スミレ科の写真整理

 スミレ科(Violaceae)は、温帯域ではスミレ属が殆どなので草本のイメージが強いのですが、熱帯域にはつる、灌木、低木となる種が多数あります。最大種数の属はスミレ属(Viola)で、科全体で1000~1100種あるうちの半数以上になる約600種がスミレ属です(Wahlert et al.,2014)。
 遺伝子解析の結果、科内の属間に多くの入れ子が確認(Wahlert et al.,2014)されていますので、今後整理が続くと思われます。その中で、スミレ属はほぼ単系なのですが、こちらでは属内の種数が多く、亜属以下の分類が研究対象となっています。橋本(1967)によれば、日本でのスミレ属は56種確認されていて、面積を考慮すると大変種数の多い国です。Marcussen et al.(2022)の総説によれば、ハワイ諸島でのスミレ属の分化は第四期更新世以降も続いていると推定され、現在でも分化が続いていると考えられているそうです。
 APG-IV体系による植物の目一覧  ビオラの品種(Viola × wittrockiana)


【スミレ科(Violaceae)】

和名 (Japanese Name) 画像 (Image) 学名 (Latin name) 英語名 (English name)
スミレ亜科 Violoideae スミレ連 Violeae スミレ属 Viola
スミレ スミレ
Viola mandshurica Manchurian violet
タチツボスミレ タチツボスミレ
Viola grypoceras Electing Inkpot Viola
ニオイタチツボスミレ ニオイタチツボスミレ
Viola obtusa Fragrant Electing Inkpot Viola
ツボスミレ ツボスミレ
Viola verecunda Inkpot Viola
ヒメスミレ ヒメスミレ
Viola inconspicua Long Sepal Violet
アリアケスミレ アリアケスミレ
Viola betonicifolia var. albescens Arrowhead Violet
ノジスミレ ノジスミレ
Viola yedoensis Tokyo Violet
スミレサイシン スミレサイシン
Viola vaginata
ヤクシマスミレ ヤクシマスミレ
Viola iwagawai
フモトスミレ フモトスミレ
Viola pumilio
アオイスミレ アオイスミレ
Viola hondoensis
オオバキスミレ オオバキスミレ
Viola brevistipulata
パンダスミレ パンダスミレ
Viola hederacea Australian violet
パンジー パンダスミレ
Viola × wittrockiana Pansy
スミレ亜科 Violoideae スミレ連 Violeae ヒバンサス属 Hybanthus
ヒバンサス コミュニス ヒバンサス コミュニス
Hybanthus communis Greenviolet

【文献】
Wahlert GA, Marcussen T, Paula-Souza Jd, Feng M and Ballard HEJr. (2014) A Phylogeny of the Violaceae (Malpighiales) Inferred from Plastid DNA Sequences: Implications for Generic Diversity and Intrafamilial Classification, Syst Bot, 39(1), 239-252, DOI: 10.1600/036364414X678008, Accessed: 2023-08-10.
Marcussen T, Ballard HE, Danihelka J, Flores AR, Nicola MV and Watson JM (2022) A Revised Phylogenetic Classification for Viola (Violaceae), Plants, 11, 2224, DOI: 10.3390/plants11172224, Accessed: 2023-08-10.
橋本保(1967)日本のスミレ、229p, 誠文堂新光社、東京.
The Angiosperm Phylogeny Group and others (2016) An update of the Angiosperm Phylogeny Group classification for the orders and families of flowering plants: APG IV, Botanical Journal of the Linnean Society, 181(1), 1–20, DOI: 10.1111/boj.12385, Accessed: 2023-07-11.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です