月別アーカイブ: 2024年5月

ハスノハギリ科の写真整理

 ハスノハギリ科(Hernandiaceae)は、5属62種で構成され、モニミア科(Monimiaceae)とクスノキ科(Lauraceae)に近縁と考えられています(Michalak et al.,2010)。本州以北での自生はないのですが、植物園での栽培では見ることが出来ます。
 維管束植物の分類【概要小葉植物と大葉シダ植物裸子植物被子植物(APG-IV体系)】【生物系統樹


【クスノキ目(Laurales) ハスノハギリ科(Hernandiaceae)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
ハスノハギリ属 Hernandia
ハスノハギリ ハスノハギリ
Hernandia nymphaeifolia Buah Keras Laut

【文献】
Michalak I, Zhang L-B and Renner SS (2010) Trans-Atlantic, trans-Pacific and
trans-Indian Ocean dispersal in the small Gondwanan Laurales family Hernandiaceae, J Biogeogr,37, 1214–1226, DOI: 10.1111/j.1365-2699.2010.02306.x, Accessed: 2024-05-31.
The Angiosperm Phylogeny Group and others (2016) An update of the Angiosperm Phylogeny Group classification for the orders and families of flowering plants: APG IV, Botanical Journal of the Linnean Society, 181(1), 1–20, DOI: 10.1111/boj.12385, Accessed: 2023-07-09.

クサトベラ科の写真整理

 クサトベラ科(Goodeniaceae)は、キク科とカリケラ科からなるグループを姉妹群とする12属420種以上を構成種とする科で(Jabaily et al,2018)、三浦半島エリアでは、スカエボラ(ブルーファンフラワー)が栽培されているのを時折見かけます。
 維管束植物の分類【概要小葉植物と大葉シダ植物裸子植物被子植物(APG-IV体系)】【生物系統樹


【クサトベラ科(Goodeniaceae)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
クサトベラ属 Scaevola
スカエボラ スカエボラ
Scaevola aemula Blue Fan Flower

【文献】
Jabaily RS, Shepherd KA, Michener PS, Bush CJ, Rivero R, Gardner AG and Sessa EB (2018) Employing hypothesis testing and data from multiple genomic compartments to resolve recalcitrant backbone nodes in Goodenia s.l. (Goodeniaceae), Mol Phylog Evol, 127, 502-512, DOI: 10.1016/j.ympev.2018.05.005, Accessed: 2024-05-31.
Christenhusz MJM and Byng JW (2016) The number of known plants species in the world and its annual increase, Phytotaxa. 261(3), 201–217. DOI: 10.11646/phytotaxa.261.3.1, Accessed: 2023-10-05.
The Angiosperm Phylogeny Group and others (2016) An update of the Angiosperm Phylogeny Group classification for the orders and families of flowering plants: APG IV, Botanical Journal of the Linnean Society, 181(1), 1–20, DOI: 10.1111/boj.12385, Accessed: 2023-07-11.

瀬戸神社のヤマサアジサイなど

 瀬戸神社のアジサイ類はヤマアジサイ系が多いので、既に見頃時期が始まっていました。鷹取川でボラだと思って撮影した小魚の群れは、(目が赤いので)メナダの幼魚だったようです。 【魚類】【2023年5月27日
 維管束植物の分類【概要小葉植物と大葉シダ植物裸子植物被子植物(APG-IV体系)】【生物系統樹


【参考】右巻きと左巻き
 メナダ Planiliza haematocheilus
 ノビル Allium macrostemon
 平潟湾
 夕照橋
 (左巻きの)ヘクソカズラ Paederia scandens
 (右巻きの)アサガオ Ipomoea nil
 チガヤ Imperata cylindrica
 イヌマキ Podocarpus macrophyllus
 ハンゲショウ Saururus chinensis
 スイレンボクウ(水蓮木) Grewia occidentalis
 イタヤカエデ Acer pictum


