ワサビノキ科の写真整理

 ワサビノキ科(Moringaceae)は、1属13科で構成されるコンパクトな科でパパイア科(Caricaceae)の姉妹群と考えられています(Olson,2002)。ワサビノキ(Moringa oleifera)は、南インドではごく普通な野菜として利用されていて、一見して立派なインゲンマメの様な実をカレーの具材にしているのを食したことがあります。
 維管束植物の分類【概要小葉植物と大葉シダ植物裸子植物被子植物(APG-IV体系)】【生物系統樹


【アブラナ目(Brassicales) ワサビノキ科(Moringaceae)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
ワサビノキ属 Moringa
ワサビノキ ワサビノキ
Moringa oleifera Drumstick Tree

【文献】
Olson ME (200) Combining Data from DNA Sequences and Morphology for a Phylogeny of Moringaceae (Brassicales), System Bot, 27(1), 55–73, URL: https://www.formad-environnement.org/Olson2002_Moringa_phylogeny.pdf, Accessed: 2024-06-26.
The Angiosperm Phylogeny Group and others (2016) An update of the Angiosperm Phylogeny Group classification for the orders and families of flowering plants: APG IV, Botanical Journal of the Linnean Society, 181(1), 1–20, DOI: 10.1111/boj.12385, Accessed: 2023-07-11.

カンラン科の写真整理

 カンラン科(Burseraceae)は、約18属680種が記載されていて、熱帯域を中心に分布しています(Clarkson et al.,2002)。近年の分類体系ではムクロジ目に置かれていて、ウルシ科が姉妹群と考えられています(Joyce et al.,2023)。
 東南アジアに分布する橄欖(カンラン)(Canarium album)は、種子(核果)が食用あるいは搾油原料として利用され(Morgen and Wiary,2011)、我が国でも九州以南では栽培されることがあるそうです。よく混同されるモクセイ科のオリーブ(洋橄欖(ヨウカンラン)Olea europaea)とは、分類的にはかなり異なっています。


【ムクロジ目(Sapindales)の系統概要】Joyce et a.l,(2023)

┌ソーダノキ科(Nitrariaceae)
┤┌┬ビーベルステイニア科(Biebersteiniaceae)
└┤└ムクロジ科(Sapindaceae)
 │ ┌キルキア科(Kirkiaceae)
 │┌┴┬カンラン科(Burseraceae)
 └┤ └ウルシ科(Anacardiaceae)
  │┌ニガキ科(Simaroubaceae)
  └┤┌センダン科(Meliaceae)
   └┴ミカン科(Rutacea)

 維管束植物の分類【概要小葉植物と大葉シダ植物裸子植物被子植物(APG-IV体系)】【生物系統樹


【ムクロジ目(Sapindales) カンラン科(Burseraceae)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
カンラン属 Canarium
カンラン カンラン
Canarium album White Olive

【文献】
Clarkson JJ, Chase MW and Harley MM (2002) Phylogenetic relationships in Burseraceae based on plasmid rps16 intron sequenes, Kew Bullerin, 57, 183-193, DOI: 10.2307/4110826, Accessed: 2024-06-30.
Joyce EM, Appelhans MS, Buerki S, Cheek M, Vos JMd, Pirani JR, Zuntini AR, Bachelier JB, Bayly MJ, Callmander MW, Devecchi MF, Pell SK, Groppo M, Lowry II PP, Mitchell J, Siniscalchi CM, Munzinger J, Orel HK, Pannell CM, Nauheimer L, Sauquet H, Weeks A, Muellner-Riehl AN, Leitch IJ, Maurin O, Forest F, Nargar K, Thiele KR, Baker WJ and Crayn DM (2023) Phylogenomic analyses of Sapindales support new family relationships, rapid MidCretaceous Hothouse diversification, and heterogeneous histories of gene duplication, Front Plant Sci, 14:1063174, DOI: 10.3389/fpls.2023.1063174, Accessed: 2024-06-30.
Becerra JX, Noge K, Olivier S and Venable DL (2012) The monophyly of Bursera and its impact for divergence times of Burseraceae, 10.1002/tax.612005, TAXON, 61(2),333–343, Accessed: 2024-06-30.
Daly DC, PerdizRO, Fine PVA, Damasco C, Martínez‑Habibe MC and Calvillo‑Canadell L (2022) A review of Neotropical Burseraceae, Brazilian J Bot, 45, 103–137, DOI: 10.1007/s40415-021-00765-1, Accessed: 2024-06-30.
The Angiosperm Phylogeny Group and others (2016) An update of the Angiosperm Phylogeny Group classification for the orders and families of flowering plants: APG IV, Botanical Journal of the Linnean Society, 181(1), 1–20, DOI: 10.1111/boj.12385, Accessed: 2023-07-11.

