キンバイザサ科の写真整理

 キンバイザサ科(Hypoxidaceae)は、主として南半球に分布する9属約155種からなる科で、科内には3つのグレードが識別されています(Kocyan et al.,2011)。わが国ではキンパイザサ属とコキンバイザサ属が自生するとされていますが、神奈川県では横浜市神奈川区浦島で1935年頃に採集された標本があるものの、その後の確認報告はないようです(神奈川県植物誌,2018)。
 維管束植物の分類【概要小葉植物と大葉シダ植物裸子植物被子植物(APG-IV体系)】【生物系統樹


【キジカクシ目(Asparagales) キンバイザサ科(Hypoxidaceae)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
クルクリゴ属 Curculigo
オオキンバイザサ オオキンバイザサ
Curculigo capitulata Syn. Molineria capitulata Palm Grass

【文献】
Kocyan A, Snijman DA, Forest F, Devey DS, Freudenstein JV, Wiland-Szymańska J, Mark W. Chase, Rudall PJ (2011) Molecular phylogenetics of Hypoxidaceae – Evidence from plastid DNA data and inferences on morphology and biogeography, Mol Phylogen Evol, 60, 122–136, DOI: 10.1016/j.ympev.2011.02.021, Accessed: 2024-07-05.
神奈川県植物誌調査会(2018)神奈川県植物誌2018(上)、p336.
The Angiosperm Phylogeny Group and others (2016) An update of the Angiosperm Phylogeny Group classification for the orders and families of flowering plants: APG IV, Botanical Journal of the Linnean Society, 181(1), 1–20, DOI: 10.1111/boj.12385, Accessed: 2023-07-11.

フィレシア科の写真整理

 フィレシア科(Philesiaceae)は、2属2種のみで構成される現在ユリ目に置かれているコンパクトな科です(Christenhusz and Byng,2016)。遺伝子解析の結果によれば、リポゴヌム科とともにサルトリイバラ科の姉妹群になると推定されています(Kim et al.,2013)。


【フィレシア科の系統関係】Kim et al.(2013)

ユリ科(Liliaceae)
┤┌サルトリイバラ科(Smilacaceae)
└┴┬リポゴヌム科(Ripogonaceae)
  └フィレシア科(Philesiaceae)

 維管束植物の分類【概要小葉植物と大葉シダ植物裸子植物被子植物(APG-IV体系)】【生物系統樹


【ユリ目(Liliales) フィレシア科(Philesiaceae)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
ツバキカズラ属 Lapageria
ツバキカズラ ツバキカズラ
Lapageria rosea Chilean Bellflower

【文献】
Christenhusz MJM and Byng JW (2016) The number of known plants species in the world and its annual increase, Phytotaxa, 261(3), 201–217, DOI: , Accessed: 2024-07-12.
Kim JS, Hong J-K, Chase MW, Fay MF and Kim J-H (2013) Familial relationships of the monocot order Liliales based on a molecular phylogenetic analysis using four plastid loci: matK, rbcL, atpB and atpF-H, Bot J Linnean Soc, 172, 5–21, DOI:
, Accessed: 2024-07-12.
The Angiosperm Phylogeny Group and others (2016) An update of the Angiosperm Phylogeny Group classification for the orders and families of flowering plants: APG IV, Botanical Journal of the Linnean Society, 181(1), 1–20, DOI: 10.1111/boj.12385, Accessed: 2023-07-11.

モニミア科(の写真整理

 モニミア科(Monimiaceae)は、南半球の熱帯域を中心に分布しており、27~28属2000~270種で構成されています(Bobrov et al.,2017)。かつてはモクレン目とされましたが、現在ではクスノキ目に置かれています(APG-IV,2016)。
 モニミア科周辺の系統関係は下記の様に推定されています。
【クスノキ目(Laurales)の系統関係】(Renner,1998)

  ┌クスノキ目(Laurales)
  ││ ┌ロウバイ科(Calycanthaceae)
  ││┌┤┌ハスノハギリ科(Hernandiaceae)
  │││└┼クスノキ科(Lauraceae)
  │└┤ └モニミア科(Monimiaceae)
 ┌┤ │┌アセロスペルマ科(Atherospermataceae)
 ││ └┼ゴモルテガ科(Gomortegaceae)
┌┤│  └シパルナ科(Siparunaceae)
┤│└ニクズク科(Myristicaceae)ケネマ属(Knema)  ┐外群:
│└モクレン科(Magnoliaceae)モクレン属(Magnolia) ├モクレン目
└モクレン科(Magnoliaceae)ユリノキ属(Liriodendron) ┘(Magnoliales)