アジサイ科】【2023年5月27日】【被子植物】【生物系統樹



 ヤマアジサイ Hortensia serrata Syn. Hydrangea serrata
  ’白鷺’
  ’富士ナデシコ’
  ’美方八重’
  ’八重白扇’
  ’小町絞り’
  ’美里てまり’
  ’京ノ丈紫紅’
  ’釜無山’
  ’紅月’
  ’姫甘茶'(‘小甘茶’)
  ’KIMONO’
  ’深山八重紫’
  ’日向の紺青’
  ’伊予の残雪’
  ’土佐美鈴’
  ’薩摩紫紺’
  ’月ヶ谷てまり’
  ’伊予の薄墨’
  ’倉木てまり’
  ’伊予の夕立’
  ’日高新錦山’
  ’山梨黄金’
  ’天城甘茶’
  ’土佐のまほろば’
  ’普賢の華’
  ’白舞妓’
  ’花吹雪’
  ’七段花’
  ’楊貴妃’
  ’防長の羽衣’
  ’伊予獅子てまり’
  ’土佐茜’
  ’紅てまり’
  ’紅’
  ’土佐童’
  ’祖谷の風車’
  ’乙姫’
  ’藍姫’
  ’奏音の星’
  ’紅剣’
  ’豊後八重’
  ’九重の線香花火’
  ’紅花甘茶’
  ’由布残雪’
  ’舞妓’
  ’揚羽蝶’
  ’石鎚の光’
  ’夕鶴’
  ’秋篠てまり’
  ’紅額’
  ’瀬戸の夕紅’
  ’入野絞り’
  ’静香’
  ’駿河黄金’
  ’笹の舞’
  ’光月’



 ナンゴクヤマアジサイ Hortensia serrata ver. australis
  ’文楽てまり’



 エゾアジサイ Hortensia serrata ver. yesoensis
  ’越の粧’
  ’青海’



 ヤマアジサイ × トカラアジサイ Hortensia serrataHortensia kawagoeana
 ’おぼろ月’
 ’トカラの宝’



 ヤマアジサイ × コガクウツギ Hortensia serrata × Hortensia luteovenosa
  ’北川小町’
  ’舞扇’
  ’酔湖の月’
  ’土佐の蛍’



 コガクウツギ × ヤマアジサイ Hortensia luteovenosa × Hortensia serrata
  ’新宮五月雨’



 ガクアジサイ Hortensia macrophylla f. normalis
  ’黒姫’



西洋アジサイ Hortensia macrophylla f. hortensia
  ’ホワイトキング’
  ’千代女’



ヤマアジサイ × 西洋アジサイ Hortensia serrata x Hortensia macrophylla f. hortensia
 ’BENI’



ガクアジサイ × 西洋アジサイ Hortensia macrophylla f. normalis x Hortensia macrophylla f. hortensia
  ’うたげ’
  ’ダンスパーティー’



ヤクシマアジサイ Horensia kawagoeana var. grosseserrata



(園芸アジサイ:交配履歴不明) Horensia ×
 ’黄金葉’
 ’竜宮’
 ’SAKURA’
 ’青覆輪清澄沢’



 アメリカノリノキ ‘ピンクアナベル’ Hydrangea arborescens ‘Pink Annabelle’



イワガラミ Schizophragma hydrangeoides
 ’黄金葉イワガラミ’
 ’屋久島イワガラミ’

ハマミズナ科の写真整理

 ハマミズナ科(Aizoaceae)は、ツルナ(Tetragonia tetragonioides)が我が国でも自生しており、メセン類と呼ばれて人気の高い多肉植物や近年サラダ用に販売されることのあるアイスプラントを含む科で、Klak et al.(2003)によれば、少なくとも3つの亜科(セスビウム亜科、メセンブリアンセマム亜科、ルスキア亜科)が単系として識別される一方で、ツルナ亜科(Tetragonioideae)が多系であったこと示されています。

 維管束植物の分類【概要小葉植物と大葉シダ植物裸子植物被子植物(APG-IV体系)】【生物系統樹


【ナデシコ目(Caryophyllales) ハマミズナ科(Aizoaceae)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
ルスキア亜科(Ruschioideae) マツバギク属 Lampranthus
マツバギク マツバギク
Lampranthus spectabilis Fig marigold
メセンブリアンセマム亜科(Mesembryanthemoideae) アプテニア属 Aptenia
ハナツルクサ ハナツルクサ
Aptenia cordifolia Baby Sun Rose
ハマミズナ亜科(Aizooideae) ツルナ属 Tetragonia
ツルナ ツルナ
Tetragonia tetragonioides New Zealand Spinach

【文献】
Klak C, Khunou A, Reeves G and Hedderson T (2003) A phylogenetic hypothesis for the Aizoaceae (Caryophyllales) based on four plastid DNA regions, Am J Bot, 90(10), 1433-1445, DOI: 10.3732/ajb.90.10.1433, Accessed: 2024-05-25.
The Angiosperm Phylogeny Group and others (2016) An update of the Angiosperm Phylogeny Group classification for the orders and families of flowering plants: APG IV, Botanical Journal of the Linnean Society, 181(1), 1–20, DOI: 10.1111/boj.12385, Accessed: 2023-07-11.

