秀樹」カテゴリーアーカイブ

動物界(Animalia)の系統概要

 動物界(Animalia)の系統は、20世紀後半から珍無腸動物門、顎口動物門、胴甲動物門、類線形動物などの新しい門の追加があった事もあり、再構成が進みつつあるようです。ここでは、Dunn et al.(2014)などを参考にして、概要図を作ってみました。

 【真核生物】【シダ類】【裸子植物】【被子植物】【】【昆虫】 【節足動物】 【軟体動物


【動物界(Animalia)の系統概要】(Dunn et al.,2014)
┬─────────有櫛動物門(Ctenophora):ウリクラゲ
└┬────────海綿動物門(Porifera):カイメン類
 └┬───────平板動物門(Placozoa):センモウヒラムシ
  └┬──────刺胞動物門(Cnidaria):サンゴ、クラゲ、イソギンチャク
   └┬─────珍無腸動物門(Xenacoelomorpha):チンウズムシ類、無腸動物
    └左右相称動物(Bilateria)
     │┌前口動物(Protostomia)
     └┤│┌─毛顎動物門(Chaetognatha):ヤムシ
      │└┼冠輪動物上門(Spiralia)─→
      │ └脱皮動物上門(Ecdysozoa)─→
      └後口動物上門(Deuterostomia)
       │┌─棘皮動物門(Echinodermata):ウニ、ヒトデ、ナマコ
       └┼─半索動物門(Hemichordata):ギボシムシ類、筆石類(†)
        └脊索動物門(Chordata)
         │┌─頭索動物亜門(Cephalochordata):ナメクジウオ
         └┤┌被嚢動物亜門(Urochordata):ホヤ、サルパ
          └┴有頭動物(Craniata)─→

【冠輪動物上門(Spiralia)の系統概要】(Dunn et al.,2014)
 ┌──外肛動物門(Bryozoa):コケムシ
 ┤┌─内肛動物門(Entoprocta):スズコケムシ
 ├┴─有輪動物門(Cycliophora):シンビオン
 │┌─環形動物門(Annelida):ゴカイ、ミミズ、ヒル
 ├┼─軟体動物門(Mollusca)
 │├─紐形動物門(Nemertea):ヒモムシ
 │└┬腕足動物門(Brachiopoda):シャミセンガイ
 │ └箒虫動物門(Phoronida):ホウキムシ
 ├──腹毛動物門(Gastrotricha):イタチムシ
 ├──扁形動物門(Platyhelminthes):プラナリア
 │┌─顎口動物門(Gnathostomulida):ナソストムラ
 ├┼─微顎動物門(Micrognathozoa):リムノグナシア
 │└─輪形動物門(Rotifera):ワムシ
 ├──直泳動物門(Orthonectida):ロパルラ
 └──二胚動物門(Dicyemida):ニハイチュウ

【脱皮動物上門(Ecdysozoa)の系統概要】(Dunn et al.,2014)
  ┌─鰓曳動物門(Priapulida):プリアプルス類
 ┌┼─胴甲動物門(Loricifera):ロリシフェラ
 ┤└─動吻動物門(Kinorhyncha):ヨロイムシ
 ├┬─線形動物門(Nematoda):センチュウ類
 │└─類線形動物門(Nematomorpha):ハリガネムシ
 └┬─緩歩動物門(Tardigrada):クマムシ
  └┬有爪動物門(Onychophora):カギムシ
   └節足動物門(Arthropoda)

【有頭動物(Craniata)の系統概要】(Hedges,2009)
 有頭動物は『円口類(無顎類)』が脊椎動物亜門から除外されるようになったことに伴って、提案されている新たな分類群ですが、階級は決まっていないようです。円口類の他にも多系であることが明らかになった綱相当の分類群『硬骨魚類』は使われなくなりつつあり、化石研究での謎の一つとなっていたコノドントの正体が円口類に近い生物の歯であった(Donoghue et al.,2000)と考えられるようになっています。かつて生きた化石として注目されたシーラカンス類の分岐年代はシルル紀頃と推定(Hedges,2009)されていますので、サメ類(カンブリア紀)や旧硬骨魚類(オルドビス紀)のほうが古い時代に分岐したことも明らかとなっています。

┬円口類(Cyclostomata)≒無顎類(Agnatha):ヤツメウナギ、ヌタウナギ
└脊椎動物亜門(Vertebrata)
 └┬軟骨魚綱(Chondrichthyes):サメ、エイ
  └┬条鰭亜綱(Actinopterygii):旧硬骨魚類の大部分
   └肉鰭綱(Sarcopterygii)
    │┌肉鰭亜綱(Actinostia):シーラカンス
    └┼肺魚亜綱(Dipnoi):ハイギョ
     └四肢動物上綱(Tetrapoda)
      └┬平滑両生亜綱(Lissamphibia):両生類、蛙形類(†)
       └有羊膜類(Amniota):爬虫類、鳥類、哺乳類

Dunn CW, Giribet G, Edgecombe GD and Hejnol A (2014) Animal Phylogeny and Its
Evolutionary Implications, Ann Rev Ecol Evol Syst, 45, 371-395, DOI: 10.1146/annurev-ecolsys-120213-091627, Accessed: 2024-02-22.
Hedges SB (2009) Vertabrates (Vertebrata), In The Timetree of Life, Hedges SB and Kumar S Eds, 309-314, Oxfoed Univ Press, URL: http://timetree.igem.temple.edu/public/data/pdf/Hedges2009Chap39.pdf, Accessed: 2024-02-23.
Donoghue PCJ, Forey PL and Aldridge RJ (2000) Conodont affinity and chordate phylogeny, Biol Rev, 75, 191–251, DOI: 10.1017/S0006323199005472, Accessed: 2024-02-21.