 維管束植物の分類【概要小葉植物と大葉シダ植物裸子植物被子植物(APG-IV体系)】【生物系統樹


【クスノキ目(Laurales) モニミア科(Monimiaceae)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
ステガンテラ属 Steganthera
ステガンテラ・ラクシフローラ ステガンテラ・ラクシフローラ
Steganthera laxiflora Tetra Beech

【文献】
Bobrov AV, Iurmanov AA, Lorence DH (2017) Phylogenetic biogeography of the family Monimiaceae. Geograph Environ Sustainab, 10(4), 16-26, DOI: 10.24057/2071-9388-2017-10-4-16-26, Accessed: 2024-07-05.
Renner SS (1998) Phylogenetic affinities of Monimiaceae based on cpDNA gene and spacer sequences, Perspect Plant Ecol Evol Systemat, 1(1), 61–77, DOI: 10.1078/1433-8319-00052, Accessed: 2024-07-05.
The Angiosperm Phylogeny Group and others (2016) An update of the Angiosperm Phylogeny Group classification for the orders and families of flowering plants: APG IV, Botanical Journal of the Linnean Society, 181(1), 1–20, DOI: 10.1111/boj.12385, Accessed: 2023-07-07.

エウポマティア科の写真整理

 エウポマティア科(Eupomatiaceae)は、1属3種のみ記載されている科で、この科の蕾は花被片が合着したカリプトラ(Calyptra)というカップ状の構造に包まれていることが特徴です(Endress,200)。分布はオーストラリアとニューギニアに限られているので我が国での自生はなく、写真は小石川植物園の温室で栽培されていたものです。


 維管束植物の分類【概要小葉植物と大葉シダ植物裸子植物被子植物(APG-IV体系)】【生物系統樹


【モクレン目(Magnoliales) エウポマティア科(Eupomatiaceae)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
エウポマティア属 Eupomatia
エウポマティア・ベンネティイ エウポマティア・ベンネティイ
Eupomatia bennettii Small Bolwarra

【文献】
Endress PK (2003) Early Floral Development and Nature of the Calyptra in Eupomatiaceae (Magnoliales), Int J Plant Sci, 164(4), 489–503, DOI: 10.1086/375319, Accessed: 2024-07-05.
Sauquet H, Doyle JA, Scharaschkin T, Borsch T, Hilu KQ, Chatrou LW and Thomas AL (2003) Phylogenetic analysis of Magnoliales and Myristicaceae based on multiple data sets: implications for character evolution, Bot J Linnean Soc, 142(2), 125–186, DOI: 10.1046/j.1095-8339.2003.00171.x, Accessed: 2024-06-22.
Doyle JA, Sauquet H, Scharaschkin T, and Thomas AL (2004) Phylogeny, Molecular and Fossil Dating, and Biogeographic History of Annonaceae and Myristicaceae (Magnoliales), Int J Plant Sci, 165(4 Suppl), S55–S67, DOI: 10.1086/421068, Accessed: 2024-06-22.
The Angiosperm Phylogeny Group and others (2016) An update of the Angiosperm Phylogeny Group classification for the orders and families of flowering plants: APG IV, Botanical Journal of the Linnean Society, 181(1), 1–20, DOI: 10.1111/boj.12385, Accessed: 2023-07-07.

ニクヅク科(の写真整理

 ニクヅク科(Myristicaceae)は、熱帯域を中心に20属500種が分布します(Mao et al.,2023)。上位分類のモクレン目(Magnoliales)に配された6つの科の中では、最も早い時期に分岐したと推定されていて、科内には地理分布に対応した3つのクレード(アメリカ、アジア、アフリカ・マダガスカル)が識別されています(Sauquet et al.,2003)。このうち、アジアクレードに属するニクヅク(Myristica fragrans)は、種子を肉料理に欠かせないナツメグ、仮種皮を焼き菓子などに利用するメースとして、栽培利用されています。


コウトウニクヅクの「コウトウ」は『紅頭』で、台湾南部の孤島、蘭嶼の旧名『紅頭嶼』に由来するそうです。

 維管束植物の分類【概要小葉植物と大葉シダ植物裸子植物被子植物(APG-IV体系)】【生物系統樹


【モクレン目(Magnoliales) ニクヅク科(Myristicaceae)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
ニクヅク属 Myristica
コウトウニクヅク(紅頭肉豆蔲) コウトウニクヅク
Myristica ceylanica