海の公園から八景島へ

 八景島のアジサイの見頃はもう少し先になりそうです。




【参考】
 アレチギシギシ Rumex conglomeratus
 デュランタ Duranta erecta
 スモークツリー Cotinus coggygria
 ニセカイソウ(偽海葱) Albuca bracteata
 ウラジロチチコグサ(アメリカチチコグサ) Gamochaeta coarctata
 アオイゴケ Dichondra micrantha
 ラッセルルピナス Lupinus polyphyllus
 マツバギク Lampranthus spectabilis
 タチアオイ Althaea rosea
 キンシバイ Hypericum patulum
 マテバシイ Lithocarpus edulis
 海の公園
 クゲヌマラン Cephalanthera longifolia
 ヤセウツボ Orobanche minor
 八景島バラ園
 レウコフィタ・ブラウニー Leucophyta brownii
 アジサイ Hortensia macrophylla
  エンドレスサマー
  綿帽子
  ブルーダイヤモンド
 ガクアジサイ Hortensia macrophylla f. normalis
  千代女
  泉鳥
  水天一色
  ウェディングドレス
  ダンシングスノー
 カシワバアジサイ Hortensia quercifolia
  ハーモニー
  スノーフレーク
  スノークィーン
 リシマキア・アトロプルプレア Lysimachia atropurpurea
 ルリミゾカクシ(白花) Lobelia erinus ‘White Lady’
 アラセイトウ Mathiola incana

キンチャクソウ科の写真整理

 キンチャクソウ科(Calceolariaceae)は、分子生物学手法の導入に伴ってゴマノハグサ科から独立して設けられた3属約250種からなる科(Cosacov et al.,2009)で、カルセオラリア属 Calceolariaが最大の属です。キンチャクソウ(カルセオラリア)は、50年ほど前には春の園芸植物として定番のひとつでしたが、ネメシア(Nemesia)キンギョソウ(Antirrhinum)リナリア(Linaria)など雰囲気の似ている園芸種の普及に押されたためか、最近ではあまり見かけることがなくなってしまいました。
 維管束植物の分類【概要小葉植物と大葉シダ植物裸子植物被子植物(APG-IV体系)】【生物系統樹


【キンチャクソウ科(Calceolariaceae)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
カルセオラリア属 Calceolaria
キンチャクソウ キンチャクソウ
Calceolaria mexicana Mexican Calceolaria

【文献】
Cosacov A, Sérsic AN, Sosa V, De-Nova JA, Nylinder S and Cocucci AA (2009) New insights into the phylogenetic relationships, character evolution, and phytogeographic patterns of Calceolaria (Calceolariaceae), Am J Bot, 96(12), 2240-2255, DOI: 10.3732/ajb.0900165, Accessed: 2024-05-13.
Mayr EM and Weber A (2006) Calceolariaceae: floral development and systematic implications, Am J Bot 93(3), 327–343, DOI: https://doi.org/10.3732/ajb.93.3.327, Accessed: 2024-05-13.
The Angiosperm Phylogeny Group and others (2016) An update of the Angiosperm Phylogeny Group classification for the orders and families of flowering plants: APG IV, Botanical Journal of the Linnean Society, 181(1), 1–20, DOI: 10.1111/boj.12385, Accessed: 2023-07-11.

ハゴロモモ科の写真整理

 ハゴロモモ科(Cabombaceae)は、2属6種からなる小さな科で、かつてはスイレン科(Nymphaeaceae)とされていたのですが、現在ではスイレン科の姉妹群としてスイレン目(Nymphaeales)の所属となっています(Vialette-Guiraud et al,.2011)。ジュンサイ(Brasenia schreberi)は、粘液に覆われた若芽が汁の実として利用されてきましたが、現在では中国産に押されて国内生産は激減している様です。神奈川県でのジュンサイは既に絶滅したと考えられており(神奈川県植物誌,2018)、写真は大船フラワーセンターで栽培されていたものです。
 維管束植物の分類【概要小葉植物と大葉シダ植物裸子植物被子植物(APG-IV体系)】【生物系統樹


【スイレン目ハゴロモ科】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
ジュンサイ属 Brasenia
ジュンサイ ジュンサイ
Brasenia schreberi Water Shield

Vialette-Guiraud ACM, Alaux M, Legeai F, Finet C, Chambrier P, Brown SC, Chauvet A, Magdalena C, Rudall PJ and Scutt CP (2011) Cabomba as a model for studies of early angiosperm evolution, Annal Bot, 108, 589–598, DOI: 10.1093/aob/mcr088, Acessed: 2024-05-14.
神奈川県植物誌調査会(2018)神奈川県植物誌2018(上)、p198-199.
The Angiosperm Phylogeny Group and others (2016) An update of the Angiosperm Phylogeny Group classification for the orders and families of flowering plants: APG IV, Botanical Journal of the Linnean Society, 181(1), 1–20, DOI: 10.1111/boj.12385, Accessed: 2023-07-07.