軟体動物門の系統概要-写真整理

 軟体動物門(Morasca)は、分子時計を利用した推定により先カンブリア代末期には現れて、その後急速に8つの綱に分岐したと考えられてきました。ただし、綱の上位に相当する亜門レベルから異なる新仮説(Stöger et al.,2013)が提出されているので、今後とも検討が続けられると思われます。

 【真核生物】【シダ類】【裸子植物】【被子植物】【】【昆虫】【節足動物


【軟体動物門(Morasca)の系統関係-Ⅰ】Smith et al.,2011)

┌有棘亜門(Aculifera)
││ ┌溝腹綱(Neomeniomorpha)=(Solenogastres)
│└┬┴尾腔綱(Chaetodermomorpha)
│ └多板綱(Polyplacophora)─→

└貝殻亜門(Conchifera)
 │ ┌単板綱(Monoplacophora)
 │┌┴頭足綱(Cephalopoda)─→
 └┤ ┌掘足綱(Scaphopoda)
  └┬┴腹足綱(Gastropoda)─→
   └二枚貝綱(Bivalvia)─→

【軟体動物門(Morasca)の系統関係-Ⅱ】(Stöger et al.,2013)

 ┌ドロソコンカ(Dorsoconcha)
 ││ ┌セリアリア(Serialia)┬単板綱(Monoplacophora)
 ││┌┤          └多板綱(Polyplacophora)─→
┌┤└┤└二枚貝綱(Bivalvia)─→
││ └腹足綱(Gastropoda)─→
│└ヴァリオポーダ(Variopoda)
┤ │ ┌尾腔綱(Chaetodermomorpha)
│ │┌┴┬溝腹綱(Solenogastres)=(Neomeniomorpha)
│ └┤ └a href=”#Cephalopoda_”>頭足綱(Cephalopoda)─→
│  └掘足綱(Scaphopoda)
└外群:Eunice pennata:環形動物

【多板綱(Polyplacophora)の系統関係】Sigwart et al.,2007)
 多板綱はヒザラガイの仲間で、背面に7~8枚の分割された殻を持つため節足動物門との関係が疑われてきたのですが、内部構造には体節が認められないため、この構造は偽体節と呼ばれています。遺伝子解析の結果によっても軟体動物門に属することが支持されています。

┌無板綱(Aplacophora) ネオピリナ目(Neopilina)
┴多板綱(Polyplacophora)
 │┌古多板綱(Palaeoloricata)(†)
 └┴┬マルチプラコフォラ綱(Multiplacophora)(†)
   └新多板亜綱(Neoloricata)

【頭足綱(Cephalopoda)の系統関係】(Sutton et al.,2016)
 化石で知られる種(†)を含んだ一例です。頭足綱をオウムガイ亜綱と鞘形亜綱とに分け、さらに鞘形亜綱を十腕形上目(イカ類)と八腕形上目(タコ類)に分けることまでは現在でも支持されているようですが、ツツイカ目が多系であることが明らかになるなど、目以下では多数の入れ子が明らかにされていますので、今後とも整理が進むと思われます。

┌オウムガイ亜綱(Nautiloidea):オウムガイ、アンモナイト類
┴鞘形亜綱(Octopoda)
 │┌ポールセピア(Pohlsepia)(†)
 └┴新頭足亜綱(Neocephalopoda)
   └┬十腕形上目(Decapodiformes):イカ類 ─→
    └八腕形上目(Octopodiformes):タコ類 ─→

【十腕形上目(Decapodiformes)の系統関係】

┌ヒメイカ属(Idiosepius)
┤┌ジェレツキー属(Jeletzkya)(†)
└┤  ┌ヒカリダンゴイカ属(Heteroteuthis):ダンゴイカ目(Sepiolida)
 │┌┬┴コウイカ属(Sepia):コウイカ目(Sepiida)
 └┤└ベレムナイト科(Belemonoidea)(†)
  │┌┬ケンサキイカ類(Doryteuthis):閉眼亜目(Myopsida)
  └┤└開眼亜目(Oegopsida)
   │ │┌ダイオウイカ属(Architeuthis)
   │ └┤┌ツメイカ属(Onychoteuthis)
   │  └┤└アカイカ属(Ommastrephes)
   │   └┬トガリウチワイカ属(Cycloteuthis)
   │    └┬ムチイカ属(Mastigoteuthis)
   │     └┬サメハダホウズキイカ属(Cranchia)
   │      └┬オクトポテューティス属(Octopoteuthis)
   │       └レピドテューティス属(Lepidoteuthis)
   │ ┌ソデイカ属(Thysanotethis)   ┬開眼亜目
   │┌┴ナンヨウホタルイカ属(Abralia) ┘(Oegopsida)
   └┤┌マレキテス属(Marekites)(†)
    └┤┌ゴマフイカ属(Histioteuthis):開眼亜目(Oegopsida)
     └┤┌ヒレギレイカ属(Chtenopteryx)   ┬ナツメイカ上科
      └┤┌┬ナツメイカ属(Bathyteuthis) ┘(Bathyteuthoidea)
       └┤└エオチュートイデス属(Eoteuthoides)(†)
        │┌ボウズイカ属(Rossia):ダンゴイカ目(Sepiolida)
        └┴┬トグロコウイカ属(Spirula)
          └テカギイカ属(Gonatus)

【八腕形上目(Octopodiformes)の分類】

 ┌┬チュードプセイナ亜目(Teudopseina)(†)
┌┤└コウモリダコ属(Vanpirotethis)
┤└チュードプセイナ亜目(Teudopseina)(†)
└┬ロリゴセピナ亜目(Loligosepiina)(†)
 └┬プロトチューディナ亜目(Prototeuthidina)(†)
  └八腕目(Octopoda)
   │┌有鰭亜目(Cirrata)
   └┤│┌ヒゲナガダコ属(Cirrothauma)
    │└┤┌スタウロテューティス属(Stauroteuthis)
    │ └┴メンダコ属(Opisthoteuthis)
    └┬パレオクトパス属(Palaeoctopus)(†)
     └無鰭亜目(Incirrata)
      │┌クラゲダコ科(Amphitretidae)
      └┤┌ケウッピア属(Keuppia)(†)
       └┤┌┬マダコ属(Octopus)
        └┤└スティレクトパス属(Styletoctopus(†)
         └アオイガイ上科(Argonautoidea)

【腹足綱(Gastropoda)の系統関係】(Colgan et al.,2003)
  腹足綱では、異旋目、古腹足亜綱が多系であったことが明らかとなっている様です。

┌外群:多板綱ウスヒザラガイ属(Ischnochiton)
│ ┌異旋目(Heterostropha)の一部
┤ ├笠形腹足上目(Patellogastropoda)
│┌┤┌直神経区(Euthyneura)
│││││┌異旋目(Heterostropha)の一部
├┤││└┤┌有肺目(Pulmonata)
││└┤ └┴後鰓亜綱(Opisthobranchia)
││ └┬アマオブネガイ科(Neritidae)
││  └原始紐舌目(Architaenioglossa)  ┬新生腹足上目
││ ┌古腹足亜綱(Vetigastropoda)の一部 ┘(Caenogastropada)
││┌┴シュードコックリナ科(Pseudococculinidae)
│└┤┌古腹足亜綱(Vetigastropoda)の一部
│ └┴ペルトスピラ科(Peltospiridae)
└外群:頭足綱オウムガイ属(Nautilus)

【二枚貝綱(Bivalvia)の系統関係】(Plazzi et al.,2011)
 二枚貝綱(斧足綱)は、目レベルでの系統についても異説が多いようです。ここでは、一例として示しています。

