropod)
        ├┬──類線形動物門(Nematomorpha)339種:ハリガネムシ  ┬糸型動物
        │└──線形動物門(Nematoda)25033種:センチュウ類     ┘(Nematoida)
        │┌──胴甲動物門(Loricifera):30種コウラムシ      ┐
        └┼──鰓曳動物門(Priapulida)19種:エラヒキムシ     ├有棘動物
         └──動吻動物門(Kinorhyncha)196種:ヨロイムシ     ┘(Echinozoa)

海綿動物門(Porifera) 六放海綿綱(Hexactenellida) カイロウドウケツ目(Lyssacinosida)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
カイロウドウケツ科(Euplectellidae) カイロウドウケツ属(Euplectella)
カイロウドウケツの一種 カイロウドウケツの一種
Euplectella sp. Venus’s Flower Basket
カイロウドウケツ科(Euplectellidae) ワルテリア属(Walteria)
スギノキカイメン スギノキカイメン
Walteria leuckarti Breadcrumb Sponge

【海綿動物門(Porifera) 普通海綿綱(Demospongiae) 磯海綿目(Halichondrida)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
イソカイメン科(Halichondriidae) イソカイメン属(Halichondria)
ナミイソカイメン ナミイソカイメン
Halichondria panicea Breadcrumb Sponge
クロイソカイメン クロイソカイメン
Halichondria okadai (Breadcrumb Sponge)

有櫛動物門(Ctenophora) 無触手綱(Nuda) ウリクラゲ目(Beroida)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
ウリクラゲ科(Beroidae) ウリクラゲ属(Beroe)
アミガサクラゲ アミガサクラゲ
Beroe forskalii Comb Jelly

刺胞動物門(Cnidaria) 花虫綱(Anthozoa) 八放サンゴ亜綱(Octocorallia) ウミトサカ目(Alcyonacea)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
サンゴ科(Coralliidae) プリューロコラリウム属(Pleurocorallium)
モモイロサンゴ モモイロサンゴ
Pleurocorallium elatius Precious Coral
チヂミトサカ科(Nephtheidae) トゲトサカ属(Dendronephthya)
スエンソントゲトサカ スエンソントゲトサカ
Dendronephthya suensoni (Soft Coral)

【刺胞動物門(Cnidaria) 花虫綱(Anthozoa) 六放サンゴ亜綱(Hexacorallia) イシサンゴ目(Scleractinia)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
ミドリイシ科(Acroporidae) ミドリイシ属(Acropora)
ミドリイシ属の一種 ミドリイシ属の一種
Acropora sp. Staghorn Coral

【刺胞動物門(Cnidaria) 花虫綱(Anthozoa) 六放サンゴ亜綱(Hexacorallia) イソギンチャク目(Actiniaria)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
ウメボシイソギンチャク科(Actiniidae) キンカライソギンチャク属(Stylobates)
キンカライソギンチャク属の1種 キンカライソギンチャク属の1種
Stylobates sp. Stylobates

【刺胞動物門(Cnidaria) ヒドロ虫綱(Hydrozoa) 軟クラゲ目(Leptothecata)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
ハネガヤ科(Halopterididae) ヒゲガヤ属(Antennella)
ヒゲガヤの一種 ヒゲガヤの一種
Antennella sp. Knotted Thread Hydroid

【刺胞動物門(Cnidaria) ヒドロ虫綱(Hydrozoa) クダクラゲ目(Siphonophora)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
カツオノエボシ科(Physaliidae) カツオノエボシ属(Physalia)
カツオノエボシ カツオノエボシ
Physallia physalis Bluebottle

【刺胞動物門(Cnidaria) 鉢虫綱(Scyphozoa) 旗口クラゲ目(Semaeostomeae)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
ミズクラゲ科(Ulmaridae) ミズクラゲ属(Aurelia)
ミズクラゲ ミズクラゲ
Aurelia aurita Moon Jelly

珍無腸動物門(Xenacoelomorpha) 珍渦虫動物亜門(Xenoturbellida)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
チンウズムシ科(Xenoturbellidae) ゼノチューベラ属(Xenotubella)
ニッポンチンウズムシ ニッポンチンウズムシ
Xenotubella japonica

半索動物門(Hemichordata) 腸鰓綱(Enteropneusta)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
ギボシムシ科(Ptychoderidae) オオギボシムシ属(Balanoglossus)
ワダツミギボシムシ ワダツミギボシムシ
Balanoglossus carnosus Acorn-worms

棘皮動物門(Echinodermata) ウミユリ綱(Crinoidea) ウミユリ亜綱(Isocrinina) ウミユリ目(Isocrinida)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
ウミユリ科(Isocrinidae) プロイソクリナス属(Proisocrinus)
ムーランルージュ ムーランルージュ
Proisocrinus ruberrimus Moulin Rouge

【棘皮動物門(Echinodermata) クモヒトデ綱(Ophiuroidea) ハナビラクモヒトデ目(Amphilepidida)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
ハナクモヒトデ科(Hemieuryalidae) ニホンクモヒトデ属(Ophioplocus)
ニホンクモヒトデ ニホンクモヒトデ
Ophioplocus japonicus Japanese Smooth Brittle Star

【棘皮動物門(Echinodermata) ヒトデ綱(Asteroidea) マヒトデ目(Forcipulatida)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
マヒトデ科(Asteriidae) ヤツデヒトデ属(Coscinasterias)
ヤツデヒトデ ヤツデヒトデ
Coscinasterias acutispina Yatsude Sea Star

【棘皮動物門(Echinodermata) ウニ綱(Echinoidea) タコノマクラ目(Clypeasteroida)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
タコノマクラ科(Clypeasteridae) タコノマクラ属(Clypeaster)
タコノマクラ タコノマクラ
Clypeaster japonicus Japanese Sea Biscuit

頭索動物門(Cephalochordata) ナメクジウオ綱(Leptocardia) ナメクジウオ目(Amphioxi)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
ナメクジウオ科(Branchiostomatidae) オナガナメクジウオ属(Asymmetron)
ゲイコツナメクジウオ ゲイコツナメクジウオ
Asymmetron inferum Whale-fall Lancelet

尾索動物門(Urochordata) 尾索動物亜門(Urochordata) 被嚢綱(Ascidiacea) マボヤ目(Pleurogona)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
マボヤ科(Pyuridae) マボヤ属(Halocynthia)
マボヤ マボヤ
Halocynthia roretzi Sea Pineapple
マボヤ科(Pyuridae) ベニボヤ属(Herdmania)
ベニボヤ ベニボヤ
Herdmania momus Red-throated Ascidian
シロボヤ科(Styelidae) エボヤ属(Styela)
エボヤ エボヤ
Styela clava Stalked Sea Squirt
シロボヤ科(Styelidae) コバンイタボヤ属(Symplegma)
コバンイタボヤ コバンイタボヤ
Symplegma reptans Colonial Tunicate

【尾索動物門(Urochordata) 尾索動物亜門(Urochordata) 被嚢綱(Ascidiacea) マメボヤ目(Enterogona)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
ポリクリニ科(Polyclinidae) マンジュウボヤ属(Aplidium)
マンジュウボヤ マンジュウボヤ
Aplidium pliciferum Colonial Sea Squirt
ナツメボヤ科(Ascidiidae) ザラボヤ属(Ascidiella)
マヨーロッパザラボヤ ヨーロッパザラボヤ
Ascidiella aspersa European Sea Squirt

毛顎動物門(Chaetognatha) 現生矢虫綱(Sagittidae) 無膜筋目(Aphragmorphora)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
ヤムシ科(Sagittidae) ベドートヤムシ属(Zonosagitta)
エンガンヤムシ エンガンヤムシ
Zonosagitta nagae Arrow Worm

扁形動物門(Platyhelminthes) 渦虫綱(Turbellaria) ヒラムシ目(Polycladida)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
ツノヒラムシ科(Planoceridae) ツノヒラムシ属(Planocera)
オオツノヒラムシ オオツノヒラムシ
Planocera multitentaculata Ootsunohiramushi

【扁形動物門(Platyhelminthes) 条虫綱(Cestoda) 真性条虫亜綱(Eucestoda) 裂頭条虫目(Diphyllobothriidea)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
裂頭条虫科(Diphyllobothriidae) 裂頭条虫属(Diphyllobothrium)
鯨複殖門条虫 鯨複殖門条虫
Diphyllobothrium balaenopterae Broad Tapeworm

環形動物門(Annelida) 多毛綱(Polychaeta) サシバゴカイ目(Phyllodocida)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
ゴカイ科(Nereididae) カワゴカイ属(Hediste)
アリアケカワゴカイ アリアケカワゴカイ
Hediste japonica Ragworm

【環形動物門(Annelida) 多毛綱(Polychaeta) イソメ目(Eunicida)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
イソメ科(Eunicidae) イソメ属(Eunice)
オニイソメ オニイソメ
Eunice aphroditois Bobbit Worm

【環形動物門(Annelida) 多毛綱(Polychaeta) 定在亜綱(Sedentaria) ケヤリムシ目(Sabellida)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
ケヤリムシ科(Valenciniidae)
ケヤリムシ科の一種 ケヤリムシ科の一種
Sabellidea gen. sp. (Feather Duster Worms)
カンザシゴカイ科(Serpulidae) イバラカンザシ属(Spirobranchus)
ヤッコカンザシ ヤッコカンザシ
Spirobranchus akitsushima Syn. Spirobranchus kraussii Christmas Tree Worm

軟体動物門(Mollusca) 多板綱(Polyplacophora) 新ヒザラガイ目(Neoloricata)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
ケハダヒザラガイ科(Acanthochitonidae) クリプトチトン属(Crytochiton)
オオバンヒザラガイ オオバンヒザラガイ
Crytochiton stelleri Gumboot Chiton

【軟体動物門(Mollusca) 二枚貝綱(Bivalvia) 異歯亜綱(Heterodonta) マルスダレガイ目(Veneroida)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
ザルガイ科(Cardiidae) オオシャコ属(Tridacna)
オオシャコガイ オオシャコガイ
Tridacna gigas Giant Clam

【軟体動物門(Mollusca) 二枚貝綱(Bivalvia) 翼形亜綱(Pteriomorphia) イガイ目(Mytiloida)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
イガイ科(Mytilidae) イガイ属(Mytilus)
ムラサキイガイ ムラサキイガイ
Mytilus galloprovincialis Mediterranean Mussel

【軟体動物門(Mollusca) 腹足綱(Gastropoda) 笠型腹足亜綱(Patellogastropoda) カサガイ目(Patellida)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
イガイ科(Mytilidae) アオガイ属(Nipponacmea)
クサイロアオイガイ クサイロアオイガイ
Nipponacmea fuscoviridis (Rough Limpet)

【軟体動物門(Mollusca) 腹足綱(Gastropoda) 正腹足亜綱(Orthogastropoda) 裸鰓目(Nudibranchia)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
ヨツスジミノウミウシ科(Facelinidae) ムカデミノウミウシ属(Pteraeolidia)
ムカデミノウミウシ ムカデミノウミウシ
Pteraeolidia semperi Blue Dragon

【軟体動物門(Mollusca) 腹足綱(Gastropoda) 正腹足亜綱(Orthogastropoda) アメフラシ型目(Aplysiomorpha)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
アメフラシ科(Valenciniidae) アメフラシ属(Aplysia)
アメフラシ アメフラシ
Aplysia kurodai Kuroda’s Sea Hare

紐形動物門(Nemertea) 担帽綱(Pilidiophora) 異紐虫目(Heteronemertea)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
バレンシニア科(Valenciniidae) ヒモムシ属(Baseodiscus)
サナダヒモムシ サナダヒモムシ
Baseodiscus hemprichii Dark-striped Ribbon Worm

【紐形動物門(Nemertea) 担帽綱(Pilidiophora) 異紐虫目(Heteronemertea)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
リネウス科(Lineidae) セレブラトゥルス属(Cerebratulus)
オロチヒモムシ オロチヒモムシ
Cerebratulus orochi (Ribbon Worm)

腕足動物門(Brachiopoda) 有関節綱(Rhynchonellata) テレブラタリア目(Terebratulida)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
テレブラタリア科(Terebrataliidae) テレブラタリア属(Terabratalia)
カメホウズキチョウチン カメホウズキチョウチン
Terabratalia coreanica (Lamp Shell)

箒虫動物門(Phoronida) 箒虫綱(Phoronidea)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
ホウキムシ科(Phoronidae) フォロニス属(Phoronis)
アマクサホウキムシ アマクサホウキムシ
Phoronis emigi (Phoronid)

苔虫動物門(外肛動物門)(Bryozoa) 裸喉綱(Gymnolaemata) 唇口目(Cheilostomatida)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
アミコケムシ科(Phidoloporidae) イディクチウム属(Iodictyum)
シモダアミガイ シモダアミガイ
Iodictyum shimodai Lace Bryozoan