【文献】
Mao C, Zhang F, Li X, Yang T, Zhao Q and Wu Y (2023) Complete chloroplast genome sequences of Myristicaceae species with the comparative chloroplast genomics and phylogenetic relationships among them, PLoS ONE, 18(3):e0281042, DOI: 10.1371/journal.pone.0281042, Accessed: 2024-06-22.
Sauquet H, Doyle JA, Scharaschkin T, Borsch T, Hilu KQ, Chatrou LW and Thomas AL (2003) Phylogenetic analysis of Magnoliales and Myristicaceae based on multiple data sets: implications for character evolution, Bot J Linnean Soc, 142(2), 125–186, DOI: 10.1046/j.1095-8339.2003.00171.x, Accessed: 2024-06-22.
Doyle JA, Sauquet H, Scharaschkin T, and Thomas AL (2004) Phylogeny, Molecular and Fossil Dating, and Biogeographic History of Annonaceae and Myristicaceae (Magnoliales), Int J Plant Sci, 165(4 Suppl), S55–S67, DOI: 10.1086/421068, Accessed: 2024-06-22.
The Angiosperm Phylogeny Group and others (2016) An update of the Angiosperm Phylogeny Group classification for the orders and families of flowering plants: APG IV, Botanical Journal of the Linnean Society, 181(1), 1–20, DOI: 10.1111/boj.12385, Accessed: 2023-07-07.

ウェルウィッチア科の写真整理

 ウェルウィッチア科(Welwitschiaceae)は、ウェルウィッチア(Welwitschia mirabilis)1属1種のみからなる科で、グネツム綱(Gnetopsida)グネツム目(Gnetales)の所属になっています。姉妹群はグネツム科(Gnetaceae)で(Won and Renner,2006)、現生の自生はナミブ砂漠に限られますが、南米から白亜紀前期の地層で化石種が発見されている(Bernardes-de-Oliveira et al.2005)ため、乾燥地での遺残種と考えられています。
 現生裸子植物の目の一覧  APG-IV体系による被子植物の目一覧


【ウェルウィッチア科周辺(裸子植物)の系統概略】Won and Renner(2006)

    ┌グネツム目(Gnetales)
    ││┌マオウ科(Ephedraceae)
    │└┤┌ウェルウィッチア科(Welwitschiaceae)
   ┌┤ └┴グネツム科(Gnetaceae)
  ┌┤└マツ科(Pinaceae)         ┐
 ┌┤│ ┌マキ科(Podocarpaceae)     │
 │││┌┴ナンヨウスギ科(Araucariaceae) ├球果類
┌┤│└┤┌ヒノキ科(Cupressaceae s.l.)  │(Confifers)
│││ └┤┌旧イヌガヤ科(Cephalotaxaceae)│
┤││  └┴イチイ科(Taxaceae)      ┘
││└イチョウ科(Ginkgoaceae)
│└ソテツ科(Cycadaceae)
└ザミア科(Zamiaceae)

【グネツム目(Gnetales) ウェルウィッチア科(Welwitschiaceae)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
ウェルウィッチア属 Welwitschia
ウェルウィッチア(奇想天外) ウェルウィッチア(奇想天外)
Welwitschia mirabilis Welwitschia

【文献】
Jürgens N, Oncken I, Oldeland J, Gunter F and Rudolph B (2021) Welwitschia: Phylogeography of a living fossil, diversifed within a desert refuge,
Sci Rep, 11:2385, DOI: 10.1038/s41598-021-81150-6, Accessed: 2024-06-24.Dilcher DL,
Bernardes-de-Oliveira ME, Pons D and Lott TA (2005) Welwitschiaceae from the Lower Cretaceous of Northeastern Brazil, Am J Bot, 92(8), 1294–1310, Accessed: 2024-06-24.
Won H and Renner SS (2006) Dating Dispersal and Radiation in the Gymnosperm Gnetum (Gnetales)—Clock Calibration When Outgroup Relationships Are Uncertain, Syst Biol, 55(4), 610-622, DO1: 10.1080/10635150600812619, Accessed: 2024-06-22.
Christenhusz MJM and Byng JW (2016) The number of known plants species in the world and its annual increase, Phytotaxa. 261(3), 201–217. DOI: 10.11646/phytotaxa.261.3.1, Accessed: 2023-10-05.