キントラノオ科の写真整理

 キントラノオ科(Malpigiaceae)は、77属最大1300種からなる科で、科内には14のクレードが認められています(Davis and Anderson,2010)。分布の中心は熱帯域なのであまり見かけることはありませんが、実のビタミンC含量が高いので機能性食品原料とされるアセロラ(Malpighia emarginata)の名がよく知られています。
 維管束植物の分類【概要小葉植物と大葉シダ植物裸子植物被子植物(APG-IV体系)】【生物系統樹


【キントラノオ目(Malpighiales) キントラノオ科(Malpigiaceae)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
ヒイラギトラノオ属 Malpighia
ヒイラギトラノオ ヒイラギトラノオ
Malpighia coccigera Singapore Holly
アセロラ アセロラ
Malpighia emarginata Acerola
コウシュンカズラ属 Tristellateria
コウシュンカズラ コウシュンカズラ
Tristellateria australasiae Maiden’s Jealousy

【文献】
Davis CC and Anderson WR (2010) A Complate Generic Phylogeny of Malpighiaceae
Inferred form nucleotide Sequence data and Morphology, Am J Bot, 97(12), 2031-2048, DOI: 10.3732/ajb.1000146, Accessed: 2024-06-29.
The Angiosperm Phylogeny Group and others (2016) An update of the Angiosperm Phylogeny Group classification for the orders and families of flowering plants: APG IV, Botanical Journal of the Linnean Society, 181(1), 1–20, DOI: 10.1111/boj.12385, Accessed: 2023-07-11.

ツゲモドキ科の写真整理

 ツゲモドキ科(Putranjivaceae)は、熱帯域を中心に分布する木本種の2属約216種により構成されます(Christenhusz and Byng,2016)。エングラー体系による旧分類ではトウダイグサ科コミカンソウ亜科とされましたが、現在のAPG体系ではコミカンソウ科とともに独立科となっています(APG-IV,2016)。
 維管束植物の分類【概要小葉植物と大葉シダ植物裸子植物被子植物(APG-IV体系)】【生物系統樹


【ツゲモドキ科周辺の系統】(Wurdack et al.,2004)

   ┌コミカンソウ科(Phyllanthaceae)
  ┌┴ピクロデンドロン科(Picrodendraceae)
 ┌┴狭義のトウダイグサ科(Euphaorbiaceae s.s.)
┌┤┌┬ツゲモドキ科(Putranjivaceae)
┤└┤└ハネミカズラ科(Lophopyxidaceae)
│ └パンダ科(Pandaceae)
└フミリア科(Humiriaceae)

【キントラノオ目(Malpighiales) ツゲモドキ科(Putranjivaceae)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
テリハボク亜科(Garcinieae) ツゲモドキ属 Drypetes
ハツバキ ハツバキ
Drypetes integerrima

【文献】
Wurdack KJ, Hoffmann P, Samuel R, Bruijn Ad, Bank Mvd, Chase MW (2004) Molecular phylogenetic analysis of Phyllanthaceae (Phyllanthoideae pro parte, Euphorbiaceae sensu lato) using plastid RBCL DNA sequences, Am J Bot, 91(11), 1882-1900, DOI: 10.3732/ajb.91.11.1882, Accessed: 2024-07-15.
Christenhusz MJM and Byng JW (2016) The number of known plants species in the world and its annual increase, Phytotaxa. 261(3), 201–217. DOI: 10.11646/phytotaxa.261.3.1, Accessed: 2023-10-05.
The Angiosperm Phylogeny Group and others (2016) An update of the Angiosperm Phylogeny Group classification for the orders and families of flowering plants: APG IV, Botanical Journal of the Linnean Society, 181(1), 1–20, DOI: 10.1111/boj.12385, Accessed: 2023-07-11.

テリハボク科の写真整理

 テリハボク(Calophyllaceae)は、熱帯域を中心に分布する樹木で、14属約460種が記載されています(Cabral et al.,2021)。現在はキントラノオ目に配されていて、近縁の5科を合わせて構成される『Culusioidクレード(※)』の一員とされています(Ruhfel et al.,2016)。
 維管束植物の分類【概要小葉植物と大葉シダ植物裸子植物被子植物(APG-IV体系)】【生物系統樹