有爪動物門(Onychophora) カギムシ目(Euonychophora)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
ペリパツス科(Peripatidae) エピペリパトゥス属(Epiperipatus)
バルバドスカギムシ バルバドスカギムシ
Epiperipatus barbadensis Velvet Worm

節足動物門(Arthropoda) 軟甲綱(Malacostraca) 十脚目(Decapoda)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
クモガニ科(Majidae) タカアシガニ属(Macrocheira)
タカアシガニ タカアシガニ
Macrocheira kaempferi Japanese Spider Crab
イセエビ科(Palinuridae) イセエビ属(Panulirus)
イセエビ イセエビ
Panulirus japonicus Japanese Spiny Lobster
イワガニ科(Grapsiidae) ショウジンガニ属(Guinusia)
ショウジンガニ ショウジンガニ
Guinusia dentipes Shore Crab

【節足動物門(Arthropoda) 軟甲綱(Malacostraca) 真軟甲亜綱(Eumalacostraca)) 等脚目(Isopoda)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
スナホリムシ科(Cirolanidae) オオグソクムシ属(Bathynomus)
オオグソクムシ オオグソクムシ
Bathynomus doederieini Deep-sea Giant Isopod
ウオノエ科(Cymothoidae) ヒゲブトウオノエ属(Ceratothoa)
タイノエ タイノエ
Ceratothoa verrucosa Cymothoid Isopod

【節足動物門(Arthropoda) 軟甲綱(Malacostraca) 鞘甲亜綱(Thecostraca) 蔓脚下綱(Cirripedia) 無柄目(Sessilia)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
クロフジツボ科(Tetraclitidae) クロフジツボ属(Tetraclita)
クロフジツボ クロフジツボ
Tetraclita japonica Japanese Volcano Barnacle

【節足動物門(Arthropoda) 軟甲綱(Malacostraca) 鞘甲亜綱(Thecostraca) 蔓脚下綱(Cirripedia)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
フクロムシの一種
フクロムシの一種 フクロムシの一種
Rhizocephalan Baranacles

類線形動物門(Nematomorpha) ハリガネムシ綱(Gordioidea) ハリガネムシ目(Gordioidea)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
ザラハリガネムシ科(Chordodidae) ザラハリガネムシ属(Chordodes)
ニホンザラハリガネムシ ニホンザラハリガネムシ
Chordodes japonensis Horsehair Worm

線形動物門(Nematoda) 双腺綱(Secernentea) 回虫目(Ascaridida)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
アニサキス科(Anisakidae) ザラアニサキス属(Anisakis)
広義のアニサキス 広義のアニサキス
Anisakis simplex sensu lato Herring Worm

胴甲動物門(Loricifera)

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
ナナロリクス属(Nanaloricus)
コウラムシ(約600倍の模型) コウラムシ(約600倍の模型)
Nanaloricus mysticus Brush heads

鰓曳動物門(Priapulida) プリアプルス目(Priapulimorpha)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
プリアプルス科(Priapulidae) エラヒキムシ属(Priapulus)
フタツエラヒキムシ フタツエラヒキムシ
Priapulus bicaudatus Penis Worm

動吻動物門(Kinorhyncha) 円蓋綱(Cyclorhagida) ミツオトゲカワ目(Kentrorhagata)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
ミツオトゲカワ科(Centroderidae) ザラトゲカワ属(Condyloderes)
ザラトゲカワ属(約500倍の模型) ザラトゲカワ属(約500倍の模型)
Condyloderes rohalorum Hadal Mud Dragons

【文献】
並河洋・小松浩典・中江雅典 (2024 )企画展知られざる海生無脊椎動物の世界、26p、国立科学博物館、東京.
Dunn CW, Giribet G, Edgecombe GD and Hejnol A (2014) Animal Phylogeny and Its
Evolutionary Implications, Ann Rev Ecol Evol Syst, 45, 371-395, DOI: 10.1146/annurev-ecolsys-120213-091627, Accessed: 2024-02-22.
A.キャンベル編 (1987) 動物大百科14水生生物、平凡社、東京.
内田亨監修 (1979) 新編日本動物圖鑑、793p, 北龍館、東京.
岡田要 (1957) 原色動物大圖鑑Ⅳ、46+247+32p、北龍館、東京.
Eitel M, Francis WR, Osigus H-J, Krebs S, Vargas S,Blum H, Williams GA, Schierwater B and Wörheide G (2017) A taxogenomics approach uncovers a new genus in the phylum Placozoa , bioRxiv, doi.org/10.1101/202119, Acceseed: 2024-03-23.
Hejnol A and Pang K (2016) Xenacoelomorpha’s significance for understanding bilaterian evolution, Cur Opinion Gen Dev , 39:48–54, 10.1016/j.gde.2016.05.019, Accessed: 2024-03-23.
Kristensen RM (2002) Cycliophora, Encyclopedia of Life Science, John Wiley & Sons, Accessed: 2024-03-23.
Kristensen RM (1983) Loricifera, a new phylum which Aschelminthes characters from the meiobenthos, Zool Sysr Evolt -forsch, 21, 163-180, DOI: 10.1111/j.1439-0469.1983.tb00285.x, Accessed: 2024-03-23.

哺乳類の系統概要

 哺乳綱のうち有胎盤類の分類については、形態や遺伝子だけでなく大陸移動に関する研究成果を踏まえた整理が進んでいますが、旧食虫目および周辺の絶滅種の再構成が進んだことを除けば、驚くような変化はこの半世紀でもなかったようです。
 一方、ゴンドワナ大陸で放散した単孔目と旧有袋目および周辺の絶滅種については分類階級の見直し(格上げ)も含めて大幅な再構成が進められていて、未だに系統関係の未解決事項が多く残されています。
 【真核生物】【シダ類】【裸子植物】【被子植物】【鳥類】【魚類】【昆虫類】【節足動物】【軟体動物


【有胎盤類(Placentalia)の系統概要】Asher and Helgen(2010)

 鯨類は30年以上前から鯨類研究者の間で囁かれていた通りに、偶蹄類に近いことが受け入れられて、カバの姉妹群として位置づけられています。国立科学博物館で丁度今日から3ヶ月間の予定で開催される大哺乳類展3での系統図と比較しても、近蹄類とテティス獣類の扱い、翼手目の位置など、細部には多少の違いがありましたが、大枠は同じでした。
後獣下綱(Metatheria):有袋類など
└真獣下綱(Eutheria)
 └┬白亜紀の真獣類(Cretaceous Eutheria)(†)
  └有胎盤類(Placentalia)
   ├大西洋類(Atlantogenata)
   │└┬異節上目(Xenarthra):アルマジロ、ナマケモノ、アリクイ
   │ └アフリカ獣上目(Afrotheria)
   │  │┌┬近蹄類(Paenungulata)
   │  │││└岩狸目(Hiracoidea):ハイラックス
   │  ││└テティス獣類(Tethytheria)
   │  └┤ └┬長鼻目(Proboscidea):ゾウ
   │   │  └海牛目(Sirenia):ジュゴン、マナティー
   │   └┬アフリカ食虫類(Afroinsectiphilia)
   │    │└管歯目(Orycteropus):ツチブタ
   │    └アフリカトガリネズミ目(Tenrecoidea)
   │     │└ハネジネズミ目(Macroscelididae)
   │     └┬キンモグラ科(Chrysochloridae)
   │      └テンレック科(Tenrecidae)
   └北方真獣類(Boreoeutheria)
    │┌真主齧上目(Euarchontoglires)
    └┤├アーコンタ(Archonta)
     ││└┬スンダテリア(Sundatheria)
     ││ │└┬皮翼目(Dermoptera):ヒヨケザル
     ││ │ └登攀目(Scandentia):ツパイ
     ││ └霊長目(Primates):ヒト、サル
     │└グリレス大目(Glires)
     │ └┬ウサギ目(Lagomorpha):ウサギ
     │  └齧歯目(Rodentia):ネズミ
     └ローラシア獣上目(Laurasiatheria)
      ├無盲腸目(Lipotyphla)
      │└┬ソレノドン科(Solenodon)
      │ └┬モグラ科(Talpidae)
      │  └┬ハリネズミ科(Erinaceidae)
      │   └トガリネズミ科(Soricidae)
      └陰嚢類(Scrotifera)
       │ ┌有蹄大目(Euungulata)
       │ ││┌偶蹄目(Artiodactyla)
       │┌┤│││┌核脚亜目(Tylopoda):ラクダ、アルパカ
       │││└┤└┤┌猪豚亜目(Suina):イノシシ、ペッカリー
       └┤│ │ └┤┌反芻亜目(Ruminantia)
        ││ │  └┤:キリン、ウシ、シカ、ヤギ、ヒツジ、レイヨウ
        ││ │   └鯨河馬形類(Whippomorpha)
        ││ │    └┬カバ属(Hippoptamus)
        ││ │     └鯨目(Cetacea)
        ││ └奇蹄目(Perissodactyla):ウマ、バク、サイ
        │└翼手目(Chiroptera):コウモリ
        └広獣類(Ferae)
         └┬鱗甲目(Pholidota):センザンコウ
          └食肉目(Carnivora):イヌ、ネコ

【後獣下綱(Metatheria)の系統概要】Eldridge et al.(2019)
 後獣下綱は有袋類以外は絶滅しているので、現生種に限れば後獣下綱=有袋上目です。有袋類のかつての科は目に格上げされる方向で提案されていますが、目以下の系統図にコンセンサスが得られるにはまだ時間がかかるのかも知れません。

デルタテリディウム目(Deltatheroida)(†)
有袋形類(Marsupialiformes)(†) incertae sedis=地位未定
ポリドロピモルフィア目(Polydolopimorphia)(†)
砕歯目(Sparassodonta)(†)
有袋上目(Marspialia)─→
 アルギロラゴイデア上科(Argyrolagoidea)(†)
 オポッサム形目(Didelphimorphia)
 少丘歯目(Paucituberculata):ケノレステス類
オーストラリア有袋大目(Australidelphia)
 フクロネコ形目(Dasyuromorphia)
 双前歯目(Diprotodontia):コアラ、カンガルー
 ミクロビオテリウム目(Microbiotheria):チロエオポッサム
 フクロモグラ形目(Notoryctemorphia)
 バンディクート形目(Peramalemorphia)

【有袋上目(Marsupialia)の系統概要】Beck et al.(2022)
 原報では化石種も含まれていますが、ここでは最近の絶滅(†)以外は絶滅種を除いて引用しました。