朝夷奈切通し経由で大船フラワーセンターへ

 朝夷奈切通しの渓流沿いでみかけたカワトンボは、翅脈の数からアサヒナカワトンボでした。日本産のカワトンボ類は、20世紀末からDNA分析を使った検討が進められていて、現在の日本産カワトンボ属はニホンカワトンボとアサヒナカワトンボの2種に整理されています(刈部ら,2010)。同報によれば、三浦半島はアサヒナカワトンボの分布する地域の様です。同報では鷹取山は未調査となっていますが、私の知る限り鷹取山周辺ではカワトンボ類を見かけることはなく、既に絶滅していると思われます。



 アサヒナカワトンボ Mnais pruinosa
 ミツデウラボシ Selliguea hastatus var. longisquamata
 ケイワタバコ Conandron ramondioides var. pilosus
 コンボルブルス・クネオルム Convolvulus cneorum
 ワックスフラワー Charamelaucium uncinatum
 キバナイペ Handroanthus chrysotrichus
 スイカズラ Lonicera japonica
 カヤ Torreya nucifera 横浜市名木古木No.49290:朝比奈町21
 朝夷奈切通石塔群
 ガマズミ Viburnum dilatatum
 ミチバタガラシ Rorippa dubia
 ハンミョウ Cicindela japonica
 ジュウモンジシダ Polystichum tripteron
 磨崖仏(大切通し)
 峠坂道普請碑(安永九子天(1780)十二月吉日)
 ミズゴケの一種 Sphagnum sp.
 ミスジチョウ Neptis philyra
 地蔵尊(朝比奈切通し)
 ユキノシタ Saxifraga stolonifera
 ヤブデマリ Viburnum plicatum var. tomentosum
 三郎の滝(朝比奈切通)
 ハルジオン Erigeron philadelphicus
 セリバヒエンソウ Delphinium anthriscifolium
 メキシコマンネングサ Sedum mexicanum
 ウメノキゴケの一種 Parmotrema sp.
 テイカカズラ Trachelospermum asiaticum
 オボロヅキ Graptopetalum paraguayense
 エゴノキ Styrax japonica
 シャリンバイ Rhaphiolepis indica
 大船フラワーセンター
 イザヨイバラ Rosa roxburghii
 カスマグサ Vicia tetrasperma
 ウメ ‘緑萼枝垂’ Armeniaca mume ‘Ryokugakushidare’
 チユウキンレン(地湧金蓮) Musella lasiocarpa
 オゼコウホネ Nuphar pumila var. ozeensis
 アサザ Nymphoides peltata
 ネムロコウホネ Nuphar pumila var. pumila
 ジュンサイ Brasenia schreberi
 ホザキキカシグサ Rotala rotundifolia ‘Green’
 イヌタヌキモ Utricularia tenuicaulis
 ハリイ Eleocharis congedta
 コルディリネ・ストリクタ Cordyline stricta
 アメリカンブルー Evolvulus nuttallianus
 キバナミソハギ Heimia myrtifolia
 アカサヤネムノキ(エバーフレッシュ) Cojoba arborea var. augustifolia
 ブーゲンビレア Bougainvillea sp. ‘California Gold’
 ディスティクティス・ブッキナトリア Distictis buccinatria
 コプシア・フラヴィダ Kopsia flavida
 コダチヤハズカズラ Thunbergia erecta
 ハエトリグサ Diobea muscipula
 リベルティア・フォルモサ Libertia formosa
 シロバナブラシノキ Callistemon salignus
 ブラシノキ Callistemon speciosus
 レモンブラシノキ(?) Callistemon pallidus
 キンチャクソウ Calceolaria mexicana
 ヤマグワ Morus australis
 ルピナス Lupinus sp.
 ハナビシソウ Eschscholzia californica
 ホウノキ Magnolia obovata
 チリアヤメ Herbertia lahue
 ケヤキ Zelkova serrata
 ウツギ Deutzia crenata
 大船観音


【文献】
刈部治紀・守屋博文・林文男(2010)神奈川県をちゃうしんとしたカワトンボ属の分布、Bull kanagawa Prefrct Mus (Nat Sci), 39, 25-34, URL: https://nh.kanagawa-museum.jp/www/contents/1600316244465/simple/bull_39-3.pdf, Accessed: 2024-05-17.
カワトンボ科、デジタルトンボ図鑑、URL: https://www.odonata.jp/03imago/Calopterygidae/index.html, Accessed: 2024-05-13.