 ┌クルミガイ目(Nuculoida)
┌┴キヌタレガイ目(Solemyoida)
┤┌イシガイ目(Unionoida)
└┴アマルシポブランキア(Amarsipobranchia)
  │┌ウミタケガイモドキ目(Pholadomyoida)
  └┤ ┌異歯亜綱(Neoheterodontei)
   │┌┤└┬オオノガイ目(Myida)
   └┤│ └マルスダレガイ目(Veneroida)
    │└ザルガイ目(Cardiida)
    │┌トマヤガイ目(Carditoida)
    ││┌イタヤガイ目(Pectinida)
    └┼┤ ┌カキ目(Ostreoida)
     │└┬┴ウグイスガイ目(Pteriida)
     │ └フネガイ目(Arcida)
     └イガイ目(Mytilida)

【多板綱(Polyplacophora) 新多板亜綱(Neoloricata) クサズリガイ目(Chitonida)クサズリガイ亜目(Chitonina) クサズリガイ上科(Chitonidea)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
クサズリガイ科(Chitonidae) ヒザラガイ属(Liolophura)
ヒザラガイ ヒザラガイ
Liolophura japonica Japanese Common Chiton

【頭足綱(Cephalopoda) 新頭足亜綱(Neocephalopoda) ツツイカ目(Teuthida) 開眼亜目(Oegopsina)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
ツメイカ科(Onychoteuthidae) コビトツメイカダマシ属(Onykia)
ニュウドウイカ ニュウドウイカ
Onykia robusta Robust Clubhook Squid
ソデイカ科(Thysanoteuthidae) ソデイカ属(Thysanoteuthis)
ソデイカ ソデイカ
Thysanoteuthis rhombus Diamond Squid

【腹足綱(Gastropoda) 始祖腹足亜綱(Eogastropoda) 笠形腹足上目(Patellogastropoda) カサガイ目(Docoglossa) ヨメガカサ上科(Nacelloidea)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
ヨメガカサ科(Nacellidae) ヨメガカサ属(Cellana)
ヨメガカサ ヨメガカサ
Cellana toreuma Common Intertidal Limpet

【腹足綱(Gastropoda) 直腹足亜綱(Orthogastropoda) 異鰓上目(Heterobranchia) 有肺目(Pulmonata) 真有肺亜目(Eupulmonata) 柄眼下目(Stylommatophora) マイマイ上科(Helicoidea)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
ナンバンマイマイ科(Camaenidae) マイマイ属(Euhadra)
ミスジマイマイ ミスジマイマイ
Euhadra peliomphala Japanese Land Snail
ナンバンマイマイ科(Camaenidae) ウスカワマイマイ属(Acusta)
ウスカワマイマイ ウスカワマイマイ
Acusta sieboldtiana Usukawa-maimai
キセルガイ科(Clausiliidae)ステレオファドゥーサ属(Stereophaedusa)
ナミギセル ナミギセル
Stereophaedusa japonica Nami-giseru Door Snail

【腹足綱(Gastropoda) 直腹足亜綱(Orthogastropoda) 異鰓上目(Heterobranchia) 有肺目(Pulmonata) 真有肺亜目(Eupulmonata) 柄眼下目(Stylommatophora) モノアラガイ上科(Lymnaeoidea)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
モノアラガイ科(Lymnaeidae)モノアラガイ属(Radix)
モノアラガイ モノアラガイ
Radix auricularia japonica Big-ear Radix

【腹足綱(Gastropoda) 直腹足亜綱(Orthogastropoda) 新生腹足上目(Caenogastropoda) 吸腔目(Sorbeoconcha) 高腹足亜目(Hypsogastropoda) タカラガイ上科(Cypraeoidea)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
タカラガイ科(Cypraeidae) コモンダカラ属(Naria)
コモンダカラ コモンダカラ
Naria erosa Syn. Erosaria erosa Eroded Cowry
タカラガイ科(Cypraeidae) ツマムラサキメダカラ属(Purpuradust)
メダカラ メダカラ
Purpuradusta gracilis Graceful cowry

【腹足綱(Gastropoda) 直腹足亜綱(Orthogastropoda) 新生腹足上目(Caenogastropoda) オニノツノガイ目(Cerithida) オニノツノガイ上科(Cerithioidea)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
カワニナ科(Pleuroceridae) カワニナ属(Semisulcospira)
カワニナ カワニナ
Semisulcospira libertina Freshwater Snail


【腹足綱(Gastropoda) 古腹足亜綱(Vetigastropoda) ニシキウズ上目(Trochia) ニシキウズ目(Trochida) ニシキウズガイ上科(Trochoidea)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
ニシキウズガイ科(Trochidae) ニシキウズガイ亜科(Trochinae) ニシキウズガイ属(Trochus)
ウズイチモンジガイ ウズイチモンジガイ
Trochus sacellus Uzuichimonji Top Shell
ニシキウズガイ科(Trochidae) キサゴ亜科(Umboniinae) キサゴ属(Umbonium)
キサゴ キサゴ
Umbonium costatum Costate Button Top


【二枚貝綱(Bivalvia) 異歯亜綱(Heterodonta) マルスダレガイ目(Veneroida) マルスダレガイ上科(Veneroidea)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
マルスダレガイ科(Veneridae) アサリ亜科(Tapetinae) アサリ属(Ruditapes)
アサリ アサリ
Ruditapes philippinarum Japanese Littleneck
マルスダレガイ科(Veneridae) アサリ亜科(Tapetinae) ファコソマ属(Phacosoma)
カガミガイ カガミガイ
Phacosoma japonicum Engel Wing

【二枚貝綱(Bivalvia) 異歯亜綱(Heterodonta) マルスダレガイ目(Veneroida) バカガイ上科(Mactroidea)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
バカガイ科(Mactridae) アサリ亜科(Tapetinae) バカガイ属(Mactra)
バカガイ(アオヤギ) バカガイ
Mactra chinensis Sunray Surf Clam


【二枚貝綱(Bivalvia) 異歯亜綱(Heterodonta) フネガイ目 (Arcida) フネガイ上科(Arcidea)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
フネガイ科(Arcidae) エガイ属(Barbatia)
エガイ エガイ
Barbatia lima Blood Clam
ハナエガイ ハナエガイ
Barbatia stearnsii Hana-egai Ark Shells