※ Clusioidクレードには、下記の5科が属しています。

  ┌カワゴケソウ科 Podostemaceae
 ┌┤│┌┬ポドステマム亜科 Podostemoidea
 ││└┤└ウェッダリナ亜科 Weddellinoidea
┌┤│ └─トリスティチア亜科Tristichoidea
││└オトギリソウ科 Hypericaceae
┤│ │┌┬ビスミア連 Vismiaeae
││ └┤└オトギリソウ連 Hypericumeae
││  └─オハグロノキ連 Cratoxylumeae
│└テリハボク科 Calophyllaceae
│ └┬テリハボク連 Calophyllaceae
│  └エンドデスミア連 Endodesmiaeae
│┌フクギ科 Clusiaceae s.s.
└┤ │┌┬フクギ連 Garcinieae
 │ └┤└シンフォニア連 Symphonieae
 │  └─クルシア連 Clusieae
 └ヤチモクコク科 Bonnetiaceae
  s.s. = sensu stricto : 狭義の

【キントラノオ目(Malpighiales) テリハボク(Calophyllaceae)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
テリハボク亜科(Garcinieae) テリハボク属 Calophyllum
テリハボク テリハボク
Calophyllum inophyllum Tamanu

【文献】
Cabral FN, Trad RJ, Amorim BS, Maciel JR, Amaral MdEd and Stevens P (2021) Phylogeny, divergence times, and diversification in Calophyllaceae: Linking key characters and habitat changes to the evolution of Neotropical Calophylleae, Mol Phylog Ecol, 157, 107041, DOI: 10.1016/j.ympev.2020.107041, Accessed: 2024-07-05.
Ruhfel BR, Bittrich V, Bove CP, Gustafsson MHG, Philbrick CT, Rutishauser R, Xi Z and Davis CC (2011) Phylogeny of the Clusioid Clade (Malpighiales): Evidence from the Plastid and Mitochondrial Genomes, Am J Bot, 98(2), 306–325, DOI: 10.3732/ajb.1000354, Accessed: 2024-07-05.
Ruhfel BR, Bove CP, Philbrick CT and Davis CC (2016) Dispersal largely explains the Gondwanan distribution of the ancient tropical clusioid plant clade, Am J Bot, 103(6), 1117–1128, DOI: 10.3732/ajb.1500537, Accessed: 2024-07-05.
Christenhusz MJM and Byng JW (2016) The number of known plants species in the world and its annual increase, Phytotaxa, 261(3), 201–217, DOI: 10.11646/phytotaxa.261.3.1, Accessed: 2024-07-05.
The Angiosperm Phylogeny Group and others (2016) An update of the Angiosperm Phylogeny Group classification for the orders and families of flowering plants: APG IV, Botanical Journal of the Linnean Society, 181(1), 1–20, DOI: 10.1111/boj.12385, Accessed: 2023-07-11.

フクギ科の写真整理

 フクギ科(Clusiaceae)は、現在はキントラノオ目に置かれている熱帯起源の科で、近縁の5科を合わせて構成される『Culusioidクレード(※)』の一員とされています(Ruhfel et al.,2016)。この科には約13属750種が記載されていて(Christenhusz and Byng,2016)、果物の女王として名高いマンゴスチン(Garcinia mangostana)が含まれています。
 維管束植物の分類【概要小葉植物と大葉シダ植物裸子植物被子植物(APG-IV体系)】【生物系統樹


※ Clusioidクレードには、下記の5科が属しています。

  ┌カワゴケソウ科 Podostemaceae
 ┌┤│┌┬ポドステマム亜科 Podostemoidea
 ││└┤└ウェッダリナ亜科 Weddellinoidea
┌┤│ └─トリスティチア亜科Tristichoidea
││└オトギリソウ科 Hypericaceae
┤│ │┌┬ビスミア連 Vismiaeae
││ └┤└オトギリソウ連 Hypericumeae
││  └─オハグロノキ連 Cratoxylumeae
│└テリハボク科 Calophyllaceae
│ └┬テリハボク連 Calophyllaceae
│  └エンドデスミア連 Endodesmiaeae
│┌フクギ科 Clusiaceae s.s.
└┤ │┌┬フクギ連 Garcinieae
 │ └┤└シンフォニア連 Symphonieae
 │  └─クルシア連 Clusieae
 └ヤチモクコク科 Bonnetiaceae
  s.s. = sensu stricto : 狭義の

【キントラノオ目(Malpighiales) フクギ科(Clusiaceae)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
フクギ連 Garcinieae フクギ属 Garcinia
マンゴスチン マンゴスチン
Garcinia mangostana Purple Mangosteen
タマゴノキ タマゴノキ
Garcinia xanthochymus False Mangosteen