 ┌┬セスジウーリーオポッサム(Caluromysiops irrupta)
┌┤└ウーリーオポッサム属(Cauromys spp.)
││┌フサオオポッサム(Glironia venusta)
┤└┤┌カリノースキーマウスオポッサム(Hyladdelphys kalinowskii)
│ └┤  ┌┬ハイイロマウスオポッサム(Tlacuatzin canescens)
│  │ ┌┤└コモンモルモットオポッサム(Marmosa murina)
│  │┌┤└ジネズミオポッサム属(Monodelphis spp.)
│  │││┌チャイロオポッサム(Metachirus nudicaudatus)
│  ││└┤┌ミズオポッサム(Chironectes minimus)
│  └┤ └┤┌イタチオポッサム(Lutreolina crassicaudata)
│   │  └┴┬ヨツメオポッサム属(Philander spp.)
│   │    └オポッサム属(Didelphis spp.)
│   │┌ホソマウスオポッサム属(Marmosops spp.)
│   └┤┌┬オブトマウスオポッサム属(Thylamys spp.)
│    └┤└パタゴニアオポッサム属(Lestodelphys spp.)
│     │┌コアシマウスオポッサム属(Gracilinanus spp.)
│     └┴┬ウンドゥアヴィグラシルオポッサム(Cryptonanus unduaviensis)
│       └ハレギマウスオポッサム(Chacodelphys formosa)
│ ┌インカイタチネズミオポッサム(Lestoros inca)
│┌┴┬チリケノレステス(Rhyncholestes raphanurus)
││ └ケノレステス属(Caenolestes spp.)
└┤ ┌フクロモグラ(Notoryctes typhlops)
 │┌┤ ┌ブタアシバンディクート属(Chaeropus spp.)(†)
 │││┌┤┌ミミナガバンディクート(Macrotis lagotis)
 └┤└┤└┤┌┬ヒガシシマバンディクート(Perameles gunnii)
  │ │ └┤└シモフリコミミバンディクート(Isoodon macrourus)
  │ │  │┌ラフレーバンディクート(Perorytes raffrayana)
  │ │  └┤┌Eastern Striped Bandicoot(Microperoryctes ornata)
  │ │   └┴┬セラムバンディクート(Rhynchomeles prattorum)
  │ │     └トゲバンディクート属 (Echymipera spp.)
  │ │┌フクロオオカミ(Thylacinus cynocephalus)(†)
  │ └┤┌フクロアリクイ(Myrmecobius fasciatus)
  │  └┤ ┌プラニガーレ属(Planigale spp.)
  │   │┌┤┌ニンガウイ属(Ningaui spp.)
  │   └┤└┴┬ファットテール ダンナート(Sminthopsis crassicaudata)
  │    │  └フクロトビネズミ(Antechinomys laniger)
  │    │ ┌アンテキヌス属(Antechinus spp.)
  │    │┌┤┌パプアヒメフクロネコ(Phascogale tapoatafa)
  │    ││└┤┌┬ヒロオビフクロマウス(Paramurexia rothschildi)
  │    └┤ └┤└ハベマフクロネコ(Micromurexia hageni)
  │     │  │┌ベルベットアンテキヌス(Murexechinus melanurus)
  │     │  └┴┬ハナナガフクロネコ(Phascomurexia naso)
  │     │    └オナガフクロマウス(Murexia longicaudata)
  │     │ ┌┬セスジフクロマウス(Phascolosorex dorsalis)
  │     │┌┤└ツメナガフクロマウス(Neophascogale lorentzii)
  │     ││└┬タスマニアデビル(Sarcophilus harrisii)
  │     └┤ └フクロネコ属(Dasyurus spp.)
  │      │┌オブトアンテキヌスモドキ(Pseudantechinus macdonnellensis)
  │      └┤┌┬ディブラー(Parantechinus apicalis)
  │       └┤└ミスジフクロマウス属(Myoictis spp.)
  │        │┌コアカアンテキヌス (Dasykaluta rosamondae)
  │        └┴┬オオネズミクイ(Dasyuroides byrnei)
  │          └ネズミクイ(Dasycercus cristicauda)
  │┌チロエオポッサム(Dromiciops gliroides)
  └┤ ┌コアラ(Phascolarctos cinereus)
   │┌┴┬ウォンバット(Vombatus ursinus)
   └┤ └ケバナウォンバット属(Lasiorhinus spp.)
    │ ┌┬フクロモモンガ属(Cercarteus spp.)
    │┌┤└ブーラミス(Burramys parvus)
    │││┌┬オポッサムモドキ(Wyulda squamicaudata)
    └┤└┤└フクロギツネ(Trichosurus vulpecula)
     │ │┌┬ブチクスクス(Spilocuscus maculatus)
     │ └┤└クスクス属(Phalanger spp.)
     │  └┬ヒメクスクス(Strigocuscus celebensis)
     │   └クロクスクス(Ailurops ursinus)
     │  ┌┬ニセフクロモモンガ(Distoechurus pennatus)
     │ ┌┤└チビフクロモモンガ(Acrobates pygmaeus)
     │ ││┌フクロミツスイ(Tarsipes rostratus)
     │ │└┤┌フクロモモンガ(Peaturus breviceps)
     │┌┤ └┤┌フクロモモンガダマシ(Gymnobelideus leadbeateri)
     │││  └┴┬フクロシマリス(Dactylopsila trivirgata)
     └┤│    └ユビナガフクロシマリス(Dactylonax palpator)
      ││ ┌キミドリリングテイル(Pseudochirops archeri)
      ││┌┴┬ロックリングテールオポッサム(Petropseudes dahli)
      │└┤ └クロアシリングテイル(Pseudochirops cupreus)
      │ │┌┬キンイロリングテイル(Pseudochirulus canescens)
      │ └┤└ハイイロリングテイル(Pseudocheirus peregrinus)
      │  └┬フクロムササビ (Petauroides volans)
      │   └トビリングテイル(Hemibelideus lemuroides)
      │┌ニオイネズミカンガルー(Hypsiprymnodon moschatus)
      └┤ ┌┬ハナナガネズミカンガルー(Protorous tridactylus)
       │┌┤└サバクネズミカンガルー(Caloprymnus campestris)
       ││└┬フサオネズミカンガルー属(Bettongia spp.)
       └┤ └アカネズミカンガルー(Aepyprymnus rufescens)
        │┌シマウサギワラビー(Lagostrophus fasciatus)
        └┤┌┬ヤマドルコプシス(Dorcopsulus vanheurni)
         ││└ドルコプシス属(Dorcopsis spp.)
         └┤┌┬ヤブワラビー属(Thylogale spp.)
          ││└┬イワワラビー属(Petrogale spp.)
          └┤ └キノボリカンガルー属(Dendrolagus spp.)
           │┌┬クアッカワラビー(Setonix brachyurus)
           └┤└スナイロツメオワラビー(Onychogales unguifera)
            └┬メガネウサギワラビー(Lagorchestes conspicillatus)
             └┬オグロワラビー(Wallabia bicolor)
              └┬ワラビー属(Notamacropus spp.)
               └┬ケナガワラビー(Osphranter robustus)
                └カンガルー属(Macropus spp.)

【哺乳類周辺の系統概要】Celik and Phillips (2020)
 主として化石種(†)の系統図です。こうしてみると過去の環境変動を生き延びる事が出来なかった種の多いことに改めて気づきます。これらの滅亡とK/Pg境界大絶滅との関係、つまり新生代に入る前だったか後だったかについては、個別に検討が続けられている様です。

┌単弓綱(Synapsida)
┤├キノドン類(Cynodontia)┬トリナクソドン属(Thrinaxodon)(†)
││           └パキゲネルス属(Pachygenelus)(†)
│└獣弓類(Therapsida)シノコノドン属(Sinoconodon)(†)
│┌哺乳形類(Mammaliaformes)
││└モルガヌコドン目(Morganucodonta)
└┤ └┬モルガヌコドン属(Morganucodon)(†)
 │  └メガゾストロドン属(Megazostrodon(†)
 │┌異獣亜綱(Allotheria)
 └┤└ハラミヤ目(Haramiyida)(†)
  └┬単丘綱(Synapsida)哺乳形類(Mammaliaformes)
   │└梁歯目(Docodonta)(†)
   │ │┌ハルダノドン属(Haldanodon)(†)
   │ └┴┬ドコドント属(Docofossor)(†)
   │   └アギロドコドン属(Agilodocodon)(†)
   └獣形類(Theriimorpha)
    │┌真三錐歯目(Eutriconodonts)
    │││┌ジェホロデンス属(Jeholodens)(†)
    └┤├┴ヤノコノドン属(Yanoconodon)(†)
     ││┌スピノレステス属(Spinolestes)(†)
     │└┴┬ゴビコノドン属(Gobiconodon)(†)
     │  └レペノマムス属(Repenomamus)(†)
     └哺乳綱(Mammalia)
      └┬原獣亜綱(Australophenida)
       │└┬アスファルトミロス属(Asfaltomylos)(†)
       │ └┬アンボロンドロ属(Ambondro)(†)
       │  └┬ビショップス属(Bishops)(†)
       │   └┬アウスクトリボスフェノス属(Ausktribosphenos)(†)
       │    └┬テイノロフォス属(Teinolophos)(†)
       │     └┬ステノポドン属(Stenopodon)(†)
       │      └┬クリオリクテス属(Kryoryctes)(†)
       │       └┬オブドゥロドン属(Obdurodon)(†)┐
       │        └┬カモノハシ属(Ornithorhynchus)├単孔目
       │         └ハリモグラ属(Tachyglossus)  ┘(Monotremata)
       └獣型亜綱(Theriiformes)
        └┬多丘歯目(Multituberculata)
         │└┬キモロドン亜目(Cimolodontans)
         │ └┬シノバアタル属(Sinobaatar)(†)
         │  └┬プラギアウラクス類(Plagiaulacids)(†)
         │   └┬ルゴソドン属(Rugosodon)(†)
         │    └クエネオドン属(Kuehneodon)(†)
         └トレクノテリア(Trechnotheria)(†)
          │┌スパラコテリオイデア上科(Spalacotherioidea)
          └┤└┬ツァンヘオテリウム属(Zhangheotherium)(†)
           │ └マオテリウム属(Maotherium)(†)
           └┬ヘンケロテリウム属(Henkelotherium)(†)
            └┬ビンセレステス属(Vincelestes)(†)
             └獣亜綱(Theria):単孔目以外の現生哺乳類
              │ ┌ザラムデレステス属(Zalambdelestes)(†)
              │┌┴レプティクティス属(Leptictis)(†)
              └┤ ┌ウカアテリウム属(Ukhaatherium)(†)
               │┌┤┌ケンナーレステス属(Kennalestes)(†)
               └┤└┴アジオリクテス属(Asioryctes)(†)
                │┌デルタテリディウム属(Deltatheridium)(†)
                └┴┬アジアテリウム属(Asiatherium)(†)
                  └┬マユレステス属(Mayulestes)(†)
                   └┬プカデルフィス属(Pucadelphys)(†)
                    └アンディノデルフィス属(Andinodelphys)(†)

【哺乳綱(Mammalia) 後獣下綱(Metatheria) 有袋上目(Marsupialia) 双前歯目(Diprotodontia) ウォンバット型亜目(Vombatiformes)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
コアラ科(Phascolarctidae) コアラ属 Phascolarctos
コアラ コアラ
Phascolarctos cinereus Koala
ウォンバット科(Vombatidae) ウォンバット属 Vombatus
コモンウォンバット コモンウォンバット
Vombatus ursinus Common Wombat
カンガルー科(Macropodidae) カンガルー属 Macropus
オオカンガルー オオカンガルー
Macropus giganteus Eastern Grey Kangaroo
オオカンガルー(アルビノ個体) オオカンガルー(アルビノ個体)
Macropus giganteus Eastern Grey Kangaroo (albino)
パルマワラビー パルマワラビー
Macropus parma Parma Wallaby
ベネットワラビー ベネットワラビー
Macropus rufogriseus Bennet’s Wallaby

【哺乳綱(Mammalia) 真獣下綱(Eutheria) アフリカ獣上目(Afrotheria) 長鼻目(Proboscidea)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
ゾウ科(Elephantidae) アジアゾウ属 Elephas
アジアゾウ アジアゾウ
Elephas maximus Asian Elephant
インドゾウ インドゾウ
Elephas maximus indicus Indian Elephant
ゾウ科(Elephantidae) パレオロクソドン属 Palaeoloxodon
ナウマンゾウ(†) ナウマンゾウ
Palaeoloxodon naumanni Asian Straight-tusked Elephant

【哺乳綱(Mammalia) 真主齧上目(Euarchontoglires) 霊長目(Primates) 直鼻亜目(Haplorrhini) 真猿型下目(Simiiformes) ヒト上科(Hominoidea)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
テナガザル科(Hylobatidae) テナガザル属 Hylobates
シロテナガザル シロテナガザル
Hylobates lar White-handed Gibbon

【哺乳綱(Mammalia) 真主齧上目(Euarchontoglires) 霊長目(Primates) 直鼻亜目(Haplorrhini) 真猿型下目(Simiiformes) オマキザル上科( Ceboidea)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
クモザル科(Vombatidae) クモザル属 Ateles
ジェフロイクモザル ジェフロイクモザル
Ateles geoffroyi Geoffroy’s Spider Monkey
オマキザル科(Cebidae) リスザル属 Saimiri
リスザル リスザル
Saimiri sciureus Squirrel Monkey

【哺乳綱(Mammalia) 真主齧上目(Euarchontoglires) 齧歯目(Rodentia) ヤマアラシ形亜目(Hystricomorpha) ヤマアラシ顎下目(Hystricognathi)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
テンジクネズミ科(Caviidae) マーラ属 Dolichotis
マーラ マーラ
Dolichotis patagonum Patagonian Mara
テンジクネズミ科(Caviidae) カピバラ属 Hydrochoerus
カピバラ カピバラ
Hydrochoerus hydrochaeris Capybara

【哺乳綱(Mammalia) 真主齧上目(Euarchontoglires) 齧歯目(Rodentia) リス形亜目(Sciuromorpha) リス下目(Sciurida)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
リス科(Sciuridae) タイワンリス亜科(Callosciurinae)ハイガシラリス属 Callosciurus
クリハラリス(タイワンリス) クリハラリス(タイワンリス)
Callosciurus erythraeus thaiwanensis Taiwan Squirrel
リス科(Sciuridae) ジリス亜科 (Xerinae)プレーリードッグ属 Cynomys
プレーリードック プレーリードック
Cynomys sp. Prairie Dog

【哺乳綱(Mammalia) ローラシア獣上目(Laurasiatheria) 真無盲腸目(Eulipotyphla) モグラ上科(Talpoidea)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
モグラ科(Talpidae)ヒミズ属 Urotrichus
ヒミズ ヒミズ
Urotrichus talpoides Japanese Shrew Mole

【哺乳綱(Mammalia) ローラシア獣上目(Laurasiatheria) 鯨偶蹄目(Cetartiodactyla) 核脚亜目(Tylopoda) ラクダ上科(Cameloidea)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
ラクダ科(Camelidae)ビクーニャ属 Vicugna
アルパカ アルパカ
Vicugna pacos Alpaca