グネツム科の写真整理

 グネツム科(Gnetaceae)は、グネツム属(Gnetums)のみからなる科で、最大33種が記載されていて、2種の高木を除くと全てつる植物です。グネツム属内には、4つのクレード(アフリカ、アジアⅠ、アジアⅡ、南米)が識別されています(Won and Renner,2006)。広葉を持つこと、虫媒花であることなど、一見して被子植物の様に見えますが、胚珠が心皮によって包まれていないことから、裸子植物に分類されます。遺伝子解析の結果では、グネツム科はウェルウィッチア科の姉妹群と考えられています。
 現生裸子植物の目の一覧  APG-IV体系による被子植物の目一覧


【グネツム目周辺(裸子植物)の系統概略】Won and Renner(2006)

    ┌グネツム目(Gnetales)
    ││┌マオウ科(Ephedraceae)
    │└┤┌ウェルウィッチア科(Welwitschiaceae)
   ┌┤ └┴グネツム科(Gnetaceae)
   ││   │ ┌アフリカクレード
   ││   │┌┤┌アジアⅡクレード
  ┌┤│   └┤└┴アジアⅠクレード:グネモンノキ(G.Gnemon)
  │││    └南米クレード
  ││└マツ科(Pinaceae)         ┐
 ┌┤│ ┌マキ科(Podocarpaceae)     │
 │││┌┴ナンヨウスギ科(Araucariaceae) ├球果類
┌┤│└┤┌ヒノキ科(Cupressaceae s.l.)  │(Confifers)
│││ └┤┌旧イヌガヤ科(Cephalotaxaceae)│
┤││  └┴イチイ科(Taxaceae)      ┘
││└イチョウ科(Ginkgoaceae)
│└ソテツ科(Cycadaceae)
└ザミア科(Zamiaceae)

【グネツム目(Gnetales) グネツム科(Gnetaceae)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
グネツム属 Gnetum
グネモンノキ グネモンノキ
Gnetum gnemon Melinjo

【文献】
Won H and Renner SS (2006) Dating Dispersal and Radiation in the Gymnosperm Gnetum (Gnetales)—Clock Calibration When Outgroup Relationships Are Uncertain, Syst Biol, 55(4), 610-622, DO1: 10.1080/10635150600812619, Accessed: 2024-06-22.
Christenhusz MJM and Byng JW (2016) The number of known plants species in the world and its annual increase, Phytotaxa. 261(3), 201–217. DOI: 10.11646/phytotaxa.261.3.1, Accessed: 2023-10-05.

マオウ科の写真整理

 マオウ科(Ephedraceae)は、現生としてはマオウ属(Ephedra)のみからなる草本性の裸子植物で、68種が記載されています(Christenhusz and Byng,2016)。マオウ科をマオウ目(Ephedrales)として独立させずにグネツム目(Gnetales)に含める考え方もあるようですが、いずれにせよウェルウィッチア科グネツム科が姉妹群と考えられていて、この3科をグネツム類(gnetophytes)として分類階級とは別に一括することが多いようです。
 マオウ属は、交感神経刺激効果のある漢方薬『麻黄』として利用され、その有効成分はエフェドリン類(ephedrines)であることが知られています(Magkos and Kavouras,2004)。


 現生裸子植物の目の一覧  APG-IV体系による被子植物の目一覧


【マオウ科周辺(裸子植物)の系統概略】Won and Renner(2006)

    ┌グネツム目(Gnetales)
    ││┌マオウ科(Ephedraceae)
    │└┤┌ウェルウィッチア科(Welwitschiaceae)
   ┌┤ └┴グネツム科(Gnetaceae)
  ┌┤└マツ科(Pinaceae)         ┐
 ┌┤│ ┌マキ科(Podocarpaceae)     │
 │││┌┴ナンヨウスギ科(Araucariaceae) ├球果類
┌┤│└┤┌ヒノキ科(Cupressaceae s.l.)  │(Confifers)
│││ └┤┌旧イヌガヤ科(Cephalotaxaceae)│
┤││  └┴イチイ科(Taxaceae)      ┘
││└イチョウ科(Ginkgoaceae)
│└ソテツ科(Cycadaceae)
└ザミア科(Zamiaceae)

【マオウ科(Ephedraceae)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
マオウ属 Ephedra
マオウ マオウ
Ephedra sinica Ephedra