【文献】
Ruhfel BR, Bittrich V, Bove CP, Gustafsson MHG, Philbrick CT, Rutishauser R, Xi Z and Davis CC (2011) Phylogeny of the Clusioid Clade (Malpighiales): Evidence from the Plastid and Mitochondrial Genomes, Am J Bot, 98(2), 306–325, DOI: 10.3732/ajb.1000354, Accessed: 2024-07-05.
Ruhfel BR, Bove CP, Philbrick CT and Davis CC (2016) Dispersal largely explains the Gondwanan distribution of the ancient tropical clusioid plant clade, Am J Bot, 103(6), 1117–1128, DOI: 10.3732/ajb.1500537, Accessed: 2024-07-05.
Christenhusz MJM and Byng JW (2016) The number of known plants species in the world and its annual increase, Phytotaxa, 261(3), 201–217, DOI: 10.11646/phytotaxa.261.3.1, Accessed: 2024-07-05.
The Angiosperm Phylogeny Group and others (2016) An update of the Angiosperm Phylogeny Group classification for the orders and families of flowering plants: APG IV, Botanical Journal of the Linnean Society, 181(1), 1–20, DOI: 10.1111/boj.12385, Accessed: 2023-07-11.

ヒルギ科の写真整理

 ヒルギ科(Rhizophoraceae)は、熱帯域に広く分布し、16属約120種からなるコンパクトな科です(Lakshmi et al,2002)。ヒルギというとマングローブ林のイメージが強いのですが、科内のマングローブ構成種は18種のみ(Setoguchi et al,.1999)とのことです。
 東南アジアと南アジアに広く分布するメヒルギ属は、かつて1属1種(Kandelia candel)と考えられていましたが、南シナ海の東側にも分布するメヒルギ属は、今世紀になって別種(Kandelia obovata)として記載されました(Sheue et al.,2003)。わが国の南西諸島に分布するメヒルギも、この新記載種に含まれます。
 維管束植物の分類【概要小葉植物と大葉シダ植物裸子植物被子植物(APG-IV体系)】【生物系統樹


【キントラノオ目(Malpighiales) ヒルギ科(Rhizophoraceae)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
メヒルギ属 Kandelia
メヒルギ メヒルギ
Kandelia obovata Yellow Mangrove
クロッソスティリス属Crossostylis
クロッソスティリス・シーマニィ クロッソスティリス・シーマニィ
Crossostylis seemannii
クロッソスティリス・ペンダンキュラータ クロッソスティリス・ペンダンキュラータ
Crossostylis pendunculata
クロッソスティリス・バンクシアナ クロッソスティリス・バンクシアナ
Crossostylis banksiana

【文献】
Lakshmi M, Parani M, Senthilkumar P and Parida A (2002) Molecular phylogeny of mangroves VIII: Analysis of mitochondrial DNA variation for species identification and relationships in Indian mangrove Rhizophoraceae, Wetland Ecol Manag, 10, 355–362, DOI: 10.1023/A:1020924818082, Accessed: 2024-06-21.
Setoguchi H, Kosuge K and Tobe H (1999) Molecular Phylogeny of Rhizophoraceae Based on rbcL Gene Sequences, J Plant Res, 112, 443-455, URL: https://link.springer.com/article/10.1007/PL00013899, Accessed: 2024-06-21.
Sheue C-R, Liu H-Y and Yong JWH (2003), Kandelia obovata (Rhizophoraceae), a new mangrove species from Eastern Asia, Taxon, 52, 287–294, DOI: 10.2307/3647398, Accessed: 2024-06-21.
Xu X, Shen Y, Zhang Y, Li Q, Wang W, Chen L, Chen G, Ng WL, Islam MN, Punnarak P, Zheng H and Zhu X (2023) A comparison of 25 complete chloroplast genomes between sister mangrove species Kandelia obovata and Kandelia candel geographically separated by the South China Sea, Front Plant Sci 13:1075353, DOI:
10.3389/fpls.2022.1075353, Accessed: 2024-06-21.
The Angiosperm Phylogeny Group and others (2016) An update of the Angiosperm Phylogeny Group classification for the orders and families of flowering plants: APG IV, Botanical Journal of the Linnean Society, 181(1), 1–20, DOI: 10.1111/boj.12385, Accessed: 2023-07-11.