【文献】
Stöger I, Sigwart JD, Kano Y, Knebelsberger T, Marshall BA, Schwabe E and Schrödl M (2013) BioMed Res Internat, 2013, 407072, 18p, 10.1155/2013/407072, Accessed: 2024-02-23.
Smith SA, Wilson NG, Goetz FE, Feehery C, Andrade ACS, Rouse GW,Giribet G and Dunn CW (2011) Resolving the evolutionary relationships of molluscs with phylogenomic tools, Nature, 480, 364-369, DOI: 10.1038/nature10526, Accessed: 2024-02-21.
Sigwart JD and Sutton MD (2007) Deep molluscan phylogeny: synthesis of palaeontological and neontological data, Proc R Soc B, 274, 2413–2419, DOI: :10.1098/rspb.2007.0701, Accessed: 2024-02-18.
Sutton M, Perales-Rayab C and Gilbert I (2016) A phylogeny of fossil and living neocoleoid cephalopods, Cladistics, 32, 297-307, 10.1111/cla.12131, Accessed: 2024-02-22.
Colgan DJ, Ponder WF, Beacham E and Macaranas JM (2003) Gastropod phylogeny based on six segments from four genes representing coding or non-coding and mitochondrial or nuclear DNA, Mollusc Res, 23, 123-148, DOI: 10.1071/MR03002, Accessed: 2024-02-21.
Plazzi F, Ceregato A, Taviani M, Passamonti M (2011) A Molecular Phylogeny of Bivalve Mollusks: Ancient Radiations and Divergences as Revealed by Mitochondrial Genes, PLoS ONE, 6(11), e27147, DOI: 10.1371/journal.pone.0027147, Accessed: 2024-02-21.

早春の金沢動物園

 今日は久しぶりに金沢動物園を尋ねました。オーストラリア区ではギンヨウアカシアが見頃で、展望台からは東京湾をすぐ近くに臨む事が出来ました。

富津方面を望む

八景島方面を望む

追浜方面和望む


【参考】
 アカシデ Carpinus laxiflora
 天狗巣病のサクラ
 スギ Cryptomeria japonica
 サンシュユ Cornus officinalis
 ミツマタ Edgeworthia chrysantha
 セロジネ・インターメディア Coelogyne intermedia
 モノアラガイ Radix auricularia japonica
 ホトケノザ Lamium amplexicaule
 モモイロペリカン Pelecanus onocrotalus
 ヒガシロクサイ Diceros bicornis michaeli Eastern Black Rhinoceros
 アラビアオリックス Oryx leucoryx
 オカピ Okapia johnstoni
 タンチョウ Grus japonensis
 ホンシュウジカ Cervus nippon centralis
 シロテナガザル Hylobates lar
 スーチョワンバーラル Pseudois nayaur
 ニホンカモシカ Capricornis crispus
 インドゾウ Elephas maximus indicus
 ヤギ Capra hircus Goat
 メンヨウ Ovis aries
 ポニー Equus caballus
 オオツノヒツジ Ovis canadensis
 ゲンゴロウ Cybister japonicus
 タガメ Kirkaldyia deyrolli
 ハイイロゲンゴロウ Eretes sticticus
 ミヤマクワガタ Lucanus maculifemoratus
 ミヤコタナゴ Tanakia tanago
 ホトケドジョウ Lefua echigonia
 クリスマスローズ Helleborus orientalis
 追浜方面
 ユーカリ Eucalyptus globulus Southern Blue Gum
 ギンヨウアカシア Acacia baileyana
 ジャノメエリカ Erica canaliculata
 オオカンガルー Macropus giganteus
 コアラ Phascolarctos cinereus
 アミメキリン Giraffa camelopardalis reticulata
 寒咲花菜 Brassica rapa var. amplexicaulis
 ナワシログミ Elaeagnus pungens
 ウメ Armenica mume
  ’見鶯’
  ’豊後梅’
  ’枝垂見鶯’
  ’白加賀’
 アカバナマンサク Hamamelis japonica var. obtusata f. incarnata
 不動尊:釜利谷西1丁目
 キンセンカ Calendula officinalis
 庚申塔(寛政七乙卯1795):金沢区六浦3丁目29
 コモチシダ Woodwardia orientalis
 フチベニベンケイ Crassula portulacea

春浅き……

 この季節にしては、暑かったり、寒かったりの日々ですが、春は確実に巡ってきています。今日は、釜利谷の方まで尋ねてみました。


【参考】
 ハイヒバゴケ Hypnum cupressiforme
 オオキバナカタバミ Oxalis pes-caprae
 キュウリグサ Trigonotis peduncularis
 オオイヌノフグリ Veronica persica
 アメリカフウロ Geranium carolinianum
 ノゲシ Sonchus oleraceus
 ノボロギク Senecio vulgaris
 マメカミツレ Cotula australis
 ルビーネックレス Senecio othonna capensis ‘Ruby Necklace’
 ニホンスイセン Narcissus tazetta
 ウメ Armenica mume
 カワニナ Semisulcospira libertina
 ゴモジュ Viburnum suspensum
 アオミドロ Spirogyra sp.
 コバンソウ Briza maxima
 カラスノエンドウ Vicia sativa

節足動物門の系統概要-写真整理

 節足動物門(Arthropoda)では、かつて綱とされていたレベルが概ね亜門に格上げされているようです。本門の上位分類は百花繚乱状態の様で、特にチョウ(ウオヤドリエビ)、フジツボ類、カイアシ類などが属していた旧顎脚綱(Maxillopoda)は単系ではないことが明らかとなり、解体されて昆虫綱を含む六脚亜門の側系統群として再構成されています(Schwentner et al.,2018)。ここでは、系統関係の一例を示し、写真へのリンク元としています。
 【真核生物】【シダ類】【裸子植物】【被子植物】【】【昆虫】【軟体動物


【節足動物(Arthropoda)の系統概要】Edgecombe(2010)
 化石のみで知られる三葉虫類が亜門のレベルであることは認められているようですが、系統関係についての定説はないようです。

広義の鋏角亜門(Chelicerata s.l.)
││┌ウミグモ綱(Pycnogonida)
│└┴┬剣尾綱(Xiphosura):カブトガニ
┤  └蛛形鋼(Archnida):クモ

│┌多足亜門(Myriapoda)
│││┌唇脚綱(Chilopoda):ムカデ、ゲジ
││└┴┬コムカデ綱(Symphyla)
└┤  └┬エダヒゲムシ綱(Pauropoda)
 │   └倍脚綱(Diplopoda):ヤスデ
 │
 │┌┬鰓尾綱(Ichthyostraca):ウオヤドリエビ ┐
 ││└貝虫綱(Ostracoda):カイミジンコ    │
 └┤┌鰓脚綱(Branchiopoda):ミジンコ    │
  └┤┌橈脚綱(Copepoda):カイアシ類    ├甲殻亜門
   ├┤┌鞘甲亜綱(Thecodtraca):フジツボ  │(Crustacea)
   │└┴軟甲綱(Malacostraca):エビ・カニ等│
   ├┅┅┅ムカデエビ綱(Remipedia)      │
   │   +カシラエビ綱(Cephalocarida)  ┘
   │
   └六脚亜門(Hexapoda)
     │┌粘管目(Collembora):トビムシ
     └┴┬コムシ目(Diplura)
       └昆虫綱(Insecta)