アカテツ科の写真整理

 アカテツ科(Sapotaceae)は、熱帯亜熱帯に分布する木本により構成される科で、5連53属最大1250種が記載されていますが、遺伝子解析手法によって連のレベルで入れ子があることが報告されています(Swenson and Anderberg,2005)。その後、新たなマーカーの導入が提案されている(Christe et al.,2021)様ですので、現在でも科内の整理が進んでいるものと思われます。
 柿に似た実を利用する果樹が含まれていて、南インドでは、サポジラ、スターアップルなどを食す事が出来たのですが、デジカメになってからは撮影してこなかったと思っていました。今日ブログを見直していて、酸味を甘みに替える成分ミラクリンを含むことで知られるミラクルフルーツがこの科であることに気づきました。
維管束植物の分類【概要小葉植物と大葉シダ植物裸子植物被子植物(APG-IV体系)】【生物系統樹


【ツツジ目(Ericales) アカテツ科(Sapotaceae)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
オーガストノキ亜科(Chrysophyloideae) オーガストノキ連(Chrysophylleae) フルクリコ属 Synsepalum
ミラクルフルーツ ミラクルフルーツ
Synsepalum dulcificum Miracle Fruit

【文献】
Swenson U and Anderberg AA (2005) Phylogeny, character evolution, and classification of Sapotaceae (Ericales), Cladistics, 21, 101–130, DOI: 10.1111/j.1096-0031.2005.00056.x, Accessed: 2024-05-10.
Christe G, Boluda CG, Koubínova D, Gautier L, Yamama Naciri Y (2021) New genetic markers for Sapotaceae phylogenomics: More than 600 nuclear genes applicable from family to population levels, Mol PhylogenEvol, 160, 107123, DOI: 10.1016/j.ympev.2021.107123, Accessed: 2024-05-10.

鷹取山周辺の春-2024

 写真整理に忙しくしていて、暫く行かなかったうちに、あたりはすっかり春になっていました。


【参考】
 メマツヨイグサ Oenothera biennis
 ノースポール Chrysanthemum paludosum
 シラン Bletilla striata
 フリージア Freesia refracta
 二オイバンマツリ Brunfelsia australis
 ウマノアシガタ Ranunculus japonicus
 ワトソニア Watsonia marginata
 シャリンバイ Rhaphiolepis indica
 ハナカタバミ Oxalis bowiei
 シラユキゲシ Eomecon chionantha
 マルバウツギ Deutzia scabra
 コゴメウツギ Stephanandra incisa
 シハイタケ Trichaptum abietinum
 ハカワラタケ Trichaptum biforme
 マルバウツギ Deutzia scabra
 トベラ Pittosporum tobira
 カマツカ Pourthiaea villosa
 ガマズミ Viburnum dilatatum
 ツマグロオナガバチ Epirhyssa nigristigms
 オオハナワラビ Botrychium japonicum
 ハコネウツギ Weigela coraeensis
 ノハタカラクサ Tradescantia flumiensis
 ビワ Eriobotrya japonica
 コマユミ Euonymus alatus form. striatus
 アミスギタケ Polyporus arcularius
 テントウムシダマシ科の一種
 オボロヅキ Graptopetalum paraguayense
 コバンソウ Briza maxima
 ゲンペイコギク Erigeron karvinskianus
 イヌカタヒバ Selaginella moellendorffii
 大島桜(おおしまざくら)Cerasus speciosa
 ワトソニア Watsonia marginata
 フリージア Freesia refracta
 ゲンペイコギク Erigeron karvinskianus
 モモイロヒルザキマツヨイグサ Oenothera speciosa
 ヒメイワダレソウ Lippia canescens
 ヤグルマギク Centaurea cyanus
 フリージア Freesia refracta
 シュンギク Glebionis coronaria
 アリウム・トリケトラム Allium triquetrum
 タツナミソウ Scutellaria indica