【哺乳綱(Mammalia) ローラシア獣上目(Laurasiatheria) 鯨偶蹄目(Cetartiodactyla) 反芻亜目(Ruminantia) 真反芻下目(Pecora) キリン上科(Giraffoidea)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
プロングホーン科(Antilocapridae)プロングホーン属 Antilocapra
プロングホーン プロングホーン
Antilocapra americana Pronghorn
キリン科(Giraffidae)キリン属 Giraffa
アミメキリン アミメキリン
Giraffa camelopardalis reticulata Reticulated Giraffe
キリン科(Giraffidae)オカピ属 Okapia
オカピ オカピ
Okapia johnstoni Okapi

【哺乳綱(Mammalia) ローラシア獣上目(Laurasiatheria) 鯨偶蹄目(Cetartiodactyla) 反芻亜目(Ruminantia) 真反芻下目(Pecora) シカ上科(Cervidea)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
シカ科(Cervidae) シカ亜科(Cervinae)シカ属 Cervus
ホンシュウジカ ホンシュウジカ
Cervus nippon centralis Japanese Sika Deer

【哺乳綱(Mammalia) ローラシア獣上目(Laurasiatheria) 鯨偶蹄目(Cetartiodactyla) 反芻亜目(Ruminantia) 真反芻下目(Pecora) ウシ上科(Bovoidea)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
ウシ科(Bovidae) ヤギ亜科(Caprinae)ヤギ属 Capra
ヤギ ヤギ
Capra hircus Goat
ウシ科(Bovidae) ヤギ亜科(Caprinae)カモシカ属 Capricornis
ニホンカモシカ ニホンカモシカ
Capricornis crispus Japanese Serow
ウシ科(Bovidae) ヤギ亜科(Caprinae)ヒツジ属 Ovis
ヒツジ・サフォーク種 ヒツジ・サフォーク種
Ovis aries ‘Suffolk’ Sheep ‘Suffolk’ (Scottish Blackface)
オオツノヒツジ ヒツジ・サフォーク種
Ovis canadensis Bighorn Sheep
ウシ科(Bovidae) ヤギ亜科(Caprinae)バーラル属 Pseudois
スーチョワンバーラル スーチョワンバーラル
Pseudois nayaur szechuanensis Chinese Blue Sheep
ウシ科(Bovidae) ブルーバック亜科(Hippotraginae)オリックス属 Oryx
アラビアオリックス アラビアオリックス
Oryx leucoryx Arabian oryx

【哺乳綱(Mammalia) ローラシア獣上目(Laurasiatheria) 鯨偶蹄目(Cetartiodactyla) 鯨河馬形亜目(Whippomorpha) 鯨下目(Cetacea) ナガスクジラ上科(Balaenopteridea)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
ナガスクジラ科(Balaenopteridae)ナガスクジラ属 Balaenoptera
シロナガスクジラ(模型) シロナガスクジラ
Balaenoptera musculus Blue Whale

【哺乳綱(Mammalia) ローラシア獣上目(Laurasiatheria) 鯨偶蹄目(Cetartiodactyla) 鯨河馬形亜目(Whippomorpha) 鯨下目(Cetacea) マイルカ上科(Delphinoidea)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
マイルカ科(Delphinidae)カマイルカ属 Lagenorhynchus
カマイルカ カマイルカ
Lagenorhynchus obliquidens Pacific White-sided Dolphin
マイルカ科(Delphinidae)ハンドウイルカ属 Tursiops
ハンドウイルカ ハンドウイルカ
Tursiops truncatus Bottlenose Dolphin
イッカク科(Monodontidae)シロイルカ属 Delphinapterus
シロイルカ シロイルカ
Delphinapterus leucas Beluga

【哺乳綱(Mammalia) ローラシア獣上目(Laurasiatheria) 奇蹄目(Perissodactyla) ウマ形亜目(Hippomorpha) ウマ上科(Equoidea)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
ウマ科(Equidae)ウマ属 Equus
ポニー ポニー
Equus caballus Pony (a small type of horse)

【哺乳綱(Mammalia) ローラシア獣上目(Laurasiatheria) 奇蹄目(Perissodactyla) 有角亜目(Ceratomorpha) バク上科(Tapiroidea)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
バク科(Tapiridae)バク属Tapirus
ブラジルバク ブラジルバク
Tapirus terrestris Brazilian Tapir

【哺乳綱(Mammalia) ローラシア獣上目(Laurasiatheria) 奇蹄目(Perissodactyla) 有角亜目(Ceratomorpha) サイ上科(Rhinocerotoidea)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
サイ科(Rhinocerotidae)シロサイ属Ceratotherium
シロサイ シロサイ
Ceratotherium simum White Rhinoceros
サイ科(Rhinocerotidae)クロサイ属Diceros
ヒガシクロサイ ヒガシクロサイ
Diceros bicornis michaeli Eastern Black Rhinoceros

【哺乳綱(Mammalia) ローラシア獣上目(Laurasiatheria) 食肉目(Carnivora) イヌ型亜目(Caniformia) クマ下目(Arctoidea) イタチ上科(Musteloidea)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
レッサーパンダ科(Ailuridae)レッサーパンダ属 Ailurus
レッサーパンダ レッサーパンダ
Ailurus fulgens Lesser Panda
アライグマ科(Procyonidae)アライグマ属 Procyon
アライグマ アライグマ
Procyon lotor Common Raccoon

【哺乳綱(Mammalia) ローラシア獣上目(Laurasiatheria) 食肉目(Carnivora) イヌ型亜目(Caniformia) クマ下目(Arctoidea) アザラシ上科(Phocoidea)】


【哺乳綱(Mammalia) ローラシア獣上目(Laurasiatheria) 食肉目(Carnivora) イヌ型亜目(Caniformia) イヌ下目(Cynoidea)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
アシカ科(Otariidae)アシカ属 Zalophus
カリフォルニアアシカ カリフォルニアアシカ
Zalophus californianus California Sea Lion
和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
イヌ科(Canidae)タヌキ属 Nyctereutes
ホンドタヌキ ホンドタヌキ
Nyctereutes procyonoides viverrinus Japanese Raccoon Dog

【哺乳綱(Mammalia) ローラシア獣上目(Laurasiatheria) 食肉目(Carnivora) ネコ型亜目(Feliformia) ネコ下目(Feloidea)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
ネコ科(Felidae)ネコ属 Felis
ネコ ネコ
Felis catus Cat

【哺乳綱(Mammalia) ローラシア獣上目(Laurasiatheria) 食肉目(Carnivora) ネコ型亜目(Feliformia) ジャコウネコ下目(Viverroidea)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
マングース科(Herpestidae)スリカータ属 Suricata
ミーアキャット ミーアキャット
Suricata suricatta Meerkat

【文献】
Asher RJ and Helgen KM( 2010) Nomenclature and placental mammal phylogeny, BMC Evol Biol, 10(102), URL: http://www.biomedcentral.com/1471-2148/10/102, Accessed: 2024-02-26.
Celik MA and Phillips MJ (2020) Conflict resolution for Mesozoic mammals: reconciling phylogenetic incongruence among anatomical regions, Frontiers Genetics, 11, 0651, DOI: 10.3389/fgene.2020.00651, Accessed: 2024-02-26.
Flannery TF, Rich TH, Vickers-Rich P, Ziegler T, Veatch EG and Helgen KM (2022) A review of monotreme (Monotremata) evolution, Austral J Palaeontol, 46(1), 3-20, DOI: 10.1080/03115518.2022.2025900, Accessed: 2024-02-26.
Eldridge MDB, Beck RMD, Croft DA, Travouillon KJ and Fox BJ (2019) An emerging consensus in the evolution, phylogeny, and systematics of marsupials and their fossil relatives (Metatheria), J Mammal, 100(3), 802-837, DOI: 10.1093/jmammal/gyz018, Accessed: 2024-02-28.
Beck RMD, Voss RS and Jansa SA (2022) Bull Am Mus Nat History, 457(1), 1-352, DOI: 10.1206/0003-0090.457.1.1, Accessed:2024-03-13.

魚類の系統概要-写真整理

 魚類が単系統ではないことは、もはや明らかですが、顎を獲得する以前の無顎類を魚類とみなすかについてはまだ決着がついていないようです。
 無顎類は、もっとも初期に分岐した脊椎動物と考えられてきた経緯があるのですが、近年ではこの無顎類を脊椎動物から独立させる考え方もあり、現生無顎類に当たる円口類と脊椎動物を含む階級未定として提案されている分類群が有頭動物(Craniates)です。下図での無顎口上綱(Agnatha)は旧円口類(ヤツメウナギ科+ヌタウナギ科)に相当するヌタウナギ綱 (Myxini)の上位分類群として提案されています。
 【真核生物】【シダ類】【裸子植物】【被子植物
 【爬虫両棲類】【哺乳類】【鳥類】【昆虫類】【節足動物】【軟体動物


【有頭動物(Craniates)の系統概要】Bergmann et al.,2020

┌無顎口上綱(Agnatha):ヤツメウナギ、ヌタウナギ
┴┬軟骨魚綱(Chondrichthes):サメ、エイ、ギンザメ
 │┌┬カライワシ上目(Elopomorpha):ウナギ、アナゴ等
 └┤└┬アロワナ上目(Osteoglossomorpha)
  │ └┬骨鰾区(Otomorpha):ニシン、イワシ等
  │  └┬条鰭上目(Achanthomorphata)
  │   └┬サバ科(Scombridae)+ヨウジウオ科(Syngnathidea)
  │    └┬スズキ類(Percomorpharia)
  │     └┬カワスズメ科(Ovalentariae)
  │      └アジ目(Carangimorphariae)
  │┌肺魚亜綱(Dipnoi)
  └┤┌┬アシナシイモリ目(Gymnophina)
   ││└┬有尾目(Urodela):イモリ、サンショウウオ
   └┤ └無尾目(Anura):カエル
    │┌哺乳綱(Mammlia)
    └┤┌┬有鱗目(Leoidosauria):トカゲ
     └┤└ヘビ亜目(Serpentes)
      └┬カメ目(Testdines)
       └┬ワニ目(Crocodylia)
        └鳥綱(Aves)

 
 魚類の系統の細部については、研究グループによる相違が、未だ少なくないようです。ここでは、fish baseを参考にして、当ブログ内の写真へのリンクを作成しています。

【魚類の系統概要】fish base
┌メクラウナギ目(Myxinoformes)
┤┌ヤツメウナギ目(Petromyzontiformes)
└┤ ┌ギンザメ目(Chimaeriformes)
 │┌┤┌┬ネコザメ目(Heterodontiformes)
 └┤││└┬テンジクザメ目(Orectolobiformes)
  │└┤ └┬メジロザメ目(Carcharhiniformes)
  │ │  └ネズミザメ目(Lamniformes)
  │ ├カグラザメ目(Hexanchiformes)
  │ │┌ツノザメ目(Squaliformes)
  │ └┼スクワンティナ目(Squantiformes)
  │  └┬プリスティフォルス目(Pristiphoriformes)
  │   └┬シビレエイ目(Torpediniformes)
  │    └ガンギエイ目(Rajiformes)
  └┬シーラカンス目(Coelacanthiformes)
   ├オーストラリアハイギョ目(Ceratodontiformes)
   ├ミナミアメリカハイギョ目(Lepidosireniformes)
   │┌┬ポリプテルス目(Polypretiformes)
   └┤└チョウザメ目(Acipenseriformes)
    └┬ガー目(Lepisosteiformes)
     └┬アミア目(Amiiformes)
      │ ┌アロワナ目(Osteoglossiformes)
      │┌┤┌カライワシ目(Elopiformes)
      ││└┤┌┬ソトイワシ目(Albuliformes)
      ││ ├┤└ソコギス目(Notacanthiformes)
      └┤ │└┬ウナギ目(Anguilliformes)
       │ │ └フウセンウナギ目(Saccopharyngiformes)
       │ └ニシン目(Clupeiformes)
       │┌ネズミギス目(Gonorynchiformes)
       │├コイ目(Cypriniformes)
       └┼カラシン目(Characiformes)
        ├ナマズ目(Siluriformes)
        ├デンキウナギ目(Gymnotiformes)
        │┌サケ目(Salmoniformes)
        └┤┌クジラウオ目(Cetomimiformes)
         │├キンメダイ目(Beryciformes)
         │├ワニトカゲギス目(Stomiiformes)
         │├ヒメ目(Aulopiformes)
         │├ハダカイワシ目(Myctophiformes)
         │├アカマンボウ目(Lampridiformes)
         └┤┌サケスズキ目(パーチ目)(Percopsiforme)
          │├アンコウ目(Lophiiformes)
          └┤┌アシロ目(Ophidiiformes)
           ├┼タラ目(Gadiformes)
           │└バトラコンデス目(Batrachoidoformes)
           │ ┌トウゴロウイワシ目(Atheriniformes)
           │┌┼ダツ目(Beloniformes)
           └┤└カダヤシ目(Cyprinodontiformes)
            │┌ウバウオ目(Gobiesociformes)
            └┼マトウダイ目(Zeiformes)
             ├トゲウオ目(Gasterosteiformes)
             ├ヨウジウオ目(Syngnathiformes)
             ├タウナギ目(Synbranchiformes)
             ├カサゴ目(Scorpaeniformes)
             ├スズキ目(Perciformes)
             ├カレイ目(Pleuronectiformes)
             └フグ目(Tetraodontiformes)