【八分錘類(Tetraconata)の系統概要】(Schwentner et al.,2018)
 八分錘類は、六脚亜門を含めて単系統となる分類群として提案されており、汎甲殻類(Pancrustacea)と言われることもあります。鋏角亜門と多足亜門を除く全ての節足動物が属しています。

鋏角亜門(Chelicerata):カブトガニ、クモ
┤┌多足亜門(Myriapoda):ムカデ、ゲシ、ヤスデ
└┴八分錘類(Tetraconata)
  │┌貧甲殻上綱(Oligostraca)
  ││└貝虫綱(Ostracoda):カイミジンコ
  └┴汎甲殻類(Altocrustacea)
    │┌多甲殻上綱(Multicrustacea)
    └┤├─橈脚綱(Copepoda):カイアシ類
     │└┬鞘甲亜綱(Thecodtraca):フジツボ、カメノテ
     │ └軟甲綱(Malacostraca):エビ・カニ等
     └異エビ類(Allotriocarida)
      │┌カシラエビ綱(Cephalocarida)
      └┤┌鰓脚綱(Branchiopoda):ミジンコ、ホウネンエビ
       └┴(Labiocarida)
          └┬ムカデエビ綱(Remipedia)
           └六脚亜門(Hexapoda)

【軟甲綱(Malacostraca)の系統概要】(Richter and Scholtz,2001)
 軟甲綱は、エビ、カニ、オキアミ、ダンゴムシなどが含まれていて、甲殻類としては最も多くの種を含むグループです。確立された分類体系は存在しないようで、下図でもシャコ目を真軟甲亜綱から除外する説もあります。

┬コノハエビ目(Leptostraca)
└真軟甲亜綱(Eumalacostraca)
  └┬シャコ目(Stomatopoda)
   └┬十脚目(Decapoda)
    └┬ムカシエビ上目(Syncarida)
     └┬オキアミ目(Euphausiacea)
      └┬フクロエビ上目(Pancarida)
       └┬アミ目(Mysidacea)
        └端脚目(Apmhipoda):ユコエビ類
          + マンカ類(Mancoida):等脚目(Isopoda):ダンゴムシ、フナムシ

【十脚目(Decapoda)の系統概要】(Toon et al.,2016)
 エビ類は多系であることが明らかになり、かつて使われていた長尾下目(Macrura)は使われなくなっています。

┌外群:トラフシャコ Lysuosquillina maculata
┤┌コエビ下目(Caridea)):ヌマエビ
└┤┌根鰓亜目(Dendrobranchiata)):クルマエビ
 └┤┌短尾下目(Brachyura)):カニ
  └┤┌異尾下目(Anomura)):ヤドカリ、タラバガニ
   └┤┌アナジャコ下目(Thalassinidea)
    └┤┌┬センジュエビ下目(Polychelida))
     └┤└イセエビ下目(Achelata))
      └ザリガニ下目(Astacidea))

【蛛形綱(Arachnida) クモ目(Araneae) クモ下目(Araneomorphae)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
アシダカグモ科(Sparassidae) アシダカグモ属(Sparassidae)
アシダカグモ アシダカグモ
Heteropoda venatoria Brown Huntsman Spider
コガネグモ科(Araneidae) コガネグモ属(Argiope)
コガネグモ コガネグモ
Argiope amoena Golden Spider
ナガコガネグモ ナガコガネグモ
Argiope bruennichii Wasp Spider
ジョロウグモ科(Nephilidae) ジョロウグモ属(Trichonephila)
ジョロウグモ(♀) ジョロウグモ(♀)
Trichonephila clavata Syn. Nephila clavata Joro Spider

【蛛形綱(Arachnida) ザトウムシ目(Opiliones)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
ザトウムシ目(Opiliones)
ザトウムシの一種 ザトウムシの一種
(Opiliones) Daddy Longleg

【唇脚綱(Chilopoda) ゲジ目(Scutigeromorpha)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
ゲジ科(Scutigeridae) ゲジ属(Thereuonema)
ゲジ ゲジ
Thereuonema tuberculata Japanese House Centipede

【多甲殻上綱(Multicrustacea) 鞘甲亜綱(Thecostraca) 蔓脚下綱(Cirripedia) 完胸上目(Thoracica) 有柄目 (Pedunculata) ミョウガガイ亜目(Scalpellomorpha)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
ミョウガガイ科(Pollicipedidae) カメノテ属(Capitulum)
カメノテ カメノテ
Capitulum mitella Goose Barnacle

【軟甲綱(Malacostraca) シャコ目(Stomatopoda) シャコ上科(Squilloidea)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
シャコ科(Squillidae) シャコ属(Oratosquilla)
シャコ シャコ
Oratosquilla oratoria Japanese Mantis Shrimp

【軟甲綱(Malacostraca) 十脚目(Decapoda) 根鰓亜目(クルマエビ亜目)(Dendrobranchiata) クルマエビ上科(Penaeoidea)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
クルマエビ科(Penaeidae) クルマエビ属(Marsupenaeus)
クルマエビ クルマエビ
Marsupenaeus japonicus Japanese Tiger Prawn

【軟甲綱(Malacostraca) 十脚目(Decapoda) 抱卵亜目(Pleocyemata) オトヒメエビ下目(Stenopodidea)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
オトヒメエビ科(Stenopodidae) オトヒメエビ属(Stenopus)
オトヒメエビ オトヒメエビ
Stenopus hispidus Banded Coral Shrimp

【軟甲綱(Malacostraca) 十脚目(Decapoda) 抱卵亜目(Pleocyemata) コエビ下目(Caridea) ヌマエビ上科(Atyoidea)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
ヌマエビ科(Atyidae) ヌマエビ属(Paratya)
ヌマエビ ヌマエビ
Paratya compressa Freshwater Shrimp

【軟甲綱(Malacostraca) 十脚目(Decapoda) 抱卵亜目(Pleocyemata) コエビ下目(Caridea) テッポウエビ上科(Alpheoidea)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
モエビ科(Hippolytidae) ヒゲナガモエビ属(Lysmata)
アカシマシラヒゲエビ アカシマシラヒゲエビ
Lysmata amboinensis Pacific Cleaner Shrimp

