オオホザキアヤメ科の写真整理

 オオホザキアヤメ科(Costaceae)は、熱帯域に分布する120種ほどのグループで、13種類の葉緑体遺伝子を用いた解析の結果、科内に3つのクレード(アジアクレード、Costusクレード、南米クレード)が認められています(Li et al.,2024)。わが国での自生はありませんが、熱帯温室では時折見かけることが出来ます。

 維管束植物の分類【概要小葉植物と大葉シダ植物裸子植物被子植物(APG-IV体系)】【生物系統樹


【シヨウガ目(Zingiberales) オオホザキアヤメ科(Costaceae)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
Costusクレード オオホザキアヤメ属 Costus
スパイラル・ジンジャー スパイラル・ジンジャー
Costus barbatus Spiral Ginger
フイリフクジンソウ フイリフクジンソウ
Costus speciosus ‘Variegatus’ Crepe Ginger
アジアクレード タペイノキルス属 Tapeinochilos
クスダマジンジャー クスダマジンジャー
Tapeinochilos ananasae Indonesian Wax Ginger

【文献】
Li D-M, Pan Y-G, Liu H-L, Yu B, Huang D and Zhu G-F (2024) Thirteen complete chloroplast genomes of the costaceae family: insights into genome structure, selective pressure and phylogenetic relationships, BMC Genomics, 25:68, DOI: 10.1186/s12864-024-09996-4, Accessed: 2024-06-04.
The Angiosperm Phylogeny Group and others (2016) An update of the Angiosperm Phylogeny Group classification for the orders and families of flowering plants: APG IV, Botanical Journal of the Linnean Society, 181(1), 1–20, DOI: 10.1111/boj.12385, Accessed: 2023-07-11.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です