 手持ちの図鑑を参考にして日本産に限っての目レベルでの一覧を示します。出版後40年と少々古くはなりますが、形態による分類を最新版と比べても大枠では変わっていないと言えるようです。

【日本産魚類の目一覧】増田ら(1984)
無顎綱(Agnatha)
 メクラウナギ目(Myxinoformes)
 ヤツメウナギ目(Petromyzontiformes)
軟骨魚綱(Chondrichthyes)
 板鰓亜綱(Elasmobranchii)
  ネコザメ目(Heterodontiformes)
  カグラザメ目(Hexanchiformes)
  ネズミザメ目(Lamniformes)
  ツノザメ目(Squaliformes)
  エイ目(Rajiformes)
 全頭亜綱(Holocephali)
  ギンザメ目(Chimaeriformes )
硬骨魚綱(Osteichthyes)
 チョウザメ目(Acipenseriformes)
 ニシン目(Clupeiformes)
 カライワシ目(Elopiformes)
 ウナギ目(Anguilliformes)
 ソコギス目(Notacanthiformes)
 サケ目(Salmoniformes)
 ワニトカゲギス目(Stomiiformes)
 ネズミギス目(Gonorynchiformes)
 コイ目(Cypriniformes)
 ナマズ目(Siluriformes )
 ハダカイワシ目(Myctophiformes)
 ダツ目(Beloniformes)
 カダヤシ目(Cyprinodontiformes)
 トゲウオ目(Gasterosteiformes)
 ヨウジウオ目(Syngnathiformes)
 ウミテング目(Pegasiformes)
 タラ目(Gadiformes)
 アシロ目(Ophidiiformes)
 アンコウ目(Lophiiformes)
 キンメダイ目(Beryciformes)
 クジラウオ目(Cetomimiformes)
 アカマンボウ目(Lampridiformes)
 マトウダイ目(Zeiformes)
 スズキ目(Perciformes)
 カサゴ目(Scorpaeniformes)
 ウバウオ目(Gobiesociformes)
 カレイ目(Pleuronectiformes)
 フグ目(Tetraodontiformes)
 タウナギ目(Synbranchiformes)

【軟骨魚綱(Chondrichthyes) 板鰓亜綱(Elasmobranchii) サメ上目(Selachimorpha) カグラザメ目(Hexanchiformes) スクアレア上科(Squalomorphii)

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name) FishBase
ラブカ科(Chlamydoselachidae) ラブカ属 Chlamydoselachus
ラブカ ラブカ
Chlamydoselachus anguineus Frilled Shark

【軟骨魚綱(Chondrichthyes) 板鰓亜綱(Elasmobranchii) サメ上目(Selachimorpha) ネズミザメ目(Lamniformes) 】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name) FishBase
メガマウスザメ科(Megachasmidae) メガマウスザメ属 Megachasma
メガマウスシャーク メガマウスシャーク
Megachasma pelagios Megamouth Shark

【軟骨魚綱(Chondrichthyes) 板鰓亜綱(Elasmobranchii) エイ上目(Batoidea) トビエイ目(Myliobatiformes) アカエイ上科(Dasyatoidea)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name) FishBase
アカエイ科(Dasyatidae) アカエイ属 Hemitrygon
アカエイ アカエイ
Hemitrygon akajei Syn. Dasyatis akajei Red Stingray

【肉鰭綱(Sarcopterygii) ハイギョ亜綱(Dipnoi) ハイギョ下綱(Dipneusti) ハイギョ上目(Ceratodontimorpha) オーストラリアハイギョ目(Ceratodontiformes)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name) FishBase
アフリカハイギョ科(Protopteridae) プロトプテルス属 Protopterus
アフリカハイギョ アフリカハイギョ
Protopterus dolloi Slender Lungfish

【条鰭綱(Actinopterygii) 新鰭亜綱(Neopterygii) 真骨下綱(Teleostei) アロワナ上目(Osteoglossomorpha) アロワナ目(Osteoglossiformes) ナギナタナマズ亜目(Notopteroidei)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name) FishBase
ナギナタナマズ科(Notopteridae) ナギナタナマズ属 Chitala
スポッテッドナイフフィッシュ スポッテッドナイフフィッシュ
Chitala ornata Clown Featherback

【条鰭綱(Actinopterygii) 新鰭亜綱(Neopterygii) 真骨下綱(Teleostei) カライワシ上目(Elopomorpha) ウナギ目(Anguilliformes) ウナギ亜目(Anguilloidei)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name) FishBase
ウナギ科(Anguillidae) ウナギ属 Anguilla
ニホンウナギ ニホンウナギ
Anguilla japonica Japanese Eel
シギウナギ科(Nemichthyidae) シギウナギ属 Nemichthys
シギウナギ シギウナギ
Nemichthys scolopaceus Deep Sea Duck

【条鰭綱(Actinopterygii) 新鰭亜綱(Neopterygii) 真骨下綱(Teleostei) カライワシ上目(Elopomorpha) ウナギ目(Anguilliformes) アナゴ亜目(Congroidei)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name) FishBase
アナゴ科(Congridae) チンアナゴ亜科(Heterocongrinae)シンジュアナゴ属 Gorgasia
ニシキアナゴ ニシキアナゴ
Gorgasia preclara Splendid Garden Eel

【条鰭綱(Actinopterygii) 新鰭亜綱(Neopterygii) 真骨下綱(Teleostei) ニシン上目(Clupeomorpha) ニシン目(Clupeiformes) ニシン亜目(Clupeoidei)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name) FishBase
カタクチイワシ科(Engraulinae) カタクチイワシ亜科(Engraulinae)カチクチイワシ属 Engraulis
カチクチイワシ カチクチイワシ
Engraulis japonicus Japanese Anchovy
ウルメイワシ科(Dussumieriidae) ウルメイワシ属 Etrumeus
ウルメイワシ ウルメイワシ
Etrumeus teres Red-eye Round Herring

【条鰭綱(Actinopterygii) 新鰭亜綱(Neopterygii) 真骨下綱(Teleostei) 骨鰾上目(Ostariophysi) コイ目(Cypriniformes)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name) FishBase
コイ科(Cyprinidae) コイ亜科(Cyprininae) コイ属 Cyprinus
マゴイ マゴイ
Cyprinus carpio Common Carp
コイ科(Cyprinidae) コイ亜科(Cyprininae) エパルゼオリンコス属 Epalzeorhynchos
レッドテールブラックシャーク レッドテールブラックシャーク
Epalzeorhynchos bicolor Redtail sharkminnow
コイ科(Cyprinidae) コイ亜科(Cyprininae) プンティウス属 Puntius
レッドライントーピードバルブ レッドライントーピードバルブ
Puntius denisoni Denison Barb
コイ科(Cyprinidae) ウグイ亜科(Leuciscinae) アブラハヤ属 Rhynchocypris
タカハヤ(アブラハヤ) タカハヤ(アブラハヤ)
Rhynchocypris lagowskii Syn. Phoximus lagowdkii Upstream Fat Minnow
ドジョウ科(Cobitidae) フクドジョウ亜科(Nemacheilinae)
ホトケドジョウ属 Lefua
ホトケドジョウ ホトケドジョウ
Lefua echigonia Japanese Eight-barbel Loach
タニノボリ科(Balitoridae) タニノボリ亜科(Balitorinae) セウェルリア属 Sewellia
タイガーヒルストリームローチ タイガーヒルストリームローチ
Sewellia marmorata (Hillstream Loach)

【条鰭綱(Actinopterygii) 新鰭亜綱(Neopterygii) 真骨下綱(Teleostei) 骨鰾上目(Ostariophysi) ナマズ目(Siluriformes)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name) FishBase
ナマズ科(Siluridae) クリプトプテルス属 Kryptopterus
トランススルーセントグラスキャットフィッシュ トランススルーセントグラスキャットフィッシュ
Kryptopterus bicirrhis Glass Catfish

【条鰭綱(Actinopterygii) 新鰭亜綱(Neopterygii) 真骨下綱(Teleostei) キュウリウオ上目(Osmeromorpha) ワニトカゲギス目(Stomiiformes)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name) FishBase
ホウライエソ科(Chauliodontidae) ホウライエソ属 Chauliodus
ホウライエソ ホウライエソ
Chauliodus sloani Sloane’s Viperfish

【条鰭綱(Actinopterygii) 新鰭亜綱(Neopterygii) 真骨下綱(Teleostei) アカマンボウ上目(Lampridiomorpha) アカマンボウ目(Lampridiformes)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name) FishBase
リュウグウノツカイ科(Regalecidae) リュウグウノツカイ属 Regalecus
リュウグウノツカイ リュウグウノツカイ
Regalecus russelli Russell’s Oarfish
フリソデウオ科(Trachipteridae) サケガシラ属 Trachipterus
サケガシラ サケガシラ
Trachipterus ishikawae Slender Ribbonfish
テンガイハタ テンガイハタ
Trachipterus trachypterus Mediterranean Dealfish
アカナマダ科(Lophotidae) アカナマダ属 Lophotus
アカナマダ アカナマダ
Lophotus capellei Unicornfish

【条鰭綱(Actinopterygii) 新鰭亜綱(Neopterygii) 真骨下綱(Teleostei) 棘鰭上目(Acanthopterygii) アンコウ目(Lophiiformes) フサアンコウ亜目(Chaunacoidei)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name) FishBase
フサアンコウ科(Chaunacidae) フサアンコウ属 Chaunax
ミドリフサアンコウ ミドリフサアンコウ
Chaunax abei Goosefish

【条鰭綱(Actinopterygii) 新鰭亜綱(Neopterygii) 真骨下綱(Teleostei) 棘鰭上目(Acanthopterygii) アンコウ目(Lophiiformes) チョウチンアンコウ亜目(Ceratioidei)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name) FishBase
ミツクリエナガチョウチンアンコウ科(Ceratiidae) ミツクリエナガチョウチンアンコウ属 Cryptopsaras
ミツクリエナガチョウチンアンコウ ミツクリエナガチョウチンアンコウ
Cryptopsaras couesii Coves’ Horned Anglerfish

【条鰭綱(Actinopterygii) 新鰭亜綱(Neopterygii) 真骨下綱(Teleostei) ダツ目(Beloniformes) メダカ亜目(Adrianichthyoidei)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name) FishBase
メダカ科(Adrianichthyidae) メダカ属 Oryzias
ミナミメダカ(鎌倉メダカ) ミナミメダカ(鎌倉メダカ)
Oryzias latipes Japanese Rice Fish

【条鰭綱(Actinopterygii) 新鰭亜綱(Neopterygii) 真骨下綱(Teleostei) カサゴ目(Scorpaeniformes) コチ亜目(Platycephaloidei)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name) FishBase
コチ科(Platycephalidae) コチ属 Platycephalus
マゴチ マゴチ
Platycephalus indicus Bartail Flathead

【条鰭綱(Actinopterygii) 新鰭亜綱(Neopterygii) 真骨下綱(Teleostei) スズキ目(Perciformes)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name) FishBase
ハゼ科(Gobiidae) マハゼ属 Acanthogobius
マハゼ マハゼ
Acanthogobius flavimanus Yellowfin Goby
スジハゼ スジハゼ
Acentrogobius virgatulus Chameleon Goby
ハゼ科(Gobiidae) アゴハゼ属 Chaenogobius
アゴハゼ アゴハゼ
Chaenogobius annularis Forktongue Goby
ハゼ科(Gobiidae) コバンハゼ属 Gobiodon
キイロサンゴハゼ キイロサンゴハゼ
Gobiodon okinawae Okinawa Goby
ハゼ科(Gobiidae) ベニハゼ属 Trimma
アオギハゼ アオギハゼ
Trimma caudomaculatum Dusky Parrotfish
ハゼ科(Gobiidae) キンセンハゼ属 Koumansetta
レインフォーズゴビー レインフォーズゴビー
Koumansetta rainfordi Rainford’s Goby
ハゼ科(Gobiidae) サンカクハゼ属 Fusigobius
ハタタテサンカクハゼ ハタタテサンカクハゼ
Fusigobius longispinus Innerspotted Sandgoby
ネズッポ科(Callionymidae) ハナヌメリ属 Synchiropus
ニシキテグリ ニシキテグリ
Synchiropus splendidus Sun. Synchiropus splendidus Mandarinfish
タイ科(Sparidae) ヘダイ亜科(Sparinae) クロダイ属 Acanthopagrus
クロダイ クロダイ
Acanthopagrus schlegelii Black Sea Bream
イシダイ科(Oplegnathidae) イシダイ属 Oplegnathus
イシダイ イシダイ
Oplegnathus fasciatus Barred Knifejaws
スズキ科(Lateolabracidae) スズキ属 Lateolabrax
スズキ スズキ
Lateolabrax japonicus Japanese sea bass
カゴカキダイ科(Microcanthidae) カゴカキダイ属 Microcanthus
カゴカキダイ カゴカキダイ
Microcanthus strigatus Stripey
アジ科(Carangidae) アジ亜科(Caranginae) マアジ属 Trachurus
マアジ マアジ
Trachurus japonicus Japanese Jack Mackerel