【軟甲綱(Malacostraca) 十脚目(Decapoda) 抱卵亜目(Pleocyemata) 短尾下目(Brachyura) イワガニ上科(Grapsoidea)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
ベンケイガニ科(Sesarmidae) アカテガニ属(Chiromantes)
アカテガニ アカテガニ
Chiromantes haematocheir Red Claws Crab
モクズガニ科(Varunidae) イソガニ属(Hemigrapsus)
ヒライソガニ ヒライソガニ
Gaetice depressus

【軟甲綱(Malacostraca) 十脚目(Decapoda) 抱卵亜目(Pleocyemata) 短尾下目(Brachyura) スナガニ上科(Ocypodoidea)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
スナガニ科(Ocypodidae) コメツキガニ属(Scopimera)
コメツキガニ コメツキガニ
Scopimera globosa Sand-bubbler Crab

【軟甲綱(Malacostraca) 十脚目(Decapoda) 抱卵亜目(Pleocyemata) 短尾下目(Brachyura) サワガニ上科(Potamoidea)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
サワガニ科(Potamidae) サワガニ属(Geothelphusa)
サワガニ サワガニ
Geothelphusa dehaani Japanese Freshwater Crab

【軟甲綱(Malacostraca) 十脚目(Decapoda) 抱卵亜目(Pleocyemata) 短尾下目(Brachyura) クモガニ上科(Majoidea)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
クモガニ科(Majidae) タカアシガニ属(Macrocheira)
タカアシガニ タカアシガニ
Macrocheira kaempferi Japanese Spider Crab

【軟甲綱(Malacostraca) 十脚目(Decapoda) 抱卵亜目(Pleocyemata) 短尾下目(Brachyura) ガザミ上科(Portunodea)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
オオエンコウガニ科(Geryonidae) オオエンコウガニ属(Chaceon)
オオエンコウガニ オオエンコウガニ
Chaceon granulatus Japanese golden crab

【軟甲綱(Malacostraca) 十脚目(Decapoda) 抱卵亜目(Pleocyemata) 異尾下目(Anomura) タラバガニ上科(Lithodoidea)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
タラバガニ科(Lithodidae) ニホンイバラガニ属(Neolithodes)
ニホンイバラガニ ニホンイバラガニ
Neolithodes nipponensis (King Crab)
タラバガニ科(Lithodidae) イバラガニ属(Lithodes)
ハリイバラガニ ハリイバラガニ
Lithodes longispina Echidna
イバラガニモドキ イバラガニモドキ
Lithodes aequispinus Golden King Crab
タラバガニ科(Lithodidae) エゾイバラガニ属(Paralomis)
コフキエゾイバラガニ コフキエゾイバラガニ
Paralomis japonicus (King Crab)
ツブエゾイバラガニ ツブエゾイバラガニ
Paralomis dofleini (King Crab)
イガグリガニ イガグリガニ
Paralomis histrix Japanese Porcupine Crab

【軟甲綱(Malacostraca) 十脚目(Decapoda) 抱卵亜目(Pleocyemata) センジュエビ下目(Polychelida)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
センジュエビ科(Polychelidae) センジュエビ属(Polycheles)
センジュエビ センジュエビ
Polycheles typhrops Blind Lobster

【軟甲綱(Malacostraca) 十脚目(Decapoda) 抱卵亜目(Pleocyemata) イセエビ下目(Achelata) イセエビ上科(Palinuroidea)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
イセエビ科(Palinuridae) イセエビ属(Panulirus)
イセエビのフィロソーマ幼生 イセエビのフィロソーマ幼生
Panulirus japonicus Japanese Spiny Lobster
イセエビ科(Palinuridae) ヒメセミエビ属(Scyllaruss)
ヒメセミエビ ヒメセミエビ
Scyllarus cultrifer Slipper Lobster

【軟甲綱(Malacostraca) 十脚目(Decapoda) 抱卵亜目(Pleocyemata) ザリガニ下目(Astacidea) ザリガニ上科(Astacoidea)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
アメリカザリガニ科(Cambaridae) アメリカザリガニ属(Procambarus)
アメリカザリガニ アメリカザリガニ
Procambarus clarkii Red Swamp Crayfish

【軟甲綱(Malacostraca) 端脚目(Amphipoda) ヨコエビ亜目(Gammaridea) ハマトビムシ下目(Talitrida) ハマトビムシ上科(Talitroidae)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
ハマトビムシ科(Talitroidea)
ハマトビムシ科の一種 ハマトビムシ科の一種
(Talitroidea) Sand Hopper

【軟甲綱(Malacostraca) 等脚目(Isopoda) ワラジムシ亜目(Oniscidea) リギアモルファ下目(Ligiamorpha) オカダンゴムシ上科(Armadilloidea)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
オカダンゴムシ科(Armadillidiidae) オカダンゴムシ属(Armadillidium)
オカダンゴムシ オカダンゴムシ
Armadillidium vulgare Common Pill-bug
ワラジムシ科(Porcellionidae) ワラジムシ属(Porcellio)
ワラジムシ ワラジムシ
Porcellio scaber Common Rough Woodlouse

【軟甲綱(Malacostraca) 等脚目(Isopoda) ワラジムシ亜目(Oniscidea) リギアモルファ下目(Ligiamorpha)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
フナムシ科(ArLigiidae) フナムシ属(Ligia)
フナムシ フナムシ
Ligia exotica Wharf Roach

【軟甲綱(Malacostraca) 等脚目(Isopoda) ウオノエ亜目(Cymothoida)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
スナホリムシ科(Cirolanidae) オオグソクムシ属(Bathynomus)
オオグソクムシ オオグソクムシ
Bathynomus doederleinii Giant Marine Isopod

【文献】
Miyake S (1983) Japanese crustacean decapods and stomatopods in color, Vol. Ⅱ. Brachyura (crabs). Hoikusha, Osaka, 277pp. (in Japanese).
Schwentner M, Richter S, Rogers DC and Giribet G (2018) Tetraconatan phylogeny with special focus on Malacostraca and Branchiopoda: highlighting the strength of taxon-specific matrices in phylogenomics, Proc R Soc B, 285:20181524, DOI: 10.1098/rspb.2018.1524, Acesed: 2024-02-17.
Edgecombe GD (2010) Arthropod phylogeny: An overview from the perspectives of morphology, molecular data and the fossil record, Arthropod Structure & Development, 39, 74–87, DOI: 10.1016/j.asd.2009.10.002, Acesed: 2024-02-16.
Richter S and Scholtz G (2001) Phylogenetic Analyses of the Malacostraca (Crustacea), J Zool System Evol Res, 39, 113-136, DOI: 10.1046/j.1439-0469.2001.00164.x, Acesed: 2024-02-16.
Toon A, Finley M, Staples J and Crandall KA (2016) Decapod Phylogenetics and Molecular Evolution, In Martin JA, Crandall KA and Felder DL Eds, Decapod Crustacean Phylogenetics, p16-29, CRC Press, Boca Raton, URL: https://api.pageplace.de/preview/DT0400.9781420092592_A23972305/preview-9781420092592_A23972305.pdf#page=28, Acesed: 2024-02-17.