ドクウツギ科の写真整理

 ドクウツギ科(Coriariaceae)は、ドクウツギ属(Coriaria)単独で構成され、14-17種が記載されています。姉妹群とされるコリノカルプス科(Corynocarpaceae)との分岐は白亜紀後期と推定されており、化石と属内の系統がゴンドワナ大陸分離の証拠となることで注目されています(Renner et al.,2020)。我が国ではドクウツギ(Coriaria japonica)のみが自生し、神奈川県西部では普通種とされています(神奈川県植物誌, 2018)。
 維管束植物の分類【概要小葉植物と大葉シダ植物裸子植物被子植物(APG-IV体系)】【生物系統樹


【ウリ目(Cucurbitales) ドクウツギ科(Coriariaceae)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
ドクウツギ属 Coriaria
ドクウツギ ドクウツギ
Coriaria japonica Doku-utsugi

【文献】
Renner SS, Barreda VD, Tellería MC, Palazzesi L and Schuster TM (2020) Early evolution of Coriariaceae (Cucurbitales) in light of a new early Campanian (ca. 82 Mya) pollen record from Antarctica, TAXON, 69(1), 87–99, DOI 10.1002/tax.12203, Accessed: 2024-07-14.
神奈川県植物誌調査会(2018)神奈川県植物誌2018(下)、p922.
The Angiosperm Phylogeny Group and others (2016) An update of the Angiosperm Phylogeny Group classification for the orders and families of flowering plants: APG IV, Botanical Journal of the Linnean Society, 181(1), 1–20, DOI: 10.1111/boj.12385, Accessed: 2023-07-11.

ビワモドキ科の写真整理

 ビワモドキ科(Dilleniaceae)は、10~14属最大約500種が記載されている科で、熱帯域に広く分布します。最新の分類体系(APG-IV,2016)では真正双子葉類(Eudicots)ビワモドキ目(Dilleniales)の単独科となっていますが、近縁の目が何であるかについては未だ検討中の様です。科内には少なくとも3つのクレードが識別されています(Horn,2009)。
 維管束植物の分類【概要小葉植物と大葉シダ植物裸子植物被子植物(APG-IV体系)】【生物系統樹


【ビワモドキ目(Dilleniales) ビワモドキ科(Dilleniaceae)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
:ビワモドキ属 Dillenia
ビワモドキ ビワモドキ
Dillenia indica Elephant Apple

【文献】
Horn JW (2009) Phylogenetics of Dilleniaceae Using Sequence Data from Four Plastid Loci (rbcL>/i>, infA, rps4, rpl16 Intron), Int J Plant Sci, 170(6), 794-813, URL: https://www.journals.uchicago.edu/doi/epdf/10.1086/599239, Accessed: 2024-06-28.
The Angiosperm Phylogeny Group and others (2016) An update of the Angiosperm Phylogeny Group classification for the orders and families of flowering plants: APG IV, Botanical Journal of the Linnean Society, 181(1), 1–20, DOI: 10.1111/boj.12385, Accessed: 2023-07-11.
Angiosperm Phylogeny Group (2009) An update of the Angiosperm Phylogeny Group classification for the orders and families of flowering plants: APG III, Bot J Linnean Soc, 161(2), 105–121, DOI: 10.1111/j.1095-8339.2009.00996.x, Accessed: 2023-08-19.

ツヅラフジ科の写真整理

 ツヅラフジ科(Menispermaceae)は、熱帯域を中心として分布する蔓植物で、約72属520種が記載されています。同科はキンポウゲ目(Ranunculales)の所属で、キンポウゲ科(Ranunculaceae)メギ科が姉妹群と考えられていて、科内には2つの亜科(Menispermoideae, Tinosporoideae)が識別されています(Wefferling et al.,2013)。我国は分布の北限に当たりますが、アオツヅラフジは三浦半島域でも普通種です。
 維管束植物の分類【概要小葉植物と大葉シダ植物裸子植物被子植物(APG-IV体系)】【生物系統樹


【キンポウゲ目(Ranunculales) ツヅラフジ科(Menispermaceae)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
メニスペルマム亜科(Menispermoideae) アオツヅラフジ属 Cocculus
アオツヅラフジ アオツヅラフジ
Cocculus orbiculatus Snailseed
メニスペルマム亜科(Menispermoideae) ハスノハカズラ属 Stephania
タマザキツヅラフジ タマザキツヅラフジ
Stephania cephalantha
メニスペルマム亜科(Menispermoideae) コウモリカズラ属 Menispermum
コウモリカズラ コウモリカズラ
Menispermum dauricum Moonseed

【文献】
Wefferling K, Hoot SB and Neves SS (2013) Phylogeny and fruit evolution in Menispermaceae, Am J Bot, 100(5), 883-905, DOI:10.3732/ajb.1200556, Accessed: 2024-07-10.
The Angiosperm Phylogeny Group and others (2016) An update of the Angiosperm Phylogeny Group classification for the orders and families of flowering plants: APG IV, Botanical Journal of the Linnean Society, 181(1), 1–20, DOI: 10.1111/boj.12385, Accessed: 2023-07-11.