【条鰭綱(Actinopterygii) 新鰭亜綱(Neopterygii) 真骨下綱(Teleostei) カレイ目(Pleuronectiformes)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name) FishBase
カレイ科(Pleuronectidae) オヒョウ亜科(Hippoglossinae) オヒョウ属 Hippoglossus
オヒョウ オヒョウ
Hippoglossus stenolepis Pacific Halibut

【条鰭綱(Actinopterygii) 新鰭亜綱(Neopterygii) 真骨下綱(Teleostei) フグ目(Tetraodontiformes)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name) FishBase
フグ科(Tetraodontidae) トラフグ属 Takifugu
クサフグ クサフグ
Takifugu niphobles Grass Puffer
コモンフグ コモンフグ
Takifugu poecilonotus Fine-patterned Puffer
ハコフグ科(Ostraciidae) コンゴウフグ属 Lactoria
コンゴウフグ コンゴウフグ
Lactoria cornuta Longhorn cowfish

Qiao T, King B, Long JA, Ahlberg PE and Zhu M (2016) Early Gnathostome Phylogeny Revisited: Multiple Method Consensus, PLOS ONE, 11(9):e0163157, DOI: 10.1371/journal.pone.0163157, Accessed: 2024-03-04.
Bergmann PJ, Mann SD, Morinaga G, Freitas ES and Siler CD (2020) Convergent Evolution of Elongate Forms in Craniates and of Locomotion in Elongate Squamate Reptiles, Integr Comp Biol, 60(1), 190-201, DOI: 10.1093/icb/icaa015, Accessed: 2024-03-04.
Lavoué S, Nakayama K, Jerry DR, Yamanoue Y, Yagishita N, Suzuki N, Nishida M, Miya M (2014) Mitogenomic phylogeny of the Percichthyidae and Centrarchiformes (Percomorphaceae): comparison with recent nuclear gene-based studies and simultaneous analysis, Gene, 549,46-57, DOI: 10.1016/j.gene.2014.07.033, Accessed: 2024-03-05.
López-Arbarello A and Sferco E (2018) Neopterygian phylogeny: the merger assay, Roy Soc open sci, 5:172337, , Accessed: 2024-03-10.
益田一・尼岡邦夫・荒賀忠一・上野輝彌・吉野哲夫(1984)日本産魚類大図鑑(解説), 466p, 東海大学出版会, 東京.

爬虫両棲類の分類概要

 爬虫類、両棲類については、カメ目を除けばあまり詳しくないので、殆ど参考文献の引き写しです。主竜類にはいわゆる恐竜類が含まれますので、別途調べて見ると面白いかもしれません。残念ながら、写真は殆どありません。
 【真核生物】【シダ類】【裸子植物】【被子植物】【哺乳類】【鳥類】【魚類】【昆虫類】【節足動物】【軟体動物


【四肢動物上綱(Tetrapoda)の系統概要】Molnar et al.(2020)

┌肉鰭類(Actinistia):シーラカンス属(Latimeria)  ┐
┤ ┌ハイギョ下綱(Dipnoi)             │
│┌┤│┌┬オーストラリアハイギョ属(Neoceratodus) ├魚類
└┤│└┤└プロトプテルス属(Protopterus)      │
 ││ └┬キロディプテルス属(Chirodipterus)(†) │
 ││  └グリフォグナトゥス属(Griphognathus)(†)│
 │└グリプトレピス属(Glyptolepis)(†)      ┘
 └┬グールゴンギア属(Gooloogongia))(†)    ┐
  └┬エウステノプテロン属(Eusthenopteron)(†)├四足形類
   └┬ティクターリク属(Tikaalik)(†)    ┘(Tetrapodomorph fish)
    │┌アカントステガ属(Acanthostega)(†)    ┐
    │├イクチオステガ属(Ichthyostega)(†)    │
    └┤┌チュレルペトン属(Tulerpeton)(†)    │
     └┤┌オッシノダス属(Ossinodus)(†)     │
      ├┼ワトケエリア属(Wgatcheeria)(†)    ├ステム四肢動物
      │└ペデルペス属(Pederpes)(†)      │(Stem Tetrapoda)
      └┬クラッシギリヌス属(Crassigyrinus)(†) │
       └┬グリーレルペトン属(Greererpeton)(†)│
        └┬バフェテス属(Baphetes)(†)    ┘
         │ ┌エリオプス属(Eryops)(†)
         │┌┤┌サラマンドラ属(Salamandra)    ┬平滑両生類
         └┤└┴トラフサンショウウオ属(Ambystoma) ┘(Lissamphibia)
          │ ┌エオヘルペトン属(Eoherpeton)(†)
          │┌┤┌アルケリア属(Archeria)(†)
          └┤└┴プロテロギリヌス属(Proterogyrimus)(†)
           │┌カプトリヌス属(Captorhinus)┐
           └┤┌ムカシトカゲ属(Sphenodon)├有羊膜類
            └┴イグアナ属(Iguana)    ┘(Amniota)

【有羊膜類(Amniota)の系統概要-I】Card et al.(2023)
 このグループは検討中の事項が多いようですので、大枠のみ示します。カメ類がワニ類、鳥類と近かったことは概ね認められている様です。

 ┌主竜形類(Archosaeromorpha)
┌┤└┬カメ目(Testudines)
┤│ └┬ワニ目(Crocodylia)
││  └鳥綱(Aves)
│└鱗竜形類(Lepidosauromorpha)
│ └┬ムカシトカゲ目(Rhyncocephalia)
│  └有鱗目(Squamata)
哺乳綱(Mammalia)

【有羊膜類(Amniota)の系統概要-II】Gauthier et al.(1988)
 以下は、形態に基づく主に化石種(†)の分類例です。哺乳類の祖先は恐竜でなく帆掛竜(エダフォサウルス類)の近縁種であったことが見てとれます。参考にした文献は少し古いのですが、全体を俯瞰できるので選びました。最近では、無弓類が解体された結果、カメ目は主竜類の周辺への再配置が検討されている様です(Fong et al.,2012)。

┌爬虫綱(Reptilia)
┤└┬無弓類(Anapsida)
│ │└┬カメ目(Testudines):現生種を含む
│ │ └カプトリヌス科(Captorhinidae)
│ └双弓類(Diapsida)
│  └┬鱗竜形類(Lepidosauromorpha)
│   └有隣目(Sauria):現生種を含む
│    └主竜形類(Archosauromorpha)
│     └┬リンコサウルス目(Rhynchosauria)
│      └┬トリオフォサウルス属(Triophosaurus)
│       └┬コリストデラ目(Choristoderia)
│        └┬プロラケルタ目(Protorosauria)
│         └┬アルケオサウリフォルメス類(Archeosauriformes)
│          └┬プロテロスクス科(Proterosuchidae)
│           └┬エリスロスクス科(Erythrosuchidae)
│            └┬プロテロチャンプ科(Proterochampsidae)
│             └主竜類(Archosauria)
│              │:現在は鳥類(Aves)、恐竜類、翼竜類を含む
│              └┬偽鰐類(Pseudosauria)
│               └オルニトスクス科(Ornithosuchia)
単弓類(Synapsid)
 └┬カセア属(Casea)
  └┬オフィアコドン属(Ophiacodon)
   └┬エダフォサウルス属(Edaphosaurus)
    └┬スフェナコドン科(Sphenacodontia)
     │└スフェナコドン亜科(Sphenacodontinae)
     └獣弓類(Therapsida)
      └┬ビアルモスクス亜目(Biarmosuchia)
       └┬ディノケファルス亜目(Dinocephalia)
        └┬ゴルゴノプス亜目(Gorgonopsida)
         └┬ディキノドン下目 (Dicynodontia)
          └真正獣歯類(Eutheriodontia)
           └┬テロケファルス亜目(Therocephalia)
            └キノドン類(Cynodontia)
             └┬プロキノスクス属(Procynosuchus)
              └┬トリナクソドン属(Thrinaxodon)
               └┬ディアデモドン属(Diademodon)
                └┬エクサエレトドン属(Exaeretodon)
                 └┬マンマリアモルファ類(Mammaliamorpha)
                  └┬トリテロドン科(Tritylodontidae)
                   └┬哺乳形類(Mammaliaformes)
                    └┬モルガヌコドン目(Morganucodontidae)
                     └哺乳綱(Mammalia)):現生種を含む

【平滑両生類(Lissamphibia)周辺の系統概要】Schoch(2019)
 化石種に対する系統図です。現生種は全て平滑両棲類に属していて、皮膚表面が滑らかで皮膚呼吸をを行うことが共通する特徴です。

┌トリメロラキス属(Trimerorhachis)(†)
┤┌スクレロケファルス属(Sclerocephalus)(†)
│├アカンソストマトプス属(Acanthostomatops)(†)
└┤┌ペリーエラ属(Perryella)(†)
 └┤┌マイクロメレルペトン科(Micromelerpetidae)
  │││┌マイクロメレルペトン属(Micromelerpeton)(†)
  ││└┤┌エイメリサウルス属(Eimerisaurus)(†)
  ││ └┼ブランキエルペトン属(Branchierpeton)(†)
  └┤  └リモギリヌス属(Limnogyrinus)(†)
   │┌オルソニフォルメス類(Olsoniformes)
   ││├ディッソロフス科(Dossorophidae)
   └┤││┌┬カコプス属(Cacops)(†)
    ││└┤└コンジュンクティオ属(Conjunctio)(†)
    ││ └┬ブロイリエルス属(Broiliellus)(†)
    ││  └ディッソロフス属(Dissorophus)(†)
    │└トレマトプス科(Trematopidae)
    │ │┌フェードキア属(Fedoxia)(†)
    │ └┼エコルソニア属(Ecolsonia)(†)
    │  └┬フォネルペトン(Phonerpeton)(†)
    │   └アケロマ属(Acheloma)(†)
    └アムフィバムス科(Amphibamidae)
     │┌プラティリノプス属(Platyrhinops)(†)
     │├エオスコプス属(Eoscopus)(†)
     ││┌テルソミウス属(Tersomius)(†)
     │├┤┌パソウウィオープス属(Pasawioops)(†)
     └┤└┴マイクロフォリス属(Micropholis)(†)
      │┌┬アンフィバムス属(Amphibamus)(†)
      ││└ドロセルペトン属(Doleserpeton)(†)
      ││┌ゲロバトラクス属(Gerobatrachus)(†)
      ││├(ゲオルゲンタリア属Georgenthalia)
      └┤│┌エオカエキリア属(Eocaecilia)(†)
       │├┤┌カラウルス属(Karaurus)(†)
       └┤└┴トリアドバトラクス属(Triadobatrachus)(†)
        └平滑両生類(Lissamphibia):現生種を含む ─→
          │┌ブランキオサウルス属(Branchiosaurus)(†)
          │├アパテオン属(Apateon)(†)
          └┤┌レプトロプス属(Leptorophus)(†)
           └┴スコエンフェルデルペトン属(Schoenfelderpeton)(†)

【現生平滑両生類(Lissamphibia)の系統概要】Dubois et al.(2021)