革翅目(Dermaptera)の写真整理

 革翅目(Dermaptera)は、11科約2000種からなるグループで、目としては単系と考えられていますが、目内に認められていた3つの亜目は入れ子になっていることが明らかにされています(Kocarek et al.,2013)。生態写真はブログ内にありませんでしたので、横須賀市自然人文博物館所蔵の標本を撮影してきました。
 【昆虫綱の分類概要】 【陸上植物の分類概要


【革翅目(Dermaptera)の系統概要】(Kocarek et al.,2013)
┌外群:ガロアムシ、シリアゲモドキ、ナナフシなど

│┌ムカシハサミムシ科(Pygidicranidae)
└┤┌アパキウス科(Apachyidae)
 └┤┌クロハサミムシ科1(Spongiphoridae 1)
  └┤┌ハサミムシ科(Anisolabididae)
   └┤┌オオハサミムシ科(Labiduridae)
    └┤
     └クギヌキハサミムシ上科(Forficulodea)
       │ ┌クロハサミムシ科2(Spongiphoridae 2)
       │┌┤┌アリクセニア科(Arixeniidae)
       └┤└┴ネッタイハサミムシ科(Chelisochidae)
        └┬ハサミムシモドキ科(Hemimeridae)
         └クギヌキハサミムシ科(Forficulidae)

【ハサミムシ科(Anisolabididae)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
アニソラビス属 Anisolabis
ハサミムシ ハサミムシ
Anisolabis maritima Earwig

【文献】
Kocarek P, John V, Hulva P (2013) When the Body Hides the Ancestry: Phylogeny of Morphologically Modified Epizoic Earwigs Based on Molecular Evidence, PLoS ONE 8(6):e66900, DOI: 10.1371/journal.pone.0066900, Accessed: 2024-02-14.

横須賀市自然人類博物館の展示など

 今日はも久しぶりに横須賀市自然人類博物館を尋ねました。


【参考】
 メガネウラの一種(化石) Meganeura sp.
 アエスクニディウムの一種(化石) Aeschnidium sp.
 ハサミムシ Anisolabis maritima
 アバタウミベハネカクシ Cafius vestitus
 ハマトビムシ科の一種 (Talitroidea)
 オオグソクムシ Bathynomus doederleinii
 ホンドタヌキ Nyctereutes procyonoides viverrinus
 アライグマ Procyon lotor
 ソデイカ Thysanoteuthis rhombus
 ニュウドウイカ Onykia robusta
 リュウグウリツカイ Regalecus russelli
 サケガシラ Trachipterus ishikawae
 アカナマダ Lophotus capellei
 テンガイハタ Trachipterus trachypterus
 ホウライエソ Chauliodus sloani
 ミドリフサアンコウ Chaunax abei
 ラブカ Chlamydoselachus anguineus
 シギウナギ Nemichthys scolopaceus
 オヒョウ Hippoglossus stenolepis
 タカアシガニ Macrocheira kaempferi
 ニホンイバラガニ Neolithodes nipponensis
 ハリイバラガニ Lithodes longispina
 イバラガニモドキ Lithodes aequispinus
 エゾイバラガニ Paralomis multispina
 コフキエゾイバラガニ Paralomis japonicus
 ツブエゾイバラガニ Paralomis dofleini
 イガグリガニ Paralomis histrix
 オオエンコウガニ Chaceon granulatus
 センジュエビ Polycheles typhrops



 アーボ・ヘーボ(粟穂・稗穂)
 シオン:舟越保武作
 白梅 Armenica mume
 ジョウビタキ Phoenicurus auroreus
 第二海堡(左)、第一海堡(右)
 クサイチゴ Rubus hirsutus
 日本水仙 Narcissus tazetta
 紅梅 Armenica mume
 ロウバイ Chimonanthus praecox
 タチツボスミレ Viola grypoceras
 河津桜(かわづざくら)Cerasus x kanzakura ‘Kawazu-zakura’
 ヤノウエノアカゴケ Ceratodon purpureus


  アーボ・ヘーボ(粟穂・稗穂)
 大地を開墾してつくった畑には、大麦などとともに粟や稗がつくられていた。元旦からはじまる大正月や、1月14・15日を中心としておこなわれる小正月には、こうした作物がよく実るように祈る呪法として、カツノキを粟や稗の穂にみたててつくった。
  正月の祈願と植物
 アーボ・ヘーボは、粟や稗の穂が多く実った様子をヌルデ(カツノキ)やニワトコの木を使い表したもので、年の初めに豊作を祈るものです。その年の豊作を予め祝う「予祝儀礼(よしゅくぎれい)」のひとつで、東日本に多く見られます。横須賀市内ではね大正時代まで盛んに行われていました。
 また、正月にヌルデ(カツノキ)で箸を作り、神棚に供えたり、家族が食べる雑煮などに使ったりしました。この箸をカツバシといいます。
 なぜヌルデやニワトコなのかは諸説ありますが、ヌルデもニワトコも成長が早いので、その生命力にあやかろうとしたのかもしれません。

半翅目(Hemiptera)の写真整理

 半翅目(Hemiptera)は、前翅後翅ともに膜質の同翅亜目(Homoptera)と前翅が革質化する異翅亜目(Hetroptera)の二亜目に分けられていました(安松・朝比奈・石原,1965)が、遺伝子解析による系統学の進展により、同翅亜目が多系であることが明らかとなって、現在では4亜目とすることが普通の様です(Cryan and Urban,2011)。1960年代には稲作に多大な被害を与えたウンカ・ヨコバイ類も本目の所属で、有効農薬と適切な施用技術の開発、さらには抵抗性稲品種の育種により被害は減少していたのですが、近年の有機農法ブームの陰で不適切な管理管理によってウンカ類の発生被害をみることは今世紀になっても続いているようです(大森・武智,2014)。
 水田が少ないためか三浦半島ではウンカ類に出会うことはあまりないのですが、近縁のアオバハゴモはよくみかける普通種です。