【文献】
Magkos F and Kavouras SA (2004) Caffeine and Ephedrine Physiological, Metabolic and Performance-Enhancing Effects,
Sports Med, 34(13), 871-889, DOI: 10.2165/00007256-200434130-00002, Accessed: 2024-07-16.
Rydin C, Blokzijl R, Thureborn O and Wikström N (2021) Node ages, relationships, and phylogenomic incongruence in an
ancient gymnosperm lineage – Phylogeny of Ephedra revisited, TAXON, 70(4), 701–719, DOI: 10.1002/tax.12493, Accessed: 2024-07-16.
Won H and Renner SS (2006) Dating Dispersal and Radiation in the Gymnosperm Gnetum (Gnetales)—Clock Calibration When Outgroup Relationships Are Uncertain, Syst Biol, 55(4), 610-622, DO1: 10.1080/10635150600812619, Accessed: 2024-06-22.
Christenhusz MJM and Byng JW (2016) The number of known plants species in the world and its annual increase, Phytotaxa. 261(3), 201–217. DOI: 10.11646/phytotaxa.261.3.1, Accessed: 2023-10-05.

総翅目(Thysanoptera)の写真整理

 総翅目(Thysanoptera)は、口器が吸汁用に特殊化している一群で、最大6000種が記載されています(Buckman et al.,2012))。目内に2つの亜目(アザミウマ亜目:Terebrantia、クダアザミウマ亜目:Tubulifera)が識別されていてますが、体長1mm以下の種が多いこともあり、目内の系統には未整理の部分が残されている様です。
 写真はクチナシの花にいた個体で50倍で撮影しました。種同定に足る写真ではないのでハナアザミ類としておきます。
 【昆虫綱の分類概要】 【陸上植物の分類概要


【アザミウマ科(Thripidae)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
ハナアザミ類の一種 ハナアザミ類の一種
(Thripidae) Thrips

【文献】
Buckman RS, Mound LA and Whiting MF (2012) Phylogeny of thrips (Insecta: Thysanoptera) based on five molecular loci, System Entomol, 38(1), 123-133, DOI: 10.1111/j.1365-3113.2012.00650.x, Accesed: 2024-067-02.

梅雨間に……

 今日は降らないという予報でしたので、午後から出かけたのですが、途中から霧雨でした。この界隈の花々もすっかり夏のメンバーです。


【参考】○は本日初撮影
 京急本線100系車両
 ボタンクサギ Clerodendrum bungei
 ヒメヒオウギズイセン Crocosmia X crocosmiiflora
 ホタルブクロ Campanula punctata
 メボウキ(スイートバジル) Ocimum basilicum
 トマト Solanum lycopersicum
 キュウリ Cucumis sativus
○キダチベゴニア ‘オレンジルブラ’ Begonia sp. ‘Orange Rubra’
 エビヅル Vitis ficifolia
 ラセイタソウ Boehmeria biloba
○ヤノウエノアカゴケ Ceratodon purpureus
 ヒャクニチソウ Zinnia elegans
 キバナコスモス Cosmos sulphureus
 ソバ Fagopyrum esculentum
 セイヨウニンジンボク Vitex Agnus-castus
 グラジオラス Gladiolus X gandavensis
 ヤブカンゾウ Hemerocallis fulva var. kwanso
 アメリカシソクサ Mecardonia procumbens
 タチジャコウソウ Thymus vulgaris
 ハツユキカズラ Trachelospermum asiaticum
 ブーゲンビレア Bougainvillea sp.
○グロリオサ Gloriosa superba
 ブラックベリー Rubus fruticosus
 マルバマンネングサ Sedum makinoi
 クサギカメムシ Halyomorpha brevis
 フイリマサキ Euonymus japonicus cv.
 アカカタバミ Oxalis corniculata f. rubrifolia
 ホシダ Thelypteris acuminata
 センリョウ Sarcandra glabra
 ノアサガオ Ipomoea indica
○ガザニア Gazania rigens ‘talant’
 ツルマンネングサ_Sedum sarmentosum
 ウメノキゴケの一種 Parmotrema sp.
○セイヨウノダイコン Raphanus raphanistrum
 ウキクサ Spirodela polyrhiza
 スミレモ Trentepohlia aurea
 ノカンゾウ Hemerocallis fulva var. disticha
 シチヘンゲ Lantana camara
 ムラサキクンシラン Agapanthus africanus
 オシロイバナ Mirabilis jalapa