 最近提出された系統図なので特に無尾類の分類群に対する日本語訳は殆ど決まっていないようです。原報には、現在までに記載されている現生種の約半数に当たる4060種の分類につき検討した結果に基づき、属までの系統図が掲載されています。
┌無足目(アシナシイモリ目)(Gymnophiona)
┤├プレシオフィオナ類(Plesiophiona)/オアシナシイモリ科(Rhinatrematidae)
│└シュードフィオナ類(Psedophiona)
│ ├ヌメアシナシイモリ上科(Ichthyophoidea)
│ │├ケララアシナシイモリ科(Uraeothphlidae)
│ │└ヌメアシナシイモリ科(Ichthyophiidae)
│ └アシナシイモリ上科(Caecilioidea)
│  ├アフリカアシナシイモリ科(Scoleconorphidae)
│  └アシナシイモリ科(Caecilidae)
│┌有尾目(サンショウウオ目)(Urodela)
││├不完全鰓類(Imperfectibranchia)
└┤│├オオサンショウウオ科(Cryptobranchidae)
 ││└サンショウウオ科(Hynobiidae)
 │└┬サイレン科(Sirenidae)
 │ └シュードサウリア類(Pseudosauria)
 │  ├イモリ亜目(Salamandroidea)
 │  │├トラフサンショウウオ科(Ambystomatidae)
 │  │└イモリ科(Salamandridae)
 │  └アムフィウマ類(Amphiumoidea)
 │   ├ホライモリ科(Proteidae)
 │   └┬オリンピックサンショウウオ科(Rhyacotritonidae)
 │    ├アンフューマ科(Amphiumidae)
 │    └プレソドン科(Plethodontidae)
 └無尾目(カエル目)(Anura)
  ├アングスティコラ類(Angusticoela)
  │├オガエル科(Ascaphidae)
  │└ムカシガエル科(Leiopelmatidae)
  └ヒドロバトラキア類(Hydrobatrachia)
   ├メディオギリニア類(Mediogyrinia)
   └ジオバトラキア類(Geobatrachia)
    ├ドルシパラ亜目(Dorsipares)
    │├メキシコジムグリガエル科(Rhinophrynidae)
    │└コモリガエル科(Pipidae)
    └レボギリニア亜目(Laevogyrinia)
     ├アーケオサリエンティア類(Archaeosalientia)
     │├トウブスキアシガエル科(Scaphiopodidae)
     │└┬パセリガエル科(Pelodytidae)
     │ └コノハガエル科(Megophryidae)
     └ラノモルファ上科(Ranomorpha)
      ├ユウレイガエル科(Heleophrynidae)
      └アキパレス類(Aquipares)
       └┬ゴンドワヌラ類(Gondwanura)
        │├インドハナガエル科(Nasikabatrachidae)
        │└セーシェルガエル科(Sooglossidae)
        └スコプタヌラ類(Scoptanura)
         ├ガストレクミア類(Gastrechmia)
         │├┬クチボソガエル科(Hemisotidae)
         ││└フクラガエル科(Brevicipitidae)
         │└┬クサガエル科(Hyperoliidae)
         │ └サエズリガエル科(Arthroleptidae)
         ├エコスタータ類(Ecostata)
         │└┬フィリノマンティス科(Phrynomeridae)
         │ └ヒメアマガエル科(Microhylidae)
         ├パナウラ類(Pananura)
         │└┬アフリカアカガエル科(Ptychadenidae)
         │ └エカウダタ類(Ecaudata)
         │  └┬オドントバトラクス科(Odontobatrachidae)
         │   ├ドロガエル科(Phrynobatrachidae)
         │   └アカガエル上科(Ranoidea)
         │    └┬ニクティバトリクス科(Nyctibatrachidae)
         │     ├ラニクサルデ科(Ranixalidae)
         │     ├ハナトガリガエル科(Ceratobatrachidae)
         │     ├┬アカガエル科(Ranidae)
         │     │└アオガエル科(Rhacophoridae)
         │     └┬オクシドジガ科(Occidozygidae)
         │      └ヌマガエル科(Dicroglossidae)
         └ファネラウラ類(Phaneranura)
          ├デプロシフォナ類(Diplosiphona)
          │└┬ヘルメットガエル科(Calyptocephalellidae)
          │ └カメガエル科(Myobatrachidae)
          └バイナウラ類(Bainanura)
           ├フォラヌラ類(Phoranura)
           │└┬アロモバテス科(Aromobatidae)
           │ └ヤドクガエル科(Dendrobatidae)
           └フィリアヌラ類(Phrynanura)
            ├ガイアヌラ類(Gaianura)
            │└┬クウトマンティ科(Ceuthomantidae)
            │ └コガネガエル科(Brachycephalidae)
            ├ツノアマガエル上科(Hemiphractiformia)
            │└ツノアマガエル科(Hemiphractidae)
            └ヒロバトラキア類(Hylobatrachia)
             └┬アマガエル上科(Hyloidea)
              │└┬フィリノメデューサ科(Phyllomedusidae)
              │ └アマガエル科(Hylidae)
              ├ユビナガガエル上科(Leptodactyloidea)
              │└ユビナガガエル科(Leptodactylidae)
              ├アマガエルモドキ上科(Centrolenoidea)
              │└┬スリナムヒメヒキガエル科(Allophrynidae)
              │ └アマガエルモドキ科(Centrolenidae)
              ├ヒキガエル上科(Bufonoidea)
              │└┬オドントフィリニス科(Odontophrynidae)
              │ └ヒキガエル科(Bufonidae)
              ├ツノガエル上科(Ceratophryoidae)
              │└ツノガエル科(Ceratophryidae)
              └ミズガエル上科(Telmatobioidae)
               └┬ミズガエル科(Telmatobieidae)
                └シクラムフィス科(Cycloramphidae)

【有隣目(Squamate)の系統概要】Reeder et al.(2015)
 有隣目(トカゲ目)は、現生爬虫類の殆どに当たる9000種以上か属している分類群です。

 ┌フタアシトカゲ科(Dibamidae)
┌┴ヤモリ下目(Gekkota)
カナヘビ超科(Lacertoidea)
 │┌スキンク超科(Scincoidea)
 └┤┌┬テイウス超科(Teioidea)
  └┤└ミミズトカゲ類(Amphisbaenia)
   └有毒有鱗類(Toxicofera)
    ├┬モササウルス類(Mosasuria)(†)
    │└ヘビ亜目(Serpentes)
    │┌オオトカゲ下目(Aunguimorpha)
    └┤┌ポリグリファノドン類(Polyglyphanodontia)(†)
     └┴イグアナ下目(Iguania)
       └┬端生歯類(Acrodonta)
        └両面歯類(Pleurodonta)

【両生綱(Amphibia) 無尾目(Anura) アカガエル科(Ranidae)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
アカガエル属 Rana
ヤマアカガエル ヤマアカガエル
Rana ornativentris Montane Brown Frog
アメリカアカガエル属 Lithobates
ウシガエル ウシガエル
Lithobates catesbeianus American Bullfrog

【爬虫綱(Reptilia) 有鱗目(Squamata) カナヘビ科(Lacertidae)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
カナヘビ属 Takydromus
ニホンカナヘビ ニホンカナヘビ
Takydromus tachydromoides Japanese Grass Lizard

【爬虫綱(Reptilia) 有鱗目(Squamata) トカゲ科(Scincidae)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
トカゲ属 Plestiodon
二ホントカゲ 二ホントカゲ
Plestiodon japonicus Japanese Skink

【爬虫綱(Reptilia) 有鱗目(Squamata) ヘビ亜目(Serpentes) ナミヘビ科(Colubridae)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
ナメラ属 Elaphe
シマヘビ シマヘビ
Elaphe quadrivirgata Japanese Four-lined Snake
ジムグリ ジムグリ
Elaphe conspicillata Japanese Forest Ratsnake

【文献】
Molnar JL, Diogo R, Hutchinson JR and Pierce SE (2020) Evolution of Hindlimb Muscle Anatomy Across the Tetrapod Water-to-Land Transition, Including Comparisons With Forelimb Anatomy, Anatom Rec, 303, 218-234, DOI: 10.1002/ar.23997,, Accessed: 2024-02-28.
Card DC, Jennings WB and Edwards SV (2023) Genome Evolution and the Future of Phylogenomics of Non-Avian Reptiles, Animals, 13, 471, 33p, DOI: 10.3390/ani13030471, Accessed: 2024-02-28.
Gauthier J, Klugel AG and Rowe T (1988) Amniote Phylogeny and the Importance of Fossils, Cladistics, 4, 105-209, DOI: 10.1111/j.1096-0031.1988.tb00514.x, Accessed: 2024-03-01.
Fong JJ, Brown JM, Fujita MK, Boussau B (2012) A Phylogenomic Approach to Vertebrate Phylogeny Supports a Turtle-Archosaur Affinity and a Possible Paraphyletic Lissamphibia, PLOS ONE, 7(11) :e48990, DOI: 10.1371/journal.pone.0048990, Accessed: 2024-03-02.
Schoch RR (2019) The putative lissamphibian stem-group: phylogeny and evolution of the dissorophoid temnospondyls, J Paleontol, 93(1), 137–156, DOI: 10.1017/jpa.2018.67, Accessed: 2024-03-02.
Dubois A, Ohler A and Pyron A (2021) New concepts and methods for phylogenetic taxonomy and nomenclature in zoology, exemplified by a new ranked cladonomy of recent amphibians (Lissamphibia), Megataxa, 5(1), 1–738, DOI: 10.11646/megataxa.5.1.1, Accessed: 2024-03-03.
Reeder TW, Townsend TM, Mulcahy DG, Noonan BP, Wood, PLJr, Sites JWJr and Wiens JJ (2015) Integrated Analyses Resolve Conflicts over Squamate Reptile Phylogeny and Reveal Unexpected Placements for Fossil Taxa, PLOS ONE, 10(3):e0118199, DOI: 10.1371/journal.pone.0118199,

カメ目(Testudines)の写真整理

 カメ目(Testudines)は、世界のカメ類第9版(Turtle Taxonomy Working Group,2021)によれば、14科97属486種の現生種が記載されています。化石の証拠から少なくとも三畳紀(2億2000万年前)には現れていて(Bothschild and Naples, 2015)、他の爬虫類からの分岐年代はさらに遡るとも考えられている分類群です(Anderton,1988)。しかしながら、カメ類と他の爬虫類との中間型を示す化石がみつかっていないこともあり、何時の時代に分岐したかについては未だ検討中の様です(Fong et al.,2012)。また、分類位置についても、これまで置かれていた無弓類が単系ではなかったことが明らかとなり解体され、双弓類のどこかに移されることになりそうです。下位分類については伝統的に曲頸、潜頸の現生2亜目が識別されており(Pritchard1989)、遺伝子解析の結果によっても支持されています(Guillon et al.,2012)。
 【真核生物】【シダ類】【裸子植物】【被子植物】【】【昆虫】【節足動物】【軟体動物】【爬虫両棲類


【カメ目(Testudines)の分類概要】Pritchard (1989)
 当時にはまだオドントケリス(Odontochelys)の化石は発見されてないので、プロガノケリス(Proganochelys)が最古の化石種でした。

─プロガノケリス科(Proganochelyidae)(†)       ┐
 │┌プレシオケリス科(Plesiochelyidae)(†)     │
 │││├デスモミス亜科(Desmemydinae)(†)      ├ムカシガメ亜目
 │││└カロキボティオン亜科(Kallokibotiinae)(†) │(Amphichelydia)
 ├┤└タラセミス科(Thalassemyidae)(†)       │
 ││ └アペロテンポラリス科(Aperotemporalidae)(†)┘
 │└曲頸亜目(Pleurodira)
 │ └┬ヘビクビガメ科(Chelidae)
 │  └アフリカヨコクビガメ科(Pleomedusidae)
 ├グリプトプス科(Glyptopsidae)(†)       ┐
 │├┬トリニティケリス亜科(Trinitychelyinae)(†)│
 ││├ハエミス亜科(Hayemyinae)(†)       ├移行型
 ││├プラトバエニド亜科(Platobaeninae)(†)   │(Transitional Forms)
 ││├ユウバエニド亜科(Eubaeninae)(†)     │
 ││├バエニド亜科(Baeninae)(†)        │
 ││├マクロバエニド科(Macrobaeninae)(†)    │
 ││└メイオラニア科(Meiolaniidae(†)      ┘
 │└リクガメ上科(Testudinioidea)                ┐
 │ ├シネミス科(Sinemydae)(†)                │
 │ ├┬メキシコカワガメ科(Dermatemydae)            │
 │ │└ドロガメ科(Kinosternidae)               ├潜頸亜目
 │ └ヌマガメ科(Emydidae)                   │(Cryptodira)
 │  │└┬オオアタマガメ科(Platysternidae)          │
 │  │ └カミツキガメ科(Chelidridae)            │
 │  └┬プティコガスタ科(Ptychogastridae)(†)        │
 │   └リクガメ科(Testudinidae)               │
 │┌トキソケリス亜科(Toxochelyinae)(†)    ┐       │
 ├┼ロフォケリス亜科(Lophochelyinae)(†)    │       │
 │└┬オステロピギス亜科(Osteopyginae)(†)   ├ウミガメ上科 │
 │ └ウミガメ科(Chloniidae)          │(Chelonoiodea)│
 │┌デスマトケリス亜科(Desmatochelyinae)(†)  │       │
 ├┼プロトステガ亜科(Protosteginae)(†)    │       │
 │└┬ケレオスパルギス亜科(Chelospharginae)(†)┘       │
 │ └オサガメ上科(Dermochelyoidea)              │
 │  └オサガメ科(Dermochelyidae)               │
 └┬スッポンモドキ上科(Carettochelyoidea)           │
  │└アノステリス亜科(Anosterinae)(†)            │
  │ └スッポンモドキ亜科(Carettochelyinae)          │
  └スッポン上科(Trionychoidea)                │
   └スッポン亜科(Trionychinae)                │
    └ハコスッポン亜科(Cyclanorbinae)            ┘