 【昆虫綱の分類概要】 【陸上植物の分類概要


【半翅目(Hemiptera)周辺の系統概要】(Cryan and Urban,2011)
┌外群:コキブリ目、等翅目、蟷螂目

└準新翅亜節(Paraneoptera)
 ├総翅目、シラミ目など
 └半翅目(Hemiptera)
  └┬腹吻亜目(Sternorrhyncha):アブラムシ、ハダニ、カイガラムシ
   └┬異翅類(Heteropterodea)
    │└┬鞘吻亜目(Coleorrhyncha):コケムシ
    │ └異翅亜目(Heteroptera):カメムシ、アメンボ
    └頚吻亜目(Auchenorrhyncha)
     └┬ビワハゴロモ上科(Fulgoroidea):ウンカ、ハゴロモ
      └セミ下目(Cicadomorpha):セミ
       └┬ツノゼミ上科(Membracoidea):ヨコバイ
        └┬セミ上科(Circadoidea)
         └コガシラアワフキ上科(Cercopoidea)

腹吻亜目(Sternorrhyncha)

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
アブラムシ科(Aphididae) 
ヒラタアブラムシ属(Hormaphis)
ヒラタアブラムシの一種 ヒラタアブラムシの一種
Hormaphis sp. (Cone Gall Aphid)
アブラムシ科(Aphididae) 
ケラトヴァクナ属(Ceratovacuna)
エゴノネコアシアブラムシの虫癭 エゴノネコアシアブラムシの虫癭
(Ceratovacuna nekoashi) (Cat’s-paw Galls)

【異翅亜目(Heteroptera)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
カメムシ科(Pentatomidae) 
エルセシナ属(Erthesina)
キマダラカメムシ キマダラカメムシ
Erthesina fullo Yellow-spotted Stink Bug
カメムシ科(Pentatomidae) 
ハリモルファ属(Halyomorpha)
クサギカメムシ クサギカメムシ
Halyomorpha brevis Brown Marmorated Stink Bug
カメムシ科(Pentatomidae) 
アシアカカメムシ属(Pentatoma)
ツノアオカメムシ ツノアオカメムシ
Pentatoma japonica Japanese Stink Bug
カメムシ科(Pentatomidae) 
グラフォソマ属(Graphosoma)
アカスジカメムシ アカスジカメムシ
Graphosoma rubrolineatum Red-striped Stink Bug
マルカメムシ科(Pentatomidae) 
マルカメムシ属(Megacopta)
マルカメムシ マルカメムシ
Coptosoma punctissimum Bean Plataspid
ヘリカメムシ科(Coreidae) 
ハラビロヘリカメムシ属(Homoeocerus)
ホシハラビロヘリカメムシ ホシハラビロヘリカメムシ
Homoeocerus unipunctatus (Leaf-footed Bug)
ヘリカメムシ科(Coreidae) 
プリナクトゥス属(Plinachtus)
キバラヘリカメムシ ホキバラヘリカメムシ
Plinachtus bicoloripes
ホソヘリカメムシ科(Alydidae) 
ホソヘリカメムシ属(Riptortus)
ホソヘリカメムシ ホソヘリカメムシ
Riptortus pedestris Bean Bug
カスミカメムシ科(Miridae) 
アポリグス属(Apolygus)
ツマグロアオカスミカメムシ ツマグロアオカスミカメムシ
Apolygus spinolae
オオホシカメムシ科(Largidae) 
オオホシカメムシ属(Physopelta)
オオホシカメムシ オオホシカメムシ
Physopelta gutta Gutta Bug
ツノカメムシ科(Acanthosomatidae) 
モンキツノカメムシ属(Sastragala)
エサキモンツキツノカメムシ エサキモンツキツノカメムシ
Sastragala esakii Esaki Shield Bug
アメンボ科(Gerridae) アメンボ亜科(Gerrinae) 
アメンボ属(Aquarius)
アメンボ アメンボ
Aquarius paludum Syn. Gerrtis paludum Pond Skater
アメンボ科(Gerridae) ウミアメンボ亜科(Halobatinae) 
シマアメンボ属(Metrocoris)
シマアメンボ(無翅型) シマアメンボ(無翅型)
Metrocoris histrio Water Striders
コオイムシ科(Belostomatidae) タガメ亜科(Lethocerinae) 
タガメ属(Kirkaldyia)
タガメ タガメ
Kirkaldyia deyrolli Giant Water Bug

【頚吻亜目(Auchenorrhyncha)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
アオバハゴロモ科(Pagaronia) 
アオバハゴロモ属(Geisha)
アオバハゴロモ アオバハゴロモ
Geisha distinctissima Asiatic Green Flatid
オオヨコバイ科(Tettigellidae) 
ツマグロオオヨコバイ属(Bothrogonia)
ツマグロオオヨコバイ ツマグロオオヨコバイ
Bothrogonia ferruginea Black-tipped Leafhopper
フトヨコバイ科(Cicadellidae) 
クワキヨコバイ属(Pagaronia)
クワキヨコバイ クワキヨコバイ
Pagaronia guttigera Syn. Epiacanthus guttigera
セミ科(Cicadidae) 
アブラゼミ属(Graptopsaltria)
アブラゼミ アブラゼミ
Graptopsaltria nigrofuscata Large Brown Cicada
セミ科(Cicadidae) 
ミンミンゼミ属(Hyalessa)
ミンミンゼミ ミンミンゼミ
Hyalessa maculaticollis Min-min Cicada
セミ科(Cicadidae) 
ヒグラシ属(Tanna)
ヒグラシ ヒグラシ
Tanna japonensis Evening Cicada
セミ科(Cicadidae) 
ツクツクボウシ属(Meimuna)
ツクツクボウシ ツクツクボウシ
Meimuna opalifera Walker’s Cicada
セミ科(Cicadidae) 
ニイニイゼミ属(Platypleura)
ニイニイゼミ ニイニイゼミ
Platypleura kaempferi Kaempfer Cicada

【文献】
安松京三・朝比奈正二郎・石原 保(1965)原色昆虫大圖鑑第3巻、p75、北隆館、東京.
大森誉紀・武智和彦(2014)2013年度に冬期湛水有機栽培水田において発生したトビイロウンカ (Nilaparvata lugens Stal) 被害,愛媛県農林水産研究報告, 6, 10-15, URL: https://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/2030873035, Accessed: 2024-02-08.
Cryan JR and Urban JM (2011) Higher-level phylogeny of the insect order Hemiptera: is Auchenorrhyncha really paraphyletic?, System Entomol, 37(1), 7-21, DOI: 10.1111/j.1365-3113.2011.00611.x, Accessed: 2024-02-07.

早春の鷹取山-2024

 ハイキングコースでは、オニシバリの開花が始まっています。


 オニシバリ Daphne pseudomezereum
 ニホンズイセン Narcissus tazetta
 マユミ Euonymus hamiltonianus
 カニクサ Lygodium japonicum
 コウヤボウキ Pertya scandens
 ウメ Armenica mume
 ナワシログミ Elaeagnus pungens
 大寒桜(おおかんざくら)Cerasus x kanzakura cv. ‘Oh-kanzakura’