【現生カメ目(Testudines)の分類概要】 Guillon et al.,2012)
 その後の遺伝子解析の結果を踏まえて、イシガメ科をヌマガメ科から独立させることのコンセンサスが得られている様で、この変更に伴ってバタグールガメ属はイシガメ科の所属になっています。ただし、ヤマガメ属の位置づけなど現在でも検討が続けられている(Ascarrunz et al/,2021)様です。

曲頸亜目(Pleurodira)
││┌┬──ヨコクビガメ科(Pelomedusidae)
│└┤└──アフリカヨコクビガメ科(Podocnemidae)
┤ └───ヘビクビガメ科(Chelidae)
潜頸亜目(Cryptodira)
 │  ┌┬リクガメ科(Testudinidae)     ┐
 │ ┌┤└バタグール科(Bataguridae)    ├リクガメ上科
 │ │└┬ヌマガメ科(Emydidae)       ┘(Testudinidea)
 │┌┤ └オオアタマガメ(Platystemon megacephalum)
 ││├┬─メキシコカワガメ科(Dermatemydae) ┬ドロガメ上科
 └┤│└─ドロガメ科(Kinosternidae)    ┘(Kinosternidea)
  │├┬─カミツキガメ(Chelydra serpentina)
  ││└─ワニガメ(Macrochelys temminckii)
  │└┬─オサガメ科(Dermochelidae)    ┬ウミガメ上科
  │ └─ウミガメ科(Cheloniidae)     ┘(Cheloniidea)
  └┬──スッポンモドキ科(Carettochelydae)┬スッポン上科
   └──スッポン科(Trionychidae)     ┘(Trionychidea)

【曲頸亜目(Pleurodira) ヘビクビガメ科(Chelidae)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
ナガクビガメ属 Chelodina
ジーベンロックナガクビガメ ジーベンロックナガクビガメ
Chelodina siebenrocki Siebenrock’s Snake-necked Turtle
マゲクビガメ属 Emydura
ニシキマゲクビガメ ニシキマゲクビガメ
Emydura subglobosa Red-bellied Short-necked Turtle

【潜頸亜目(Cryptodira) リクガメ科(Testudinidae)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
リクガメ属 Geochelone
インドホシガメ インドホシガメ
Geochelone elegans Indian Star Tortoise
チチュウカイリクガメ属 Testudo
エジプトリクガメ エジプトリクガメ
Testudo kleinmanni Egyptian Tortoise
マダガスカルリクガメ属 Astrochelys
ホウシャガメ ホウシャガメ
Astrochelys radiata Radiated Tortoise
ヘサキリクガメ ヘサキリクガメ
Astrochelys yniphora Madagascar Angulated Tortoise
ムツアシガメ属 Manouria
エミスムツアシガメ エミスムツアシガメ
Manouria emys Asian Brown Tortoise
ビルマムツアシガメ ビルマムツアシガメ
Manouria emys phayrei Burmese Black Forest Tortoise
クモノスガメ属 Pyxis
キバラクモノスガメ キバラクモノスガメ
Pyxis arachnoides arachnoides Spider Tortoise

【潜頸亜目(Cryptodira) ヌマガメ科(Emydidae)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
アメリカハコガメ属 Terrapene
トウブハコガメ トウブハコガメ
Terrapene carolina carolina Common Box Turtle
アカミミガメ属 Trachemys
アカミミガメ アカミミガメ
Trachemys scripta Red-eared Terrapin

【潜頸亜目(Cryptodira) イシガメ科(Geoemydidae)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
イシガメ属 Mauremys
クサガメ クサガメ
Mauremys reevesii Chinese Three-keeled Pond Turtle
ハミルトンガメ属 Geoclemys
ハミルトンガメ ハミルトンガメ
Geoclemys hamiltonii Black Pond Turtle
バタグールガメ属 Batagur
バタグールガメ バタグールガメ
Batagur baska Common Batagur
コガタセタカガメ属 Pangshura
テクタセタカガメ テクタセタカガメ
Pangshura tecta Common Batagur
ヤマガメ属 Geoemyda
リュウキュウヤマガメ リュウキュウヤマガメ
Geoemyda japonica Okinawa Black-breasted Leaf Turtle
ボルネオカワガメ属 Oritia
ボルネオカワガメ ボルネオカワガメ
Oritia borneensis Bornean River Turtle

【潜頸亜目(Cryptodira) カミツキガメ科(Chelydridae)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
ワニガメ属 Macrochelys
ワニガメ ワニガメ
Macrochelys temminckii Alligator Snapping Turtle

【文献】
Anderton D (1988) Turtles & Tortoise of the World, 191p, Blandford Press, UK.
Pritchard PCH (1989) Taxonomy, Evolution, and Zoologeography, In Harless M Edt, Turtles Perspectives and Research, 1-42, Krieger Pbl, USA.
Guillon J-M, Guéry L, Hulin V and Marc Girondot M (2012) A large phylogeny of turtles (Testudines) using molecular data, Contributions to Zoology, 81(3), 147-158, DOI: 10.1163/18759866-08103002, Accessed: 2024-03-01.
Bothschild MB and Naples V (2015) Decompression syndrome and diving behavior in Odontochelys, the first turtle, Acta Palaeontologica Polonica, 60(1), 163–167, DOI: 10.4202/app.2012.0113, Accessed: 2024-03-02.
Fong JJ, Brown JM, Fujita MK, Boussau B (2012) A Phylogenomic Approach to Vertebrate Phylogeny Supports a Turtle-Archosaur Affinity and a Possible Paraphyletic Lissamphibia, PLOS ONE, 7(11) :e48990, DOI: 10.1371/journal.pone.0048990, Accessed: 2024-03-02.
Turtle Taxonomy Working Group (2021) Turtles of the World: Annotated Checklist and Atlas of Taxonomy, Synonymy, Distribution, and Conservation Status (9th Ed.). In: Conservation Biology of Freshwater Turtles and Tortoises: A Compilation Project of the IUCN/SSC Tortoise and Freshwater Turtle Specialist Group. Chelonian Research Monographs, No. 8, 1–472, URL: https://iucn-tftsg.org/wp-content/uploads/crm.8.checklist.atlas_.v9.2021.e3.pdf, Accessed: 2024-03-02.
Ascarrunz E, Claude J and Joyce WG (2021) The phylogenetic relationships of geoemydid turtles from the Eocene Messel Pit Quarry: a first assessment using methods for continuous and discrete characters, PeerJ 9:e11805, DOI: 10.7717/peerj.11805, Accessed: 2024-03-03.

動物界(Animalia)の系統概要

 動物界(Animalia)の系統は、20世紀後半から珍無腸動物門、顎口動物門、胴甲動物門、類線形動物などの新しい門の追加があった事もあり、再構成が進みつつあるようです。ここでは、Dunn et al.(2014)などを参考にして、概要図を作ってみました。

 【真核生物】【シダ類】【裸子植物】【被子植物】【哺乳類】【鳥類】【昆虫類】 【節足動物】 【軟体動物】【後生動物


【動物界(Animalia)の系統概要】(Dunn et al.,2014)
┬─────────────有櫛動物門(Ctenophora):ウリクラゲ
└┬────────────海綿動物門(Porifera):カイメン類
 └┬───────────平板動物門(Placozoa):センモウヒラムシ
  └┬──────────刺胞動物門(Cnidaria):サンゴ、クラゲ、イソギンチャク
   └左右相称動物(Bilateria)
    │┌────────珍無腸動物門(Xenacoelomorpha):チンウズムシ類、無腸動物
    └┤┌前口動物(Protostomia)
     └┤│┌─────毛顎動物門(Chaetognatha):ヤムシ
      │└┼冠輪動物上門(Spiralia)─→
      │ └脱皮動物上門(Ecdysozoa)─→
      └後口動物(Deuterostomia)
       │┌水腔動物上門(Ambulacraria)
       ││└┬───棘皮動物門(Echinodermata):ウニ、ヒトデ、ナマコ
       └┤ └───半索動物門(Hemichordata):ギボシムシ類、筆石類(†)
        └──脊索動物(Chordata)
           │┌─頭索動物門(Cephalochordata):ナメクジウオ
           └┤┌被嚢動物門(Urochordata):ホヤ、サルパ
            └┴有頭動物(Craniata)─→

【冠輪動物上門(Spiralia)の系統概要】(Dunn et al.,2014)
 ┌───苔虫動物門(Bryozoa)=外肛動物門(Ectoprocta):コケムシ
 ┤┌──内肛動物門(Endoprocta)=曲形動物門(Kamptozoa):スズコケムシ
 ├┴──有輪動物門(Cycliophora):シンビオン
 ├担輪動物(Trochozoa)
 ││┌─環形動物門(Annelida):ゴカイ、ミミズ、ヒル
 │└┼─軟体動物門(Mollusca)
 │ ├─紐形動物門(Nemertea):ヒモムシ
 │ └┬腕足動物門(Brachiopoda):シャミセンガイ
 │  └箒虫動物門(Phoronida):ホウキムシ
 ├───腹毛動物門(Gastrotricha):イタチムシ
 ├───扁形動物門(Platyhelminthes):プラナリア
 ├担顎動物(Gnathifera)
 ││┌─顎口動物門(Gnathostomulida):ナソストムラ
 │└┼─微顎動物門(Micrognathozoa):リムノグナシア
 │ └─輪形動物門(Rotifera):ワムシ
 ├───直泳動物門(Orthonectida):ロパルラ
 └───二胚動物門(Dicyemida):ニハイチュウ


【脱皮動物上門(Ecdysozoa)の系統概要】(Dunn et al.,2014)
 ┌有棘動物(Scalidophora)
 ││┌─鰓曳動物門(Priapulida):プリアプルス類
 │└┼─胴甲動物門(Loricifera):ロリシフェラ
 ┤ └─動吻動物門(Kinorhyncha):ヨロイムシ
 ├糸型動物(Nematoida)
 ││┌─線形動物門(Nematoda):センチュウ類
 │└┴─類線形動物門(Nematomorpha):ハリガネムシ
 └(汎節足動物Panarthropoda)
  │┌─緩歩動物門(Tardigrada):クマムシ
  └┴┬有爪動物門(Onychophora):カギムシ
    └節足動物門(Arthropoda)

【有頭動物(Craniata)の系統概要】(Hedges,2009)
 有頭動物は『円口類(無顎類)』が脊椎動物門から除外されるようになったことに伴って、提案されている新たな分類群ですが、階級は決まっていないようです。円口類の他にも多系であることが明らかになった綱相当の分類群『硬骨魚類』は使われなくなりつつあり、化石研究での謎の一つとなっていたコノドントの正体が円口類に近い生物の歯であった(Donoghue et al.,2000)と考えられるようになっています。かつて生きた化石として注目されたシーラカンス類の分岐年代はシルル紀頃と推定(Hedges,2009)されていますので、サメ類(カンブリア紀)や旧硬骨魚類(オルドビス紀)のほうが古い時代に分岐したことも明らかとなっています。

┬円口類(Cyclostomata)≒無顎類(Agnatha):ヤツメウナギ、ヌタウナギ
脊椎動物亜門(Vertebrata)
 └┬軟骨魚綱(Chondrichthyes):サメ、エイ
  └┬条鰭亜綱(Actinopterygii):旧硬骨魚類の大部分
   └肉鰭綱(Sarcopterygii)
    │┌肉鰭亜綱(Actinostia):シーラカンス
    └┼肺魚亜綱(Dipnoi):ハイギョ
     └四肢動物上綱(Tetrapoda)
      └┬平滑両生亜綱(Lissamphibia):両生類、蛙形類(†)
       └有羊膜類(Amniota):爬虫類鳥類哺乳類

Dunn CW, Giribet G, Edgecombe GD and Hejnol A (2014) Animal Phylogeny and Its
Evolutionary Implications, Ann Rev Ecol Evol Syst, 45, 371-395, DOI: 10.1146/annurev-ecolsys-120213-091627, Accessed: 2024-02-22.
Hedges SB (2009) Vertabrates (Vertebrata), In The Timetree of Life, Hedges SB and Kumar S Eds, 309-314, Oxfoed Univ Press, URL: http://timetree.igem.temple.edu/public/data/pdf/Hedges2009Chap39.pdf, Accessed: 2024-02-23.
Donoghue PCJ, Forey PL and Aldridge RJ (2000) Conodont affinity and chordate phylogeny, Biol Rev, 75, 191–251, DOI: 10.1017/S0006323199005472, Accessed: 2024